作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.04.15

ふわとろ卵たっぷりで胃にやさしい『鶏ひき肉とニラと卵のお粥』

Pocket

春先は寒暖差もあって体調を崩しがちではありませんか?そんなときには、胃にやさしくて滋味深いお粥はいかがでしょうか。
ご飯から作るのですぐにやわらかく煮えて、ちょっとしたコツで、ふわとろ卵入りのおかゆに仕上がりますよ。朝食などにもおすすめです。
sub1

『鶏ひき肉とニラと卵のお粥』の材料(約1~2人分)

材料
・ごはん              0.5合
・水                500~700ml
(煮詰まってきたら、50ml~100mlずつ 差し水してください)
・鶏がらスープの素         小さじ1杯半
・日本酒              大さじ1
(鶏がらスープを加える時と鶏ひき肉を加える時、それぞれ大さじ1/2ずつ使用)
・塩                少々(入れなくても◎)
・鶏ひき肉             50g
・ニラ(写真はあらかじめ刻んだもの) 1/3~1/4わ分
・卵                1個

『鶏ひき肉とニラと卵のお粥』の作り方

1. 水500mlを沸騰させ、鶏がらスープの素を加える。(鶏がらスープの素の分量は目安です。最初はお好みの塩加減よりやや薄めで味付けし、仕上げまでに味が物足りなければ再度少し加えるか、塩少々(今回は入れていません)などで味を調えてください)
再度沸騰したらアクを取り、日本酒大さじ1/2を加えてひと煮立ちさせる。
鶏がらスープ1

2.ひと煮立ちしたらご飯を加え、さっと混ぜてアクを取り、蓋をして10分程度弱火でぐつぐつ煮ていく。(焦がさないように、時々、差し水を加えながらさらに20分以上煮ていくと、より柔らかいおかゆになります)
お粥1
お粥2
お粥3

3.ニラは写真のとおり、葉の柔らかい部分をみじん切りにしておく。
(茎の部分も全部使っても◎ 茎を入れる場合は、おかゆに加える時、先に茎の部分を入れて、しばらくしてから葉の部分を加えると程よく火が通ります)
ニラ

4.煮込んだおかゆが好みの柔らかさになったら、鶏ひき肉をほぐしながら加えていく。
全体的に混ざったら日本酒残り大さじ1/2を加えてひと煮立ちさせる。
お粥4
お粥5

5. ひき肉を加え、おかゆに味をなじませている間に、卵を割って白身と黄身を分けておく。
先に白身だけ泡立てるようによくかき混ぜ、細かく泡が出てきたところで、黄身を加え、よく混ぜ合わせる。
卵1
卵2
卵4

6.ひき肉に火が通ってお粥全体に味がなじんだら、あらかじめみじん切りにしておいたニラを加える。
(茎の部分も加える場合は先に茎から、時間差で葉を加えると均等に煮えます)
ニラの色が変わってきたらすぐに、溶き卵を加える。
(穴あきお玉がない場合は、菜箸から伝って回しながら卵を加えていくと均等に卵が入ります。)
仕上げ1
仕上げ2

7. 溶き卵を加えたらすぐに火を止め、蓋をして蒸らして、余熱で卵とニラを火を通して完成。

『鶏ひき肉とニラと卵のお粥』のポイント・コツ

・時短で仕上げたい場合は、あらかじめ、ご飯に水少々加えて柔らかくしたものをレンジ加熱してから加えるとお粥が早くやわらかく仕上がります。
・ニラは茎の部分も使う場合は茎から加えて時間差で葉を加えると均一に火が通ります。
・ニラは火を通し過ぎると変色してしまい、卵も火を通し過ぎると固くなってしまうので、それぞれ余熱で火を通してください。
・卵はあらかじめ白身と黄身に分け、白身を先にしっかりと泡立てるように混ぜ、そのあと黄身を加えてさっと混ぜるとふわふわに仕上がります。
・食べる直前にお好みでポン酢少々、柚子胡椒少々加えても◎

レシピ/ochaya3(ochaya_obento)
img_2945-2
ふだんは会社員、ときどきフードコーディネーター。
日々のお弁当や暮らしの一部をInstagramで更新中。

お弁当:https://www.instagram.com/ochaya_obento/

お弁当以外:https://www.instagram.com/ochaya3

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2017.06.03

常備菜にも◎サラダよりもりもり食べられる『夏野菜のおひたし』

2017.06.02

6月のお献立、その1。簡単おいしい!『揚げ茄子』

編集部おすすめ記事

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

2017.06.02

自分らしくカスタマイズ『賃貸でも愛着のわく部屋作りを〜体験者の声 scene.2〜』

2017.06.01

女性ホルモンバランスを整えて内側から輝く肌に『ラ・ミューテ化粧品の知られざる魅力』

2017.06.01

【ケノコトInstagram企画】6月の「日常のコト」を『#水無月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』