作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.04.13

ほっこりおいしい!!『小芋とえんどう豆のそぼろあんかけ』

Pocket

新じゃがの季節に出回るころころと可愛い小さなじゃが芋を使って、皮ごとお料理してしまいましょう。
とろりとした甘辛あんをかければほっこりおいしいお惣菜の出来上がり。
皮付きのままだと煮崩れしにくく、お弁当にも入れやすい一品になりますよ。

『小芋とえんどう豆のそぼろあんかけ』の材料

じゃが芋(小)        12~16個
えんどう豆(むき)      50g
牛ひき肉           100g
生姜             1片
塩              1g
こしょう           少量

だし汁            200ml
みりん            大さじ3
酒              大さじ2      
しょうゆ           大さじ3
片栗粉            大さじ2
水              1/2カップ

『小芋とえんどう豆のそぼろあんかけ』の作り方

1.えんどう豆はさやから取り出し、塩ゆでしておく。(塩水分量外)
IMG_7520_1
2.鍋にひき肉、千切りにした生姜を入れて塩こしょうして弱火で炒める。
IMG_7513_1
3.だし汁と洗った小芋を2.の鍋に入れて皮付きのまま入れてふたをして中弱火15分ほど柔らかくなるまで煮る。
IMG_7522_1
4.3.の小芋に竹串を刺してみてスッと通るようになったら、酒、みりん、しょうゆを加えて、芋に煮汁を絡めながら5分ほど煮る。
IMG_7524_1
5.4.に塩ゆでしたえんどう豆を加える。
IMG_7526_1
6.煮汁の量が半分くらいになったら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。
IMG_7530_1
7.器に盛りつけ、ひき肉あんを上にかける。
IMG_7539_1

ポイント

・ひき肉は今回は牛の赤身ひき肉を使っていますが、お好みのものでどうぞ。
・ひき肉は油をしかずに炒めて、出てきた脂をキッチンペーパーで拭き取ると、すっきりとしたそぼろあんになります。

じゃが芋の栄養

・本来ビタミンCは火と水に弱いものですが、じゃがいもの場合はでんぷんに守られているため熱に強く、加熱してもほとんどビタミンCが失われません。調理してもたっぷりとビタミンCが摂取できます。ビタミンCは肌にもよく、コラーゲンの生成も助けてくれる成分なだけではなく、血管や神経に対しても効果的な働きをします。
・新じゃがは、しっかり洗って皮ごと調理したいものです。じゃが芋の栄養の約20%(ビタミンC、ビタミンBやミネラル)は、実は皮に含まれています。また、皮には食物繊維がたっぷりと含まれているので、皮ごと食べるのが賢い栄養の摂り方です。芽が生えていたらその部分は取り除き、緑に変色しているじゃがいもがあったらきちんと皮をむいて調理しましょう。
・じゃが芋を保存する時は5度くらいの暗い場所に保存すると新じゃがの芽が生えにくくなります。

ライタープロフィール

レシピ/栄養士 菊池律
riitsu_kikuchi_1
栄養士、調理師、製菓衛生士、パン職人、雑穀エキスパート。
オーガニックレストランでの調理、パン職人、オーダーメイド菓子職人、料理教室講師を経て栄養士に。
麹を使った発酵食、自家製天然酵母パン教室-講師。
産科クリニックでの勤務経験と自身の子育ての経験を活かして子育てサイトの記事監修等を行う。
現在は病院に栄養士として勤務し、ライフステージに応じた栄養サポートを行っています。
季節に寄り添う保存食のある暮らしの提案、日常のなんでもない日々を大切にしています。
Instagram
https://www.instagram.com/kogomir/ 

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.04.28

栄養士も太鼓判!『美容にも効果的な日本の伝統的な飲み物』とは

2017.04.27

昔ながらの安心おやつを手づくり『きなこあめ』

2017.04.26

『信州の発酵食』からみえる丁寧な暮らし方のヒント

2017.04.24

体をいたわる毎日に『肩をやわらかくする簡単マッサージ』

2017.04.18

一日に摂っていい塩分ってどれくらい?『塩分量の正しい知識を知ろう』

2017.04.17

ノンフライでここまでおいしい!時間が経ってもサクサク食感『サーモンフライ豆腐タルタル添え』

2017.04.16

ペットボトルに入れて振るだけ『1分で出来る自家製バター』

2017.04.15

お花に隠れたメッセージ『花言葉と裏花言葉』

2017.04.14

相手を労わる思いやる『優しい気持ちになれる魔法のコトバ選び』

2017.04.13

シンプルながら絶品 和食屋が教える『鯛の塩煮』

編集部おすすめ記事

2017.04.28

【Instagram企画】子どもの写真大募集!『学研ゼミイメージキッズフォト』投稿キャンペーン

2017.04.21

日常の中に音楽を〜ケミカルボリュームのかけてゆく春の今聞きたい一曲『僕は幸せを知っている』~

2017.04.10

【Instagram企画】PTA1年生・ママ1年生・公園デビュー1年生もみんな集まれ!『#学研のカッコイイ1年生』で投稿しよう

2017.04.07

日常の中に音楽を〜ケミカルボリュームの春が始まる今聞きたい一曲『旅路』~

2017.04.07

家庭訪問に向けての心構え『事前にしておきたいおうちのこと、親子の会話』

2017.04.07

揚げずに簡単!!バター、乳、卵不使用『そら豆と桜海老のクリームコロッケ』

2017.04.06

ショーツは何タイプ派? 『Tバック』を意識的に履いてみるコト

2017.04.05

日本の暦『全部言えるかな?四月は○月』

2017.04.04

自然の万能薬!『くるみが持つ18の効果効能とは?』

2017.04.03

布製の靴や帽子がお水をはじく!『100円ローソクで、防水コーティングDIY』

月間人気ランキング

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.04.16

ペットボトルに入れて振るだけ『1分で出来る自家製バター』

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』

2017.04.02

たった3つの材料で『ふっくらもっちりヘルシー手作りパン』

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2017.04.01

100人100色―「子どもが好き」という気持ちを仕事に。新しい保育の形をめざす保育士―春原裕香さんのお話し

2017.04.09

ハイヒール初心者必見!! 『ヒール靴はこう履くのが疲れない』

2017.04.10

子どもが喜ぶゲーム『エッグハントでイースターを楽しもう!』