作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.04.13

ほっこりおいしい!!『小芋とえんどう豆のそぼろあんかけ』

Pocket

新じゃがの季節に出回るころころと可愛い小さなじゃが芋を使って、皮ごとお料理してしまいましょう。
とろりとした甘辛あんをかければほっこりおいしいお惣菜の出来上がり。
皮付きのままだと煮崩れしにくく、お弁当にも入れやすい一品になりますよ。

『小芋とえんどう豆のそぼろあんかけ』の材料

じゃが芋(小)        12~16個
えんどう豆(むき)      50g
牛ひき肉           100g
生姜             1片
塩              1g
こしょう           少量

だし汁            200ml
みりん            大さじ3
酒              大さじ2      
しょうゆ           大さじ3
片栗粉            大さじ2
水              1/2カップ

『小芋とえんどう豆のそぼろあんかけ』の作り方

1.えんどう豆はさやから取り出し、塩ゆでしておく。(塩水分量外)
IMG_7520_1
2.鍋にひき肉、千切りにした生姜を入れて塩こしょうして弱火で炒める。
IMG_7513_1
3.だし汁と洗った小芋を2.の鍋に入れて皮付きのまま入れてふたをして中弱火15分ほど柔らかくなるまで煮る。
IMG_7522_1
4.3.の小芋に竹串を刺してみてスッと通るようになったら、酒、みりん、しょうゆを加えて、芋に煮汁を絡めながら5分ほど煮る。
IMG_7524_1
5.4.に塩ゆでしたえんどう豆を加える。
IMG_7526_1
6.煮汁の量が半分くらいになったら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。
IMG_7530_1
7.器に盛りつけ、ひき肉あんを上にかける。
IMG_7539_1

ポイント

・ひき肉は今回は牛の赤身ひき肉を使っていますが、お好みのものでどうぞ。
・ひき肉は油をしかずに炒めて、出てきた脂をキッチンペーパーで拭き取ると、すっきりとしたそぼろあんになります。

じゃが芋の栄養

・本来ビタミンCは火と水に弱いものですが、じゃがいもの場合はでんぷんに守られているため熱に強く、加熱してもほとんどビタミンCが失われません。調理してもたっぷりとビタミンCが摂取できます。ビタミンCは肌にもよく、コラーゲンの生成も助けてくれる成分なだけではなく、血管や神経に対しても効果的な働きをします。
・新じゃがは、しっかり洗って皮ごと調理したいものです。じゃが芋の栄養の約20%(ビタミンC、ビタミンBやミネラル)は、実は皮に含まれています。また、皮には食物繊維がたっぷりと含まれているので、皮ごと食べるのが賢い栄養の摂り方です。芽が生えていたらその部分は取り除き、緑に変色しているじゃがいもがあったらきちんと皮をむいて調理しましょう。
・じゃが芋を保存する時は5度くらいの暗い場所に保存すると新じゃがの芽が生えにくくなります。

ライタープロフィール

レシピ/栄養士 菊池律
riitsu_kikuchi_1
栄養士、調理師、製菓衛生士、パン職人、雑穀エキスパート。
オーガニックレストランでの調理、パン職人、オーダーメイド菓子職人、料理教室講師を経て栄養士に。
麹を使った発酵食、自家製天然酵母パン教室-講師。
産科クリニックでの勤務経験と自身の子育ての経験を活かして子育てサイトの記事監修等を行う。
現在は病院に栄養士として勤務し、ライフステージに応じた栄養サポートを行っています。
季節に寄り添う保存食のある暮らしの提案、日常のなんでもない日々を大切にしています。
Instagram
https://www.instagram.com/kogomir/ 

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2017.06.03

常備菜にも◎サラダよりもりもり食べられる『夏野菜のおひたし』

編集部おすすめ記事

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

2017.06.02

自分らしくカスタマイズ『賃貸でも愛着のわく部屋作りを〜体験者の声 scene.2〜』

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』