知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

病気・クリニック 2017.04.20

「しょうがない」ではすまない!知っておきたい『”座りすぎ”が引き起こす身体のコト』

Pocket

あなたは、毎日どのくらいの時間座っていますか?
座りすぎは身体に良くない、という話を最近よく耳にするようになりました。
「長時間座っていると腰も痛くなるし、身体に悪いのはわかる。でも仕事だし、長時間座っているのは当たり前だから、しょうがない。」そんな半ば諦めのような言い訳をしてしまっていませんか?そんな長時間の『座りすぎ』が身体にもたらす影響は、私たちが思っているよりも、実はとても危険なことなのだとか。
改善するには、『座りすぎ』の生活習慣を変えることがポイント。日常生活での意識の変化が、未来の身体を健康に保ってくれることでしょう。手遅れになる前に、いつもの生活習慣を見直してみませんか?

「しょうがない」ではもうすまない、座りすぎは危険―『”座りすぎ”が引き起こす身体のコト』

現代人は、肩こり、腰痛、冷えなどに悩まされている。原因はデスクワークや、テレビ、パソコンの前に長時間座っていることだと薄々わかっていながら、やめられないのが現実。また、仕事となればやむを得ないというのがこれまでの在り方だったかもしれない。しかし、この座りすぎが不調にとどまらず、命にかかわるとしたらどうだろう。

足の筋肉が動いているときは、糖や中性脂肪が使われる代謝が盛んだが、座っていると代謝が活発に行われないために、糖や中性脂肪が血中に増える。さらに血流も悪くなることで、血液がドロドロに。その結果、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病のリスクが上がるのだ。これらの病気になる前に、長時間の座りについて、本気の改善が必要なときがきている。
「しょうがない」ではすまない!知っておきたい『”座りすぎ”が引き起こす身体のコト』パソコンで仕事している

世界の中でも、日本人は座っている時間が長い!―『”座りすぎ”が引き起こす身体のコト』

20ヶ国で比較したところ、日本人が1日に座っている時間は7時間。20ヶ国中、なんとワースト1位。オーストラリアの研究者によれば、座る時間が4時間未満の人に対して、11時間以上の人は死亡率が40%高くなるという報告がされている。

アメリカのIT企業やオーストラリアの小学校では、高さが調節可能な机の導入で、立った姿勢で仕事や勉強ができる環境がある。また、北欧諸国のオフィスでは、新しくそろえる机のほとんどがスタンディングデスクだという。すでに、座りすぎの健康に及ぼす悪影響に対策をとり、実践しているのだ。日本でも最近、スタンディングデスクを導入した企業が出てきた。結果、作業能率が上がった、仕事終わりに体の痛みがないなどのメリットが増えているという。こうしたことをふまえると、座って仕事をするという常識自体を、考え直す必要性を感じる。

座り続けない習慣を身につけよう!―『”座りすぎ”が引き起こす身体のコト』

まずは、30分から1時間以上座ったままにならないこと。移動は車を使わず、電車では立ち、家事やストレッチを積極的に行う。テレビを観るときは、CMになったら動く、椅子やソファの代わりにバランスボールに腰かけ、身体を揺らして同じ姿勢をとり続けないなどの工夫を。

オフィスでも同様。動くことを意識しよう。立ったからよいというわけではなく、動きをプラスするのが肝心なので、かかとの上げ下げや太ももを使うことを意識してほしい。デスクの下で足を上げてつま先を伸ばすといった動きも効果がある。動くことに対して億劫になるのは、習慣によるところが大きい。今から座り癖がつかないように心掛けをしていこう。

座っている時間が長いのは、万病のもと。自分が1日にどれくらい座っているか計算し、起きている時間の4分の1程度に抑えてみよう。座り時間を減らすと、首や腰の痛み、気分障害などが減少するデータもある。
「しょうがない」ではすまない!知っておきたい『”座りすぎ”が引き起こす身体のコト』花

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

”自転車×健康寿命”がカギ! 今こそ『自転車で始める健康生活』

”自転車×健康寿命”がカギ! 今こそ『自転車で始める健康生活』

認知症を予防する!?『筋肉の驚くべき役割とは』

認知症を予防する!?『筋肉の驚くべき役割とは』

身体にとって敵?味方?『常在菌を知って上手に共存しよう』

身体にとって敵?味方?『常在菌を知って上手に共存しよう』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2017.06.03

常備菜にも◎サラダよりもりもり食べられる『夏野菜のおひたし』

編集部おすすめ記事

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

2017.06.02

自分らしくカスタマイズ『賃貸でも愛着のわく部屋作りを〜体験者の声 scene.2〜』

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』