知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教材 2017.04.23

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』

Pocket

新年度が始まって、あっという間に1ヶ月を迎えようとしていますね。
新しい環境や学年になる前は特に、「(それまでに)あれも、これもできるようにしておかないと!」とあせったり、これから幼稚園のプレなどに通われる方も、「これができなかったらダメかな?」とお母さんたちの心配は尽きないものですよね。

その中でも「はさみ」は、「危ないもの」として、ご家庭ではお子さんに自由に使わせないという方もいると思いますが、幼稚園や保育園に入園すると毎日のように使う園もあります。「大丈夫なのかな?」と不安になるかもしれませんが、きちんと使い方、約束を守ることができればお子さんの遊びや想像力の幅がさらに広がっていく道具。今回は、初めてのはさみの使い方・練習の仕方をご紹介します。

はさみの選び方 ー『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』

【はさみを使う前に】

はさみを使う前、お子さんとしっかり約束をしましょう。
・使うときはきちんと座って使う。
・はさみを持ち運ぶときは、キャップまたは刃を閉じているほうを持つ。
・絶対に刃を人には向けない。渡すときは、きちんと刃を持って、持ち手を相手に向ける。
・1人では使わない(特にはさみを使い始めたころ)
・何を切るのか保護者が確認をする

【はさみの選び方】

お子さんの手の大きさに合った、はさみを準備しましょう。
安全のために、紙以外は切れないようになっている子供用の練習用のはさみもありますが、切る素材によっては、思った通り切りにくい場合や、上手に使えるようになってくるとよく切れる普通のはさみをお子さんは使いたがります。長く使うことを考えた場合、
・子どもの手の大きさ
・刃先が丸いもの
・さらにキャップがついている
はさみがオススメです。
pic-1
★お子さんの利き手を確認しましょう。
左利きのお子さんは、必ず左利き用のはさみを準備してあげてください。はさみは右利き用と左利き用で刃の位置が違い、左利きのお子さんが右利き用を使用すると使いにくく、ケガにもつながる可能性があります。

【持ち方】

ふたつの穴のうち大きいほうに中指と薬指を入れ、小さいほうに親指を入れ、人差し指はそえます。
手の形ができたら、まずは開いたり、閉じたりしてみましょう。小さいお子さんの手の指で力をいれると、最初はぎこちない動きになりますが、実際に使っていくことでできるようになってきます。
pic-2

練習してみよう! ー『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』

実際に切ってみましょう!まずは、開いたり、閉じたりの練習なので、「ちょきん」と1回で切れる細長い幅の紙を用意します。忘れがちになるのがもう片方の手。しっかり紙を持つように声掛けをして、刃の進行方向に紙の持ち手がないことを注意してください。そして、「はさみを開き、ゆっくり閉じる」。このような線が引いてあるとお子さんは切る場所がありわかりやすいですよ。
pic-3

次に倍の幅の折り紙を準備し、「ちょきん、ちょきん」と2回、3回で切れる紙を用意します。
今度は「はさみを開き、ゆっくり閉じる、はさみを開き、紙の切れ目の奥にあたるまですすめる、ゆっくり閉じる」を繰り返します。
pic-4

慣れてきたら長く直線で切ることができる紙を用意してあげるとさらに楽しめます。

直線が慣れてきたら、ちょっと難しい曲線・虹のような半円や丸を切ってみましょう!
pic-5

お子さんは最初、はさみを持っているほうの手首をねじるように頑張って切ることが多いですが、それでは、うまく切れません。
その場合は、「紙を動かしてみようね」と声掛けし、回し方を伝えると先ほどの切り方よりは切りやすいという体験ができるはずです。
pic-6

慣れてくるとはさみを使うことが楽しくなってきます!

切ったものはすぐに捨てないで、おままごとのお皿に入れてごはんに見立てたり、紙にのりで貼りつけて作品にしてみたり、くじびき遊びなど、さまざまな遊びがさらに広がっていきますよ。

ぜひ、正しい持ち方・使い方をお子さんと一緒に話しながら、指先を使う練習を楽しんでみてくださいね。

記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』