知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

美容・健康 2017.04.24

気持ち良い朝を迎えるために『3つの快眠習慣「運動」「入浴」「光浴」』

Pocket

よく眠れたな、すっきりしたな、という朝を毎日迎えること、あたり前のようで中々難しいですよね。少しでも質の良い睡眠を取るためには、生活習慣を整えることが大切です。今回はその中でも、睡眠に大きな効果を及ぼす「運動」「入浴」「光浴」の3つの習慣とその理由をご紹介します。自分の生活習慣を見直してみましょう。

生活習慣は快眠をもたらすための大きな役割を担っています。具体的には「運動」や「入浴」のような習慣でこれ自体が直接的に快眠をもたらします。もうひとつは「光浴」。体内時計を24時間に調節し、規則正しい睡眠習慣を身に付けることは快眠へつながりますが、そのために「光浴」を習慣にすることは効果的といわれています。
そしてどちらも、重要なのが「タイミング」です。
気持ち良い朝を迎えるために『3つの快眠習慣「運動」「入浴」「光浴」』寝ている人

運動の効果とそのタイミング

国内外の研究によると、運動習慣のある人には不眠が少ないことがわかったそうです。
また運動の内容も睡眠に影響します。1回の運動だけでは効果が弱いため、習慣的に続けることが重要です。習慣的に行う運動により、寝付きがよくなり、深い睡眠を得られるようになります。特に高齢者など普段から不眠の傾向が多い方に効果があるようです。

一見激しい運動は疲れやすくなり、睡眠には効果的と思われがちですが、逆に睡眠を妨げますので、負担が少なく長続きするような有酸素運動がおすすめです。気軽に始められる早足の散歩や軽いランニングなどが良いですね。
大切なのはタイミング。効果的なのは就寝3時間くらい前の夕方から夜の時間。
就寝の数時間前、運動を行い脳の温度を一時的に上げることで、就寝時の脳温の低下量が運動をしないときに比べて大きくなります。眠たさは脳の温度が低下するときにやってくるため、快眠が得られやすくなるとされています。
しかし、就寝直前の運動は体を興奮させてしまうので逆効果。注意しましょう。

入浴の効果とそのタイミング

入浴が睡眠へ及ぼす効果は、運動と同じ。就寝前に体温を一時的に上げることにあります。
こちらもやはりタイミングが重要。夕方あるいは夜の入浴が効果的です。寝付きを考えると、就寝の2~3時間前の入浴が理想的といわれています。
深い睡眠をとるには就寝直前の入浴が良いともいわれますが、寝付きを悪くしてしまう心配がありますので注意が必要です。

では実際にどのぐらい体温が上がれば良いのでしょうか?
0.5度くらいでも、寝付きへの効果は認められています。これはだいたい、38度のぬるめのお湯に25~30分、42度の熱めのお湯なら5分程度の入浴で得られるといわれています。
また腹部までを湯船につける半身浴でも効果はあるといわれています。その時は約40度のお湯で30分ほど汗をかく程度に入浴するのが良いようです。
自分の体調や好みにあった入浴法を選択してみましょう。

光浴の効果とそのタイミング

光の効果は体内時計を24時間に調節すること。体内時計の周期は24時間より長めにできているため、体内時計を毎日早めてあげないと、生活が後ろにずれていきます。朝の光には、その後ろにずれる体内時計を早める作用があります。最も効果的なのは、起床直後の光。起きたらまずカーテンを開けて自然の光を部屋の中に取り込みましょう。
また昼間の光にも効果があります。昼間に明るい光を浴びることによって、夜に分泌されるメラトニンというホルモンが増えることが知られています。メラトニンは、体内時計の調節に作用し、睡眠と覚醒のリズムを調節する働きがあります。
逆に禁物なのは夜の光。夜の光は体内時計を遅らせる力があり、夜が更けるほどその力は強くなります。

家庭の照明でも、明るすぎる光を長時間浴びると、体内時計が遅れます。また白っぽい昼白色の蛍光灯は体内時計を遅らせる作用があるといわれています。夜に使用する照明の照度は100~200ルクス以下、赤っぽい暖色系の蛍光灯を選ぶと良いでしょう。
気持ち良い朝を迎えるために『3つの快眠習慣「運動」「入浴」「光浴」』ブルーライト

ブルーライトと睡眠の関係

「ブルーライト」とは、スマートフォンやLED照明に入っている青色の光。
最近は、この「ブルーライト」が体内時計のリズムにも影響を与えるといわれるようになりました。「ブルーライト」の刺激が、睡眠と覚醒のリズムを調節するホルモン「メラトニン」の分泌を抑えるため、眠れなくなると考えられているのです。
就寝前のスマートフォン操作は要注意ですね。

記事提供/治療note
参考記事:「快眠と生活習慣」(厚生労働省 e-ヘルスネット)
体内時計に影響する「ブルーライト」(オムロン株式会社)

治療ノートは治療で悩む方のためのメディアです。
治療方法ごとの特徴を解説したコンテンツと患者さんの体験談で、病気になった方のお力になることを目指しています。
病気になった際に役立つコラムもやっていますので、ぜひチェックしてみてください。
facebook
twitter
ホームページ

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.05.18

缶詰を入れて炊くだけ『旨みたっぷりさばの味噌煮の炊き込みご飯』

2017.05.13

あなたは違いがわかりますか?揚げ物や鉄板料理にかける「ソース」の違いと新しい使い方

2017.05.08

食物繊維たっぷり!プチプチ食感が美味しい『丸麦のトマトリゾット』

2017.05.08

~保存食のある暮らし~乾物を使って和えるだけ!!手軽に発酵食『そぼろ納豆』

2017.05.07

材料4つ!味見が止まらない『失敗知らずのレモンカード』

2017.05.05

5月のお献立、その1。カンタン前菜『セロリの香油マリネ』

2017.04.28

栄養士も太鼓判!『美容にも効果的な日本の伝統的な飲み物』とは

2017.04.27

甘酸っぱい美味しさ『好みの柑橘で作る自家製ポン酢』

2017.04.27

昔ながらの安心おやつを手づくり『きなこあめ』

2017.04.26

『信州の発酵食』からみえる丁寧な暮らし方のヒント

編集部おすすめ記事

2017.05.20

ワクワクする新しい出会いを届ける『エアークローゼットのコラボ企画』

2017.05.20

買ってきたお惣菜でも大丈夫『盛り付けで美味しく見せるコツ』

2017.05.18

新生活のスタートに・・・『知っておきたい不動産会社の選び方と賃貸物件のアレコレ』第3回

2017.05.14

栄養たっぷり!普段の暮らしに取り入れたい『ケノコト編集部おすすめ「い草」レシピ』

2017.05.11

栄養たっぷりカリカリじゃこが美味しい『金のいぶきじゃこと青菜のまぜご飯』

2017.05.10

パーティーをもっと楽しく『ホームパーティで使える人工芝』

2017.05.06

食欲増進!和えるだけおかず『鶏ささみキムチ』

2017.05.05

日常の中に音楽を〜ケミカルボリュームの過ぎてゆく春の今聞きたい一曲『OK』~

2017.05.01

【ケノコトInstagram企画】5月の「日常のコト」を『#皐月のコト』で投稿しよう

2017.04.28

『エアクロエイブルで楽しむ新しいオシャレの形』私だけのパーソナルスタイリングを体験!【前編】

月間人気ランキング

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.05.03

100人100色ー自分の感性を大切に、場所や時間に縛られず自由に生きる。アクセサリーデザイナーー照井窓日さんのお話

2017.05.07

材料4つ!味見が止まらない『失敗知らずのレモンカード』

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.05.09

まるで新品になったみたい『真っ白スニーカーのお手入れ方法』

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪トマトの常備菜』