作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.04.21

しゃきしゃきがたまらない『蕗と鯖の炊いたん』

Pocket

しゃきしゃきとした歯ごたえと独特の香りがおいしい蕗。
手に入りやすい鯖の缶詰を利用して手軽なお惣菜を作りましょう。
鯖の風味で蕗の苦みが和らぎ、ホッとする味わいについつい箸が伸びてしまいますよ。

『蕗と鯖の炊いたん』材料

ふき          1束
さば味噌煮缶      1缶(約180g)
白醤油         大さじ1

『蕗と鯖の炊いたん』作り方

1.蕗を下茹でする。蕗は鍋に入る長さに切り、まな板の上で塩(分量外)で板摺りをする。
IMG_8358_1
2.鍋に湯を沸かし、1.の蕗を入れてひと煮たちしたらすぐに冷水にさらして冷ます。
IMG_8360_1
3.蕗の皮を端から引っ張って剥いていく。
IMG_8361_1
4.蕗を4cm長さに切る。
IMG_8362_1
5.鍋に4.の蕗を入れ、鯖の味噌煮缶を開けて加える。
IMG_8690_1
6.鯖の身をほぐしながら煮ていき、白醤油を加えたら火を止める。
IMG_8698_1
7.全体に混ぜ合わせたら器に盛りつける。あれば木の芽を天に乗せる。
IMG_8707_1

ポイント

・蕗のきれいな緑色を保ってしゃきしゃきとした歯ごたえを残すため、下茹で時も、鯖を加えた後もさっと火を通す程度で煮過ぎないこと。
・缶詰の種類によって塩加減が変わってくるので、白醤油は味を見ながら加減して加える。
・今回は蕗の苦みをカバーして食べやすくするため鯖味噌煮缶を使用していますが、鯖の水煮缶を使うとすっきりとして蕗の風味がさらに活きた仕上がりになります。

アレンジ例

酒蒸ししたあさりと蕗を炊き合わせにしてもおいしくいただけます。
IMG_8383_1
刻んでご飯に混ぜておにぎりにしてもおいしいです。
IMG_8742_1

蕗に含まれる注目成分

IMG_9014_1
最近注目されている蕗の成分は、苦みや香り、アクの成分であるファイトケミカルです。フキには、クロロゲン酸、クエルセチン、ケンフェロール、フキノンなどのポリフェノール類が多く含まれます。これらの成分は、動脈硬化やがん、アレルギー症状などを引き起こすといわれる活性酸素を除去する抗酸化作用が注目されています。特に花粉症については、西洋フキの香り成分が花粉症等のアレルギー性鼻炎を緩和するとされ効果が期待されています。

鯖の栄養成分

鯖にはEPAやDHAといった不飽和脂肪酸が多く含まれます。これらには血液をさらさらにする効果やコレステロールを減らす効果、認知症の予防効果などがあると言われています。EPAは小腸を刺激して痩せるホルモンといわれるGPA-1を出すということで、一時「鯖缶ダイエット」として話題になったことがありましたね。面倒な下処理なしでおいしく食べることのできる缶詰は時短料理の味方、普段のお料理にどんどん活用しましょう。

ライタープロフィール

レシピ/栄養士 菊池律
riitsu_kikuchi_1
栄養士、調理師、製菓衛生士、パン職人、雑穀エキスパート。
オーガニックレストランでの調理、パン職人、オーダーメイド菓子職人、料理教室講師を経て栄養士に。
麹を使った発酵食、自家製天然酵母パン教室-講師。
産科クリニックでの勤務経験と自身の子育ての経験を活かして子育てサイトの記事監修等を行う。
現在は病院に栄養士として勤務し、ライフステージに応じた栄養サポートを行っています。
季節に寄り添う保存食のある暮らしの提案、日常のなにげない日々を大切にしています。
Instagram
https://www.instagram.com/kogomir/ 

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.07.16

作り置き常備菜シリーズ『冷やし胡麻なす』とアレンジレシピ

2017.07.15

味付けかんたん『えびとアスパラの塩麴炒め』

2017.07.14

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

2017.07.13

~保存食のある暮らし~旬のそら豆を使って『自家製豆板醤』

2017.07.11

フェロモン漂う女性は魅力的『効率よくフェロモンを出すためにしたいコト』

2017.07.10

旬野菜をちょい足し『紫外線に負けないそうめん美容食』

2017.07.09

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2017.07.06

爽やかにデトックス!!ハーブたっぷり『小松菜とキウイのグリーンサラダ』

2017.07.02

あんこのカップケーキ!?簡単和菓子の『浮き島』を作ろう

2017.07.01

おもてなしにもどうぞ。シンプルで簡単!オーブン料理『豚バラ・トマト・チーズ・アボカドのミルフィーユ焼き』

編集部おすすめ記事

2017.07.16

キンキンに冷やしてどうぞ!『焼きなすの松前漬け』

2017.07.11

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2017.07.09

作り置き常備菜シリーズ『基本のピクルス』とアレンジレシピ

2017.07.08

おつまみや晩酌に『枝豆ペペロンチーノ』

2017.07.07

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームひとり歩きながら聞きたい一曲『UPSIDEDOWN』~

2017.07.02

作り置き常備菜シリーズ『ジューシー鶏ハム』とアレンジレシピ

2017.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2017.06.29

エアクロのある生活『働くママの一日とファッション』

2017.06.29

濃厚なトマトのうまみがぎゅっとつまった『【簡単&本格】金のいぶきトマトリゾット』

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.06.29

エアクロのある生活『働くママの一日とファッション』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』