知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

美容・健康 2017.04.27

浴びすぎ注意!『気をつけたい紫外線トラブル』

Pocket

これからどんどん日差しが強くなってきて、紫外線による日焼けが気になる季節になりますね。
そんな紫外線が身体に与える影響は、日焼けだけではないのだとか。特に、肌だけでなく目などにもトラブルが起こりやすいそうです。具体的には、身体にどのようなトラブルが起きてしまうのでしょうか?今回は、紫外線が引き起こす身体への影響について、ご紹介します。
身体への影響を正しく知って、しっかり対策をしたいものですね。

日焼けだけではない! 紫外線が身体に与える影響―『気をつけたい紫外線トラブル』

紫外線は波長が長いほうよりUV-A、UV-B、UV-Cに大別され、波長が短いものほど人体への影響が大きいとされているが、UV-Cはオゾン層で遮られほとんど地表に到達しないため、紫外線による影響はほぼUV-A、UV-Bから受けている。とくにUV-Bに長年当たり過ぎると、傷つけられたDNAの修復機能が狂い、突然変異を起こすことがわかってきている。それが元で、病気や体質変異、身体の機能低下につながってしまうのだ。紫外線が人体に与える影響は、日焼け以外にどのようなものがあるのだろうか。
浴びすぎ注意!『気をつけたい紫外線トラブル』砂浜

紫外線が原因で起こる病気は?―『気をつけたい紫外線トラブル』

紫外線は、皮膚、目などに病気や症状を引き起こす。また、紫外線が原因で悪化する病気もあるので注意が必要だ。

皮膚がん

紫外線は皮膚がんの発症リスクを高める。日本人は皮膚がんの患者が少ないといわれているが、子どもの頃から長年にわたって紫外線を浴びすぎていると、歳をとってから皮膚がんが発症する可能性が高まる。また、足の裏にできる「悪性黒色腫」という日本人特有の腫瘍ができる可能性も高まる。

良性腫瘍

老人にできやすい黒褐色のイボのこと。顔、首、手の甲など普段露出している部位にできやすい。

日光アレルギー

慢性光線過敏症ともいわれ、紫外線が当たった部分に、500円玉ほどの大きさの紅斑ができる。

白内障

白内障のタイプは80以上あるが、日本人にもっとも多いのは水晶体の皮質が混濁する「皮質白内障」といわれるもので、紫外線の影響が関係している。

翼状片(よくじょうへん)

白目の表面を覆っている半透明の結膜が、目頭から黒目に向かって翼のような形状で侵入し、目にゴロゴロした違和感が起こる。屋外での仕事に従事する人が発症しやすい。

膠原病(こうげんびょう)の症状悪化

膠原病とは、全身の皮膚や血管、筋肉や関節が炎症を引き起こし、発熱や発疹などの症状が出る病気で、比較的女性が多く発症する。膠原病を持っている人が紫外線に当たると、皮膚に紅斑や水泡ができやすくなる。また膠原病のひとつである皮膚筋炎は、紫外線によって症状が悪化する。

免疫機能の低下

皮膚の表皮内には、ランゲルハンス細胞という免疫細胞が存在する。これは外部から異物が侵入した場合など、皮膚内部の情報を伝達する役目を持っている。このランゲルハンス細胞が紫外線に当たってダメージを受けると、情報伝達がうまく機能しなくなり、免疫力が低下し病原菌が体内に入ってしまう。

紫外線の影響による病気は、長年の蓄積によって発症するものが多い。日頃からむやみに日焼けをしないよう、UV対策が必要だ。

紫外線に当たるメリット―『気をつけたい紫外線トラブル』

紫外線を浴びることが身体にとってメリットになることもある。たとえば、紫外線はビタミンDを作る手助けをする。ビタミンDは体内のカルシウム代謝をよくし、骨や歯を丈夫にする役割を果たしている。紫外線を浴びずにいると、ビタミンD量が不足して骨や歯が弱くなり、骨折をしやすくなったり、身体の歪みにつながったり、骨粗しょう症を引き起こしたりする。シミやたるみの原因になる日焼けは避けたいが、適度な日光浴は身体にとって必要なのだ。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

化粧品添加物の真実『紫外線吸収剤とお肌のコト』

化粧品添加物の真実『紫外線吸収剤とお肌のコト』

美味しく食べて若返りも叶う? 『噂のスーパーフード10選』

美味しく食べて若返りも叶う? 『噂のスーパーフード10選』

意識して噛もう『噛むことで肥満対策・ 認知症予防・美肌効果』

意識して噛もう『噛むことで肥満対策・ 認知症予防・美肌効果』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.25

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2017.06.23

寒天でつくるヘルシーデザート『グリーンキウイのヨーグルトゼリー』

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

編集部おすすめ記事

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』