知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

美容・健康 2017.04.26

実は女性にも多い?『気になる水虫のコト』

Pocket

足の指の間が、むずむずむずむず…「水虫」は、これから湿気が多くなる季節、特に気をつけたいですね。
最近では、女性でも水虫にお悩みの方が多いのだとか。それもそのはず。水虫の感染源は、日常の様々なところにあるのだそうですよ。
そんな『水虫』について、感染源・種類など、詳しくお話します。対処法ももちろんご紹介しますよ。ポイントは、すぐ洗うコト。毎日の習慣になると、自然と水虫予防ができそうですね。

水虫の原因は湿気だけではなく、多様化している―『気になる水虫のコト』

水虫にかかるのは男性のイメージが強いが、女性でも水虫に悩む人が増えている。感染の原因は、仕事で一日中靴を履きっぱなし、通っているスポーツクラブでうつってしまったなどさまざま。ファッションで、真夏以外はブーツを履く機会が増えていることも、女性の水虫人口を増加させている。もともと高温多湿が避けられない日本。こうしたライフスタイルや時流が重なって、水虫になりやすい要因が季節を問わず増えている。

感染源や種類は、どんなものがある?―『気になる水虫のコト』

水虫の感染源

水虫は、カビの一種である「白癬(はくせん)」が皮膚に入り込み、感染した状態をいう。湿気を帯びた靴や不衛生な靴下、水虫の人が使ったスリッパやマットからかかることが多い。温泉やプール、ジムなど水気の多い場所、飲食店の畳や履物なども感染源となる。ほかにも、犬や猫などから感染した事例もあるので、一度、ペットが白癬菌をもっていないかチェックしておくと安心だ。

水虫の種類

水虫の種類はさまざまあるが、いちばん多いのが「趾間(しかん)型」と呼ばれるもの。足の指と指の間が腫れて白くふやけ、ただれやかゆみがある。ほかにも、土ふまずや指の付け根などに赤い水疱ができて、強いかゆみを伴う「小水疱型」などがあるが、判断しづらいものとして、足裏、かかとの角質層が厚くなり硬化する「角質増殖型」や、爪が厚くなり色が白濁し、もろくなる「爪水虫」がある。「角質増殖型」「爪水虫」は、かゆみがないため、水虫とは思わずに角質を削ったりネイルケアをしたりして、さらに感染、悪化させることがあるので気をつけよう。

水虫の症状の90%は足にでるが、それ以外には、頭皮、顔、手、胴、股間などにあらわれる。初期症状はただの赤みでも、かゆみがおさまらなければ、すぐに医師や薬剤師に相談しよう。

24時間以内に洗えば、白癬菌は死滅する―『気になる水虫のコト』

白癬菌は、24時間以内に洗い流せば死滅するため、水虫を予防するには、一日の最後に足を洗い、足の指と指の間をきっちり洗浄して乾燥させることがポイントだ。また、靴は毎日同じものを履かず、陰干しをすると効果的。一日の中で靴を履き分けたり、靴下を取り換えたりするのもよい。

白癬菌は、温度15度以上40度以下、湿度70%前後で活性化するので、春から注意が必要となる。秋冬もブーツの着用や、カイロを貼る習慣のある人は蒸れないように徹底しよう。さらに、掃除はもちろん、家族に水虫の人がいる場合は、スリッパやバスマットは別々にするのがベストだ。

水虫にかかると、塗り薬での治療は完治まで最低でも2、3ヶ月は要する。まずは温度と湿度に配慮して、衛生的な生活習慣を身につけたい。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

たかが手汗? 『実は身体のサインに耳を傾けよう』

たかが手汗? 『実は身体のサインに耳を傾けよう』

美味しく食べて若返りも叶う? 『噂のスーパーフード10選』

美味しく食べて若返りも叶う? 『噂のスーパーフード10選』

足裏は身体の縮図『全身の健康が宿る” 足裏健康法”を実践しよう』

足裏は身体の縮図『全身の健康が宿る” 足裏健康法”を実践しよう』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』