作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.05.05

身体に優しく沁みる『自家製レモンのはちみつ漬け』

Pocket

冷蔵庫に自家製の常備菜があると、ちょっと嬉しくなりませんか?中でも、フルーツ漬けは、デザート感覚で楽しめますよ。季節問わず、いろんな味わい方ができる「レモンのはちみつ漬け」を仕込んで。ちょっと疲れちゃったな、なんて日には炭酸水やお湯で割って、ほっと一息つきましょ♩

ーーーーーーーーーーーー
一年を通して、わが家のキッチンや冷蔵庫にはカラフルな保存瓶が並んでいる。主に、自家製のフルーツを漬けたもの。私にとって身近な楽しみであり、ぜいたくだ。
いろんな種類を楽しんでいるが、特にお気に入りなのがレモンのはちみつ漬け。レモンを切ってはちみつを注ぐだけ。それだけで見た目にも美しく、食べておいしい自家製レモンのはちみつ漬けができる。

冷蔵庫を開けるといつもある『自家製レモンのはちみつ漬け』

レモンのはちみつ漬けは、夏の暑い日も冬の寒い日も、一年を通してわたしを楽しませてくれる。仕事から帰ってきて一息入れたいときも、あと一息がんばりたい家事の合間にも、冷蔵庫を開けるとそこにツヤツヤに輝く保存瓶があるというのがとてもうれしい。

レモンに含まれるビタミンCやクエン酸、はちみつのブドウ糖は、疲労回復によいそうだ。実際、栄養価はもちろん、すっきりとした酸味や、コクのある甘みに体が癒やされる。朝から自家製のとびきりの味に触れれば、一日をリフレッシュして過ごせる。
0505_5

簡単にできる『自家製レモンのはちみつ漬け』レシピ

『自家製レモンのはちみつ漬け』材料

・レモン   大3個
・はちみつ  はちみつ適量

『自家製レモンのはちみつ漬け』作り方

1.保存瓶を煮沸消毒する
2.レモンの皮をむき、薄く輪切りにする
3.保存瓶にレモンを入れ、レモンがかぶるまではちみつを入れる
4.上下を返して混ぜながら冷蔵庫で保存。1~3日経ったら食べられる
0505_4
レモンの上からはちみつを入れる

食べ頃は2~3日後と言われているが、作った翌日、まだレモンの形がしっかり残る頃に食べてもフレッシュなおいしさがある。10日程経って、クタクタになったレモンも、味がなじんでおいしい。少しずつ変化していく味を感じながら食べるのもいい。

自家製なので、賞味期限は保存状態にもよる。ただ、1~2週間ほどで食べきるのがお勧め。初めて作るなら、食べきれるよう少量で試すのがいいかもしれない。

皮をむかないと大人の味に―『自家製レモンのはちみつ漬け』

レモンのはちみつ漬けには、レモンの皮をむく方法とむかない方法がある。
皮ごと漬け込むと、レモンの風味が増し、ほんのりほろ苦い大人の味になる。レモンの皮についた防腐剤などが気になる場合は、有機栽培のレモンを買って、塩でよくこすり洗いをして表面をきれいに整えてから漬ければいい。

今回紹介したレシピのように皮をむくと、まろやかでやさしい味になる。また、白いわたの部分まできちんと取り除くと、より苦みが抑えられて子どもでも食べやすい。

レモンの香りを引き出す「皮ごと」も、丁寧に皮をむいて食べやすくする「皮なし」も、どちらもそれぞれおいしさが異なるので、お好みで試してみてほしい。

『自家製レモンのはちみつ漬け』を使ったドリンクを楽しもう

0505_3
定番のレモンスカッシュ

レモンのはちみつ漬けを使ったドリンクはたくさんある。

定番の飲み方は、炭酸で割るレモンスカッシュ。氷をたくさんいれて、レモンの果肉を潰すようにして飲めば、とてもさわやか。お風呂上がりや目覚めの一杯にぴったりだ。

大人向けには、ウオツカで割ってカクテルに仕上げるのもいい。ミントなどのハーブも添えればお店にも負けない一杯になる。夫婦で、一人で、今日一日を振り返りながらゆっくり過ごす夜に飲みたいもの。

0505_2
寒い時期にお勧めのホットレモネード

秋風が吹く季節にうれしいのはホットドリンク。マグカップにレモンのはちみつ漬けを入れてお湯を注げば、あっという間にホットレモネードができあがる。風邪のひきはじめや、乾燥で喉に痛みを感じる時なども、風邪予防や免疫力アップにお勧めだ。

一日の終わりにホットレモネードを飲むと、体にじんわり染み渡り、気持ちまでほぐれるよう。薬を飲むほどでもないけれど風邪ぎみ? といったプチ不調のときにお勧め。

おうちでできる『自家製』の楽しみ―『自家製レモンのはちみつ漬け』

子どもの頃や独身の頃は料理が苦手だった。おいしさでは母が作ったものにかなわなかったし、市販のお総菜やレストランでの外食にも頼っていた。でも「自家製」を始めてみて、その特別感、自分で作ることの楽しみを教えてもらった。

時間とともに味が変化していく楽しみ、自分好みの味をつくれる楽しみ。自家製の魅力はそこにある。結婚して、キッチンが“自分の城”になったという意識が大きいのかもしれない。

簡単にできておいしいレモンのはちみつ漬けを、私はいつもそばにおいておきたい。
0505_1

文/菅野 有希子
記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

その他のおすすめ記事

毎日5分、自分磨き。習慣にしたい『大人の乾布摩擦』

毎日5分、自分磨き。習慣にしたい『大人の乾布摩擦』

毎日がんばる手を優しくいたわる『正しい手荒れケアの選び方』

毎日がんばる手を優しくいたわる『正しい手荒れケアの選び方』

心地よさと美と健康『アロマセラピーを身近な暮らしへ』

心地よさと美と健康『アロマセラピーを身近な暮らしへ』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』