得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.05.02

気の巡りを良くして冷えとむくみを改善『女性に嬉しいあずき茶』

Pocket

最近、ポッコリお腹が気になる方!! もしかして女性の天敵とも言える「冷え性」と、それに伴う不快な症状「むくみ」に悩んでいませんか? これらの症状は、体内の水の循環を司る臓器「腎臓」の機能が低下し、体の中に余分な水分をため込んでしまったことが原因ですので、ダイエットで体重を落としただけではなかなか解消できません。

体内の水分は本来、細胞の内側にあるのが正常な状態なのですが、腎臓が弱ると水分代謝が悪くなり、細胞と細胞の間に水分がたまってしまうことから「むくみ」が生じてしまうのです。このような症状を東洋医学では「水毒(すいどく)」と呼んでいます。

水毒症状チェックリスト―『女性に嬉しいあずき茶』

・フェイスラインが緩んで顔が大きく感じる
・お腹周りが以前よりポッコリしている
・足首がふとくなった
・やたらと喉が渇く
・寝ても疲れがとれない
・冷え性が悪化した

上記の症状がある方は、【水毒】の可能性が大です!

水毒を解消すれば体内の老廃物がきちんと排出されるので、むくみが解消されるだけではなく、「気の巡り」もよくなることから免疫力がアップし、同時に血流もよくなるので、肌に透明感やハリ、ツヤもよみがえってきますよ。

そこで今日は水毒症状をカンタンに解消する、とってもパワフルなお茶のレシピをご紹介いたしますね。

『女性に嬉しいあずき茶』

1

『女性に嬉しいあずき茶』材料(2人前)

小豆  50cc / 上質の水 3~4カップ / 昆布  3cm角1片 / 生姜の絞り汁  少々

『女性に嬉しいあずき茶』作り方

1.小豆を軽く水で洗う
2.土鍋に小豆・水昆布を入れて中火にかける
3.沸騰したら弱火にして水が半分になるくらいまで煮詰める
4.煮汁をカップに入れ、生姜の絞り汁を加える
5.温かいうちに飲む

自分でつくる時間のない人に手軽な市販品―『女性に嬉しいあずき茶』

あずき美人茶
DSC_3897-e1486559331354
あずきーの(小豆の粉)(お湯に溶かしてお飲みください)
DSC_3819-e1486559356477

水の臓器「腎臓」を養う小豆の力―『女性に嬉しいあずき茶』

マクロビオティックの陰陽五行では小豆は水のエネルギーに分類される冬におススメの豆で、腎臓・膀胱・生殖器を養う力のある食べ物といわれています。 玄米と一緒に炊いて「あずきご飯」にしたり、南瓜と炊き合わせて「あずき南瓜」を作ったりと使い勝手のよいお豆ですね。

その小豆を煎じた「あずき茶」には優れた利尿作用があり、腎臓の機能を高め、余分な水分とナトリウムを体外へ排出し、「むくみ」を一気に解消してくれる力があるのです。

『女性に嬉しいあずき茶』の栄養と効能

カリウム ⇒ 体内のナトリウムを体外へ尿として排出。血液の量を適正に保ち、血圧の上昇を防ぐ。

鉄分 ⇒ 貧血を予防し、体内の細胞に酸素を届け、あらゆる組織、内臓の活性化を促す。

ビタミンB1 ⇒ 糖類の代謝を促し、神経機能を正常に保つ。

食物繊維 ⇒ 塩類、脂肪などを吸着して便となり、体外に排出する

サポニン ⇒ 中性脂肪値を下げると同時に、利尿を促し、余分な水分を体外に排出する

『女性に嬉しいあずき茶』と上手におつきあいする方法

冷え性・むくみ・ダイエットにも効果的な「あずきのお茶」は、ノンカフェインでカロリーゼロ。 オーガニックの小豆を使ってつくれば安心&安全!!だけどとてもパワフルなお茶なので、胃腸の弱い人は空腹時に飲むと胃が痛くなってしまいますので、要注意! ご飯を食べて後に飲むようにしてみてくださいね。

このお茶は腎臓の弱い方が飲むととても美味しく感じます。美味しいと思える間は毎日飲み続けていただくことができますが、「美味しくない」と感じるようになったら「あなたにはもう必要ない」という身体からのサインですので、飲むのを止めるようにしてみてくださいね。

ポッコリお腹撃退と一緒に「冷え性解消」にも役立つ「あずき茶」で、飲んで体の中からすっきりキレイになりましょう♪

記事・レシピ/マクロビオティック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』

子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト

子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト

自然の万能薬!『くるみが持つ18の効果効能とは?』

自然の万能薬!『くるみが持つ18の効果効能とは?』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.05.18

缶詰を入れて炊くだけ『旨みたっぷりさばの味噌煮の炊き込みご飯』

2017.05.13

あなたは違いがわかりますか?揚げ物や鉄板料理にかける「ソース」の違いと新しい使い方

2017.05.08

食物繊維たっぷり!プチプチ食感が美味しい『丸麦のトマトリゾット』

2017.05.08

~保存食のある暮らし~乾物を使って和えるだけ!!手軽に発酵食『そぼろ納豆』

2017.05.07

材料4つ!味見が止まらない『失敗知らずのレモンカード』

2017.05.05

5月のお献立、その1。カンタン前菜『セロリの香油マリネ』

2017.04.28

栄養士も太鼓判!『美容にも効果的な日本の伝統的な飲み物』とは

2017.04.27

甘酸っぱい美味しさ『好みの柑橘で作る自家製ポン酢』

2017.04.27

昔ながらの安心おやつを手づくり『きなこあめ』

2017.04.26

『信州の発酵食』からみえる丁寧な暮らし方のヒント

編集部おすすめ記事

2017.05.20

ワクワクする新しい出会いを届ける『エアークローゼットのコラボ企画』

2017.05.20

買ってきたお惣菜でも大丈夫『盛り付けで美味しく見せるコツ』

2017.05.18

新生活のスタートに・・・『知っておきたい不動産会社の選び方と賃貸物件のアレコレ』第3回

2017.05.14

栄養たっぷり!普段の暮らしに取り入れたい『ケノコト編集部おすすめ「い草」レシピ』

2017.05.11

栄養たっぷりカリカリじゃこが美味しい『金のいぶきじゃこと青菜のまぜご飯』

2017.05.10

パーティーをもっと楽しく『ホームパーティで使える人工芝』

2017.05.06

食欲増進!和えるだけおかず『鶏ささみキムチ』

2017.05.05

日常の中に音楽を〜ケミカルボリュームの過ぎてゆく春の今聞きたい一曲『OK』~

2017.05.01

【ケノコトInstagram企画】5月の「日常のコト」を『#皐月のコト』で投稿しよう

2017.04.28

『エアクロエイブルで楽しむ新しいオシャレの形』私だけのパーソナルスタイリングを体験!【前編】

月間人気ランキング

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.05.03

100人100色ー自分の感性を大切に、場所や時間に縛られず自由に生きる。アクセサリーデザイナーー照井窓日さんのお話

2017.05.07

材料4つ!味見が止まらない『失敗知らずのレモンカード』

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.05.09

まるで新品になったみたい『真っ白スニーカーのお手入れ方法』

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪トマトの常備菜』