知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

2017.05.17

小学生のお小遣い『金額とルール』どうしてる?

Pocket

新学期も始まり、子どもたちは少しずつ新しい生活や環境に慣れてきた頃だと思います。この時期はすべてが新しく意欲があふれていて、何事にも「やってみたい!」「頑張る!」と張り切っている子どもも多いですよね。

ひとつ学年が上がるとき、そして新しいことに意欲があるこの時期に、毎年わが家でよく話題に上がるのが「お小遣い」のこと。自分の好きなことにお金が使える、というある意味「憧れ」の存在である「お小遣い」は、子どもに金銭感覚やお金の管理を学ばせるのに良い面は多くあります。が、一方で親は「いくらが適切か」「友達同士で貸し借りがあったらどうしよう」と頭を悩ますことも多いと思います。

お小遣い制を始めるきっかけは、カードゲームにはまったこと

pic1 のコピー

我が家の小4の娘は、2年生のときからお小遣いを始めました。きっかけは、当時女の子の間ではやっていた「カードゲーム」にはまっていたこと。スーパーなどに行くたびにゲームをして、カードを集めていました。「1回だけ」と話しても「このカードが出たからあと少しでレアが出るかも」と、2回3回と繰り返してやりたがることが多くなり、だんだん「お金はママに頼めばいくらでもらえる」と思っているのではと不安になってきました。かといって「ダメ!」「もうおしまい!」と強制的に切り上げたところで子どもは納得しません。楽しいこと、好きなことは大人でも意思や我慢だけではなかなかやめられないのと同じですよね。

そこで、「ダメ」と取り上げるより、自分の「自由」にできる「お小遣い制」を導入したらどうなるだろうと考えました。以前から娘は「お小遣い」に対しての憧れがあったので、その話をすると、案の定、目を輝かせました。

お小遣い制導入するにあたっては、お小遣いの「目的」と「ルール」について、事前に娘と話し合いました。まず目的、つまり何に使うか、です。

娘は2種類のカードゲームにはまっていて、どちらもやりたい、と言いました。そこで、毎月2回ずつとおまけでどちらかが1回できる5回分の金額にお小遣いを設定すると、娘は「好きな時にゲ-ム2種類を2回できて、さらにおまけがついている」と大喜び。

「ゲームにつかいたい」という目的を理解してあげた上で、次に「お金とは」「お小遣いとは」について話しました。「お金=もらえるもの」とただ漠然と思っている子どもも多いと思いますが、お金は「もらえる」のではなく、「お父さんやお母さんが一生懸命働いて、その対価として得たもの」「頑張って稼いだもの」「無限ではない」ということをわかるように伝えます。すべて理解はできないと思いますがぼんやりとでも「頑張った証がお金になる」ということは子どもにも知ってもらいたいですね。

お小遣いのルールは3つ

pic2 のコピー

そしてお小遣いのルール作りです。
「お金」というものは学年が上がるにつれて友達同士のトラブルにもつながりやすいもの。我が家では事前に3つのル-ルを決めました。

・お小遣いをもらったり、使ったらお小遣い帳に記入する
・お金・財布は友達に貸さない、借りない、教えない
・(特に低学年のときは)子どもだけのときは財布を持って行かない

「貸さない・借りない」はよく聞く話だと思いますが、「教えない」も重要なことです。特に子どもはお年玉やお祝いなどをたくさんもらうと「〇〇円もらった!」と自慢することがあると思います。すると「○○くん(ちゃん)は、たくさんお金を持っている」「たくさん持っているから、おごって、貸して」という話につながりやすくなります。

その他にも、「お小遣いの範囲で買えるものはお小遣いで買う」「お小遣い制を導入したら継続する」といったご家庭独自のル-ルも、子どもと話しながら作っていくと良いでしょう。

お小遣い制にしたことで、こんな変化が

お小遣い制を始めたことによる変化で私が驚いたのは、娘がゲームを一切しなくなったことです。当初のお小遣いの使い道が「ゲームをすること」だったので、これではなんのためにお小遣い制にしたのかなと思いましたが、お小遣いの導入により、「お金は貯めておいて、夏休みやお出かけしたときにそこでしか買えないものや、ちょっと高いおしゃれなバッグを買いたい」というように、使う楽しみ・興味の範囲が広がったようです。「貯めないと大きいものは買えない」「我慢して少しずつ貯めておけば買いたいときに買うことができる」といったように、長期的に物事を考えることができるようにもなりました。

学研ゼミの保護者向けニュース&コラムの記事に、お小遣いについて「子どもに『お金とは自分が笑顔になれることに使うツール』であることを教える」「お金に触れさせ、『使う喜び』を体験させることが大切」とあり、我が家はまさにそのケースとなったと思いました。他にも、お小遣いルールの作り方ヒントなどもあって参考になりますよ。

今年の春からは、2年生になった息子も、同じようにお小遣いを始めました。逆にこちらは、あればあるだけすぐ使ってしまう性格で、姉弟でもまったく違うお金の使い方に驚きました。それぞれの性格や傾向がわかって面白いですね。お金の感覚はご家庭によってさまざまです。子どもと一緒にルールを作りながら、金銭感覚やお金の管理を身につけていけるといいですね。

記事/ママトコライター
12636930_10208848790483829_714750486_o

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
(サービスお申し込み月は月末まで無料でご利用いただけます)

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.08.19

ネバネバが栄養の決め手『知って得するオクラの成分と保存方法』

2017.08.17

揚げずにさっぱりおいしい常備菜『なすとおくらのゆで浸し』

2017.08.17

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2017.08.10

おしゃれなワイヤレススピーカー『ソニー グラスサウンドスピーカー』で紡ぐ暮らしの中のリラックス時間

2017.08.09

朝起きるのが楽しくなる!元気に一日を過ごすための『出汁から作るお味噌汁』

2017.08.06

買うよりお手軽!?『簡単王道!間違いない基本のめんつゆ』

2017.08.04

夏野菜たっぷり『タコと夏野菜のエスニックサラダ』

2017.07.30

作り置き常備菜シリーズ『山形だし風薬味ぶっかけ』とアレンジレシピ

2017.07.29

色を暮らしに活用しよう『希有なブラック”黒色”がもつ秘密ゴト』

2017.07.27

下茹でなし!!香ばしい香りの『バター醤油焼きとうもろこし』

編集部おすすめ記事

2017.08.14

【映画上映会開催】100年先に伝えたい物語『この世界の片隅に』上映会

2017.08.11

【Instagram企画】至福のビール時間。ビールにまつわるいろんなコト『#麦ノクチ』で投稿しよう

2017.08.11

「オーガニック」を知って、心と体の未来を創る『オーガニック料理ソムリエ資格認定講座』を体験!【前編】

2017.08.06

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2017.08.03

働くママのファッションのお悩み解決!『エアクロのパーソナルスタイリストに教わるコーディネート座談会』

2017.08.01

【ケノコトInstagram企画】8月の「日常のコト」を『#葉月のコト』で投稿しよう

2017.07.31

あっという間にできちゃうおいしい自家製『いちごのシェイク』

2017.07.28

パクチーたっぷり『チキンの冷製パクチージェノベーゼ』

2017.07.26

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

2017.07.24

いつものキャベツにインドの風味を『さっぱりクミンキャベツ』

月間人気記事

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜』

2017.08.10

おしゃれなワイヤレススピーカー『ソニー グラスサウンドスピーカー』で紡ぐ暮らしの中のリラックス時間