得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.05.03

化粧品添加物の真実『pH調整剤とお肌のコト』

Pocket

お肌に良い「弱酸性」。化粧品売り場やドラッグストアなどでよく目にするけど、お肌にどういいのでしょうか?
今回の化粧品添加物の真実シリーズは、お肌を弱酸性に保つことを助ける『pH調整剤』についてです。お肌に直接つける化粧品だから、正しく知って自分に合うものを選びたいものですね。

pHと肌の関係

pHとは、「ピーエイチ」または「ペーハー」と呼ばれる、物質の酸性からアルカリ性までの度合いを示す0〜14の数値。0に寄るほど酸性が強く、14に近づくほどアルカリ性が強く、中間は7だ。ヒトの肌は、生まれたての赤ちゃんは中性だが、成長するにつれpH4.5~6の間の弱酸性を保っている。この数値が健康な肌の基準だ。これは肌を覆っている皮脂膜が関係しており、弱酸性を保つことで外的刺激や細菌をバリアしている。つまり、この「pH4.5~6」から数値が離れている物質は、肌にとって刺激が強いことになる。

化粧品にpH調整剤が使われるわけ

洗顔料や石鹸は、皮脂汚れを落とすためにもともとpH10程度のアルカリ性のものが多い。となると、洗顔後は肌がアルカリ性に傾き、弱酸性に戻るまでに数時間を要する。敏感肌や乾燥肌など、肌質によっては何倍もかかると言われている。肌は弱アルカリ性に傾いているとき、外的刺激や細菌に弱い状態。なるべくアルカリ性に傾く時間を少なくすることが大切だ。
そこでpH調整剤が使われる。洗顔料や化粧水などのpHを弱酸性に調整するのだ。このように、皮脂膜を正常な状態に近づけるために使われているほか、化粧品の酸度を保つことで、製品そのものの分離や劣化を防ぐ目的もある。
0503_2

代表的なpH調整剤6つ

pHを、酸性またはアルカリ性に傾けるために、pH調整剤は「アルカリ性」のものと、「酸性」のものとの2種類がある。

アルカリ性のもの

・トリエタノールアミン(TEA)
pH調整剤のほかに、乳化、分散、湿潤、希釈剤として使われる、弱アルカリ性の成分。亜硝酸と反応して発がん物質を生成することや、湿疹や皮膚炎になる可能性が指摘されている。

・水酸化ナトリウム
石鹸の素材などになるもの。酸性が高くなる場合に使用される。

・水酸化カリウム
石鹸や乳液、クリームなどの、乳化剤やゲル化剤としても使われる。

酸性のもの

・アスコルビン酸
ビタミンCのことで、美白の作用が期待されている。敏感肌にも使える傾向にあるが、人によってはピリピリとした刺激を感じる場合がある。

・グリコール酸
ピーリング剤などによく使われる成分で、サトウキビや甜菜など、天然材料から作られている。

・クエン酸
食べ物に含まれる酸としてもよく知られ、角質除去などに使われる。濃度が高いと刺激になることがある。

pH調整剤の、安全性と危険性

現在、化粧品に使用されている成分は、クエン酸やアスコルビン酸など比較的安全性の高いものが多く、また配合量も制限されているので、すぐに人体に影響があるとは考えづらい。ただし酸性のものは、濃度が高いと刺激や肌のほてりが起きることがあるので注意したい。酸性のpH調整剤はピーリング剤などに多く使われていて、肌質にあえば、タンパク質を溶かして角質を落とし、正常なターンオーバーを助ける作用がある。

また、乾燥肌と感じている人は弱酸性の化粧品を選ぼう。皮脂膜が正常に保たれる時間を増やしていくことが大切だ。弱酸性は害になる細菌類が住みにくい環境であり、健康な肌を保つためには必要な条件。逆に長時間、肌がアルカリ性になったままだと、アクネ菌や黄色ブドウ球菌が繁殖しやすくなってしまう。化粧品を選ぶときは、pHに注目して、基本は弱酸性に近い化粧品を選ぶのがよいだろう。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

化粧品添加物の真実『紫外線吸収剤とお肌のコト』

化粧品添加物の真実『紫外線吸収剤とお肌のコト』

化粧品添加物の真実『酸化防止剤とお肌のコト』

化粧品添加物の真実『酸化防止剤とお肌のコト』

化粧品添加物の真実『防腐剤とお肌のコト』

化粧品添加物の真実『防腐剤とお肌のコト』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.05.13

かける!漬ける!合わせる!色々使える『新玉ねぎの万能ソース』

2018.05.07

卵・乳製品・砂糖不使用『みりんレーズンのスコーン風』

2018.05.06

【参加者募集】初夏のグリーンテーブルリースを作ろうー自由学園明日館・東京ー

2018.05.04

夏本番前にやっておきたい!食費の節約や時短につながる『冷蔵庫整理』

2018.05.02

覚えておきたいおやつレシピ『バナナキャラメルマフィン』

2018.05.01

すりおろして混ぜるだけ!『人参ドレッシング』

2018.04.27

子どもと一緒に楽しむ『端午の節句』

2018.04.21

【締切】【会員優待イベント】初夏のピクニックパーティーを開催します

2018.04.20

発達障害ってなぁに?シリーズ その3『困った行動をこんな風にみてみよう!家庭編』

2018.04.19

日本の暮らし色『晩春を彩る柔らかな藤の色』日本の女性を美しく装ってきた色

編集部おすすめ記事

2018.05.14

買うより幸せ。『焼きのりで簡単!海苔の佃煮』

2018.05.08

「旬花」心にしみるような青い絨毯『ネモフィラ』~皐月の暮らし~

2018.05.04

旬の野菜を味わおう!春の手仕事Part.4『ホワイトアスパラ』

2018.05.02

里山からのお便り『合鴨のお米づくり』その1〜ハートフルシェア田とは〜

2018.04.18

パーソナルショッピングアプリ『pickss』が大幅リニューアル!

2018.04.15

掃除機だけでは限界!プロお墨付き『究極の絨毯お掃除術』

2018.04.13

旬の野菜を味わおう!『若竹煮』

2018.04.12

バイン・ミーにも♪エスニックな香りがおいしい『ベトナム風煮豚』

2018.04.11

乳フリー!ボウル1つで作る『ざくざくチョコナッツクッキー』

2018.04.07

春の行楽に持っていきたい『紅芯大根の手毬寿司』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.09.05

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「豚肉」の常備菜』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』