知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食育 2017.05.19

『子どもと楽しむバーベキュー』で季節を味わおう!

Pocket

5月は新緑と爽やかな風が心地よく、お天気のいい日は外で過ごしたいという気持ちが高まる季節ですよね。週末の公園や河原では、家族連れなどグループでバーベキューを楽しんでいる様子もよく見かけるようになりました。バーベキューは道具など自分たちで全て準備するとそれなりに大変ですが、都内では「手ぶら」でいけるスポットも増えて、「子どもが小さいとただでさえ荷物が多いのに色々持って行くなんて無理!」という家族連れにも、利用しやすくなってきたと感じます。

バーベキューに限らず、オープンテラスで食べるランチや、芝生の上に敷物を敷いて食べるお弁当など、「外で食べる」って本当に気持ちいいですよね。自然の中で爽やかな空気を一緒に吸い込みながら、旬の食べ物を食べるってとても贅沢なこと。夏は熱射病や日焼け対策が心配になりますが、梅雨までの今くらいの季節は晴天も多く快適で、一番楽しめる季節ではないかと思います。

子どもがバーベキューを満喫できていなかった

pic1 のコピー

大人にとってバーベキューは、屋外の開放的な空間で、お肉や旬の野菜を焼いて食べるだけでも非日常。アルコールを飲む⼈は特に、ビールなど⽚⼿に、友だちや家族とのんびり食べたり、おしゃべりしているだけで結構幸せです。

しかし子どもは、普段も外で遊ぶことが多いのでただの外遊びだけでは満足しません。食べ物に関しても、ただ「お肉や野菜を焼いてタレにつけて食べる」スタイルだと、意外と食べてくれないものです。我が家の子どもたちはバーベキューのお肉(厚みのある牛肉)が苦手だったのもあり、最初のときは「とうもろこししかおいしいものがない!」とのクレームが。そして、せっかくのバーベキューなのに、結局は家から持ってきたスナック菓子をたくさん食べているという残念な状況に。そこで、子どもたちと一緒に、メニューを開発することにしました。ポイントは子どもの「好きな具材」で「食べやすく」、そして、「一緒に作ること」です。

こどもが好きなものを「一緒に」作る

我が家の子ども向けバーベキューメニューを3つご紹介します。

1. 焼きおにぎり

pic2 のコピー
まず定番の焼きおにぎり。にぎりが甘いと網の上でひっくり返してるうちにボロボロと崩れてしまうことがありますので、固めに握ってフライパンなどで一度焼いておくと、網の上で崩れるのを防げます。

バーベキューで焼く時は、焼肉のタレや醤油をつけながら、表面をカリッと香ばしく焼くだけ。串に細長くきりたんぽのようにしてご飯を固めて、豚肉(バラ肉など)で巻いて食べる「肉巻きおにぎり」もおすすめです。肉に軽く片栗粉をまぶすと、つなぎになってほどけにくくなります。塩こしょうで味を足しましょう。

2.野菜の肉巻き

pic3 のコピー

野菜の肉巻きシリーズは、牛肉も試しましたが、豚バラ肉が相性が良い気がします。中の具材は、軽く茹でたアスパラが「はずれなし」にみんな大好きですが、プチトマトもおすすめ。他にもなんでも野菜の具材を串で刺して、バラ肉で巻いていくだけ。大人は粗挽きコショウや塩で味を整えるとさらにおいしいですが、子どもはそのままでじゅうぶん!野菜もよく食べてくれます。

3.マシュマロと果物の串焼き

pic4 のコピー

焼いて食べるおやつといえば、マシュマロ。子どもは好きですよね。マシュマロは焼くと溶けて甘みが増して、少し甘すぎると感じることもあるので、我が家はパイナップルやバナナなどのフルーツと一緒に、串に刺して焼きます。さらに、小さい子どもにも食べやすい食パンの耳部分をマシュマロを挟むようにして一緒に焼くと、柔らかくなって食べにくくなるのを防ぎつつ、甘みを抑えて食べやすく仕上がり、しっかりおなかにもたまります。

バーベキューやキャンプの備え、効率よく調べたい

バーベキューやキャンプは、事前の準備やリサーチの頑張りで、快適度と楽しさが結構ちがってきます。バーベキュー設備のある場所の詳細やクチコミなどはインターネットで調べると実際の情報がよりわかって便利ですが、基本的なこと・幅広いことを調べるには、書籍のほうがで出ている情報がまとまっていて、見比べたりするのにも便利なこともありますね。

子ども向けの電子書籍の「学研図書ライブラリー」を見ていたら「アウトドアキャンプ100の基本」というタイトルがあり、道具や服装などの基礎からレシピまで濃い内容で役立ちました。
pic5 のコピー
「学研図書ライブラリー」は子ども向けの図鑑や歴史漫画、小説などが豊富ですが、大人が使えそうな書籍、例えばお裁縫や美容に関する書籍なども幅広く揃えています。無料のサイトで時間をかけて調べて正しい情報を探すより、内容によってはぐっと時間が短縮できて、信頼性の高い情報を得られるのではと思います。

日本の四季はどれも素晴らしいですが、屋外で過ごすのが一番気持ちいいのはやはり今の時期。最高の季節に、子どもたちと一緒においしいものをたくさん味わって、思い切り遊びたいですね!

記事/ママトコライター
12636930_10208848790483829_714750486_o

logo
まなび・あそび・ドキドキがみつかる“熱中できるまなび”のポータルサイト「学研ゼミ
(サービスお申し込み月は月末まで無料でご利用いただけます)

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2017.06.03

常備菜にも◎サラダよりもりもり食べられる『夏野菜のおひたし』

編集部おすすめ記事

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

2017.06.02

自分らしくカスタマイズ『賃貸でも愛着のわく部屋作りを〜体験者の声 scene.2〜』

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』