作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.05.06

万が一に備えて『保存食ペミカンを作ってみよう』

Pocket

みなさんは「ペミカン」をご存じでしょうか?アウトドア好きの方はご存じかもしれませんね。
ペミカンとは、山での保存食であり、出発前に途中まで調理を済ませておき、それらをラードまたはバターでコーティングすることにより、長期保存を可能にしたものです。

登山やアウトドアで重宝される保存食『ペミカン』―『保存食ペミカンを作ってみよう』

長期保存ができるため、もともと極地探検家の間では高カロリー食品として利用されていました。日本でも、現地での調理の手間を省き、かつ、燃料の節約ができる簡易料理法として、長期に及ぶ冬季登山に重宝されています。
ペミカンは、凍らせたものを登山の際に持って行き、山の上で解凍して食べます。そのため、夏の登山には適しませんが、冬ならば数日から1週間ほどもつとされています。

『ペミカン』を非常時の保存食に―『保存食ペミカンを作ってみよう』

こういった保存食は、登山などのアウトドアの際に活躍するだけでなく、震災などの非常時の保存食としても活用できます。
今回ご紹介するペミカンシチューは、簡単に作れるうえ、味も通常のシチューとそう変わりませんので、普段の作り置きおとしても取り入れることができます。また、万一の災害に備えるためにも、保存食・ペミカンの作り方を覚えておこうと思います。

ペミカンきのこシチュー―『保存食ペミカンを作ってみよう』

ではさっそく調理開始。今回はペミカンを使った、「ペミカンきのこシチュー」を作ります。

材料(3人分)

0506_8
・バター  100g
・しめじ  1パック
・玉ねぎ  1個
・鶏肉   150g

*分量は目安となりますので、作りたい人数分に合わせて変更してください。
バターの量以外は、基本的に一般的なシチューの材料と一緒です。バターでシチューをコーティングすることによって、長期保存できるようになります。今回は、上記の材料で作りますが、他にもお好みの材料を入れていただいて大丈夫。いろいろと試してみてください。
0506_5
バターでコーティングするため、バターの使用量が通常のシチューを作る時よりも大量です。

ちなみに、バターを切る際、包丁をラップでくるんでから切るようにすると、バターが包丁に付かず便利です。
0506_6

作り方

STEP.01 材料を切る
玉ねぎと鶏肉をそれぞれ1㎝角に切っていきます。大きさがバラバラだったり、大きすぎたりすると、バターでくるむ際に包みにくくなるため、サイズを揃え、細かくカットしましょう。
0506_3
0506_4
鶏肉は筋を取っておくと、食べやすくなります。

しめじは手くだけでOK。
0506_7

材料を切り終わったら、次は炒めていきます。
0506_2

STEP.03 材料を炒める
用意したバター100gのうち、5分の1程度をフライパンに入れ、野菜から順に弱火で炒めていきます。
0506_1
0506_19
バターを使用しているため、焦げやすくなっています。焦らずじっくり弱火で炒めてください。

野菜がしんなりして、カサが減ってきたら、鶏肉も加えて一緒に炒めます。鶏肉にもきちんと火を通しましょう。
0506_18

STEP.04 バターでコーティングする
鶏肉に火が通ったら、残りのバターを追加。フライパンの底に押し付けるようにして、熱で溶かしていきます。
0506_17
ここで、バターの分量と具材のバランスを確認します。材料全体にバターが行き渡り、袋詰めする際に材料の隙間がバターで埋められるくらいのバターの量があれば大丈夫です。
0506_16
少ない場合は、バターを追加して調整してください。

STEP.05 保存袋に詰める
炒めた材料を保存するため、二重にした食品保存袋に移します。今回は、ジッパー付きの袋を使用。炒めた具材だけでなく、フライパンに残ったバターも全て移しましょう。
0506_15

STEP.06 袋を密封する
火傷しない程度に少し冷まし、まだ熱いうちに袋の空気をできるだけ抜き、しっかりと口を閉じます。ジッパー付きの袋でない場合は、空気が入り込まないようにきつく縛りましょう。
0506_14
0506_13
あとは冷まして冷凍するだけ。これでペミカンが完成しました!

山に持って行く場合は、さらにビニール袋を重ねたり、キッチンペーパーなどで包んで持っていくのがおすすめです。途中でビニールに穴が開いてしまうと大変悲惨なことになってしまいますので、お気を付けください。

では次に、実際に凍ったペミカンを使ってシチューを作る方法をご紹介。とても簡単ですよ!

ペミカンを使ってつくるシチュー―『保存食ペミカンを作ってみよう』

材料(6皿分)

・シチューの素  約120g
・ペミカン

今回は粉末タイプの素を用意しました。粉末タイプは溶けやすく、量の調節もしやすいのがいいですよね。軽いので山などに持ち運ぶ際も便利です。

作り方

STEP.01 お湯を沸かし、ペミカンを投入
フライパンや鍋にお湯を沸かします。量は出来上がりイメージの半分ほど。少ないようなら後から足せますので大体で大丈夫です。沸騰したらペミカンを入れます。袋がべたべたしていたら、ナイフや包丁で切って入れましょう。一気にボチャンと落としてしまうと、お湯がはねて危険ですのでお玉を使うなど、注意してください。
0506_12
0506_11
お湯に入れると、ペミカンが溶けてきます。

STEP.02 シチューを投入
ペミカンが溶けたら、シチューの素を入れます。バターに塩が含まれているため、いきなり全部入れるのではなく、味を見ながら加えていくようにしてください。よりマイルドな味が好みの場合は、スキムミルクなどをいれて調味しても。もちろん牛乳でもOKです。
0506_10
0506_9
具材は冷凍前に火を通しているため、全体が温まったら完成です。
万が一に備えて『保存食ペミカンを作ってみよう』
あっという間に出来上がり!

自宅の夕食として出しても何ら問題ない味のきのこシチューが出来上がりました。
このペミカンシチューがあれば、非常時の場合、お家にカセットコンロがあれば簡単に温めて、おいしいシチューを食べることが出来ます。
またペミカンは、シチューだけでなくカレーや豚汁なども作ることができます。

今は防災グッズや非常食も様々なものが売り出されていますが、自宅でできる保存食作り、一度試してみてはいかがでしょうか。

記事/DIYer(s)
11693992_1601745466775791_6634669667324752104_n

『こころ豊かな自分らしい暮らしをデザインすること』
『DIYする人のこと』=DIYer達と呼び、DIYマインドを持ったDIYer達=『DIYer(s)』と一緒に「自分らしいおしゃれな暮らし」に挑戦し、楽しむことができるプラットフォームです。
ホームページ
Facebook
Instagram

その他のおすすめ記事

甘酸っぱい美味しさ『好みの柑橘で作る自家製ポン酢』

甘酸っぱい美味しさ『好みの柑橘で作る自家製ポン酢』

香ばしさがたまらない『フレーバーソルト 醤油塩』

香ばしさがたまらない『フレーバーソルト 醤油塩』

コーヒーや紅茶で『ナチュラルタイダイ染めDIY』を楽しもう!

コーヒーや紅茶で『ナチュラルタイダイ染めDIY』を楽しもう!

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』