作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.05.13

洋風にリメイク&アレンジ!『洋風たけのこご飯』

Pocket

春の訪れを感じさせてくれたたけのこのシーズンもそろそろ終盤。
今年は洋風にアレンジしたたけのこご飯を作ってみませんか?
たけのこの煮物でも水煮でもおいしく作れますよ。
洋風たけのこご飯sub1

『洋風たけのこご飯』の材料(約2人分)

材料
・白米または玄米     2合
・たけのこ煮物または水煮 100g(お好みで)
・刻みパセリ       10g

・白ワイン(またはお酒)  大さじ1
・EXVオリーブオイル    大さじ1/2~1
・にんにく        1/4片(1片をスライスしたもの)
・輪切り唐辛子      適宜
・バター         10g(炊飯前と炊飯後、半分ずつ使用)

・水(炊飯用)       2合分
(写真外・基本的にお米と同量ですが、炊飯器の目盛りやお好みの固さに合わせてください)
・洋風だし(またはコンソメ顆粒や野菜だし) 8g~10g
・黒胡椒         少々
・塩           少々

・白だし         大さじ1(写真外・たけのこ水煮の場合使用。煮物使用の場合は不要)
・薄口醤油または白醤油(写真外・味が足りない場合に少量使用)

『洋風たけのこご飯』の作り方

1.パセリはさっと洗い、水気をよく拭いて、葉と茎に分け、茎はみじん切りにしておく。
パセリ

2.たけのこ(煮物または水煮)は食べやすい大きさにカットする。
たけのこ

3. EXVオリーブオイルににんにくスライスと輪切り唐辛子を加え、弱火でじっくり、にんにくがきつね色になるまで焼く。
たけのこ炒め1

4.にんにくがきつね色になったら、中火にし、たけのこを加えて炒める。
煮物の場合は追加の味付け不要、水煮の場合は白だし、お好みで白醤油少々、塩少々など加えて軽く下味をつけておく。さっと炒めたら白ワインまたはお酒を加え、香りづけをする。
たけのこ下味付け
たけのこ炒め2

5.次に、あらかじめ研いでおいたお米、バター(分量の半分)を加え、全体になじむまで炒め合わせる。
たけのこ炒め3

6.炒めたお米とたけのこ、分量分の水、洋風だし、塩少々で味を調え炊飯。
洋風たけのこご飯炊飯1
洋風たけのこご飯炊飯2

7.炊けたら香りづけにバター(分量の残り半分)を加え、パセリの茎、葉を加え、少し蒸らす。
洋風たけのこご飯仕上げ

8. 少し蒸らしたら熱々のうちにさっくり混ぜ、黒胡椒を挽いて完成。お好みで粉チーズをかけても◎
洋風たけのこご飯完成

『洋風たけのこご飯』のアレンジ

おにぎりにして焼き目をつけて焼きおにぎりにしても◎
洋風たけのこご飯アレンジ1

【おさらい】たけのこの下茹でについて

生のたけのこから使用する場合は、はじめに流水で土を洗い落とし、たけのこの皮を2~3枚剥いでから、実の部分を切り落とさないよう、先端1/5程度の部分を斜めに切り落とし、切り落とした部分から下を垂直に浅く切り込みを入れて火が通りやすいように下処理しておきます。

深さのある鍋にたっぷりの水と、あらかじめ下処理しておいたたけのこ、米ぬか(茹で終わってから処分しやすいよう、お茶パックなどに複数個分けて入れて使用)または米のとぎ汁、唐辛子(こちらもお茶パックに入れて使用)を加えて火にかける。吹きこぼれないよう注意しながら、中火から強火で加熱、沸騰したら弱火にし、蓋または落とし蓋をして、鍋肌がぐつぐつする程度でじっくり茹でていく。

ゆで時間は小サイズ1本(300~400g程度)だと約1時間半ほど、中サイズ(500~700g程度)だと約2時間程度、大サイズ(1㎏強)であれば約3時間がゆで時間の目安となります。

圧力鍋を使用した場合、時短で作れますが、米ぬかが目詰まりしやすく、使用不可の場合が多い為、米のとぎ汁で煮るとよいかもしれません。(必ずお手元の取扱説明書などで確認してください)

『洋風たけのこご飯』のポイント・コツ

・たけのこは煮物でも水煮でもお好みで。煮物を使用する場合は追加の味付けは不要です。水煮を使用する場合は軽く下味をつけながら炒めると◎
・洗ったパセリの水気はしっかり拭いてください。
・パセリは色が変わりやすく、炊飯時入れてしまうと苦みが出てくることもありますので、炊飯後の余熱で加えてください。炊飯直後は熱が通りやすいので茎から先に、時間差で葉を加えてください。葉はしゃきしゃきした食感がお好みでしたら、食べる直前に加えても◎
・炊飯の下味はやや濃い目でも、炊きあがりが少し薄く感じることもありますので、お好みで味を足してください。
・バターや黒胡椒は香りが飛びやすいので炊飯後仕上げに加えると◎
(バターは、たけのことお米を炒める時と、仕上げと、2回に分けて加えると◎バターたっぷりめがお好みの方はバターの量を増やしてください。黒胡椒は食べる直前に加えても◎)

レシピ/ochaya3(ochaya_obento)
img_2945-2
ふだんは会社員、ときどきフードコーディネーター。
日々のお弁当や暮らしの一部をInstagramで更新中。

お弁当:https://www.instagram.com/ochaya_obento/

お弁当以外:https://www.instagram.com/ochaya3

その他のおすすめ記事

基本のおかずからアレンジごはんとおかず 『グリンピース編』

グリンピースtop1

香菜でも三つ葉でもお好みで『れんこんとごぼうと豚ひき肉のピリ辛ご飯』

sub1

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.25

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2017.06.23

寒天でつくるヘルシーデザート『グリーンキウイのヨーグルトゼリー』

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

編集部おすすめ記事

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』