知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2017.05.23

新しい見方に出会うかも『暮らし中にある自然体験のススメ』

Pocket

たまに行く山登りもいいけれど、日々の生活の中に、もっと自然と触れる機会を取り入れてみませんか? 最新の研究結果に対する考察から、筆者も実践している、自然と触れ合う頻度を増やす方法までをご紹介します。

都会のストレスと、自然環境の関係-『暮らし中にある自然体験のススメ』

みなさんは、最後に自然の中に身を置いたのはいつでしたか?普段、都心やオフィスの中で仕事をしていると、日常生活の中に自然体験を取り入れることは容易ではないかもしれません。場所によっては、もしかしたら丸一日植物を見ずに家路につくといった人もいるのではないでしょうか?
先日、米国科学アカデミーが発行する機関誌へ投稿されたスタンフォード大学を中心とした研究発表の中に、興味深いものがありました。

鬱病の原因にもなりやすい反芻(はんすう)思考状態(過去の失敗や悔やみを繰り返し引き出し、くよくよ考え込んでしまうような思考状態)に関する調査です。調査は、都市部での生活環境の関係性を把握するために、自然環境の中で90分間散歩してもらった被験者グループと、都市部で90分間散歩してもらった被験者グループを比較して行われました。すると、自然環境の中を90分間散歩したグループは、反芻思考によって活性化する脳の前頭前野の動きが減少したのに対し、都市部で散歩したグループは大して減少しなかったそうです。具体的な数値が載っていないため、どこまで軽減したのか、被験者のサンプル数や状態なども気になるところですが、実際に今の僕自身の周辺環境に当てはめてみても、納得できる結果のように思えます。
0520_2
長野の自宅で仕事をしていて煮詰まったとき、外に出て、庭の丘を上がって散歩したり、生えている草木を見て回ったりするだけで、気持ちが変わることに気づきます。自然環境は絶えず細かな変化があります。草木を見てまわりながら、「先週はこんなに背が高くなかったぞ」とか、「こんなところにこんなの生えてたっけ?」など、小さな変化に対する気付きは、普段の仕事の頭とは別の刺激を与えてくれます。
スタンフォード大学が提示する90分という自然体験は、脳の動きに変化を与えるには十分な時間なのかもしれません。

見て歩くだけでなく、触れてみる-『暮らし中にある自然体験のススメ』

歩き回るだけでも十分効果はあると思いますが、さらにここに、直接自然に触れてみることもぜひ追加してみるのはいかがでしょう。芝生や土に触ってみる。生えている花の葉っぱや木の幹に手を当ててみる。自分の手足で直接触れることによって、より多くの情報と刺激を得ることができます。
新しい見方が見つかるかも『暮らし中にある自然体験のススメ』
また、触れることによって、身体に溜まった静電気が抜けていくアーシングのような効果も得られるのではないでしょうか。少なくとも、PCのキーボードに触れているのとはまったく別の体験ですよね。視覚的情報だけでも十分気分転換にはなりますが、実際に肌での接触を組み合わせることによって、より具体的な体験として記憶に残ることになります。

ブレストを自然の中でやってみる-『暮らし中にある自然体験のススメ』

以前、広告会社で働いていたとき、よくプランナーの先輩たちから、「歩きながらブレストする」話を聞きました。僕も実際に実践していましたが、人間は足に神経が集中しているので、刺激することで脳も活性化され、アイデアが出やすいとのこと。では、会社のチームで自然の中を1時間でもいいからゆっくり歩き、議論するのはどうでしょう?別に遠くの山まで合宿をしに行けと言うわけではありません。近くの公園でもいいので、1時間程度、チームでゆっくり歩きながらブレストやアイデア共有を行う。それくらいでいいのです。0520_4
0520_3
週に1回でも2回でもいい。もしあなたが仕事でストレスを抱えているのであれば、普段の仕事や生活の中に、“自然を見て歩き、触れる”という体験を取り入れてみるのはいかがでしょう。あなたの次の日の仕事に、ちょっとした変化があるかもしれません。

<参照情報>
Nature experience reduces rumination and subgenual prefrontal cortex activation
http://www.pnas.org/content/112/28/8567.short

文/津田 賀央
記事/.HYAKKEI
スライド1
.HYAKKEIは「自然を楽しもう!」をコンセプトに、暮らしと自然を楽しむ自然指向のライフスタイルプラットフォームです。日常の暮らしから休日のアウトドアまで、自然に触れる楽しさをお届けします。
ホームページ

その他のおすすめ記事

自然の中で五感を解放『森に癒される森林セラピー』

自然の中で五感を解放『森に癒される森林セラピー』

山の上の珈琲屋『豆岳珈琲』に気づかされる、暮らし方のヒント

山の上の珈琲屋『豆岳珈琲』に気づかされる、暮らし方のヒント

屋久島で“一足先に娘と暮らす”、『国本さんちの移住のはなし』

屋久島で“一足先に娘と暮らす”、『国本さんちの移住のはなし』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』