得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.05.23

おなかの痛さの原因は冷房?『冷えからくる胃痛のお手当法』

Pocket

私は日本の夏の湿気のある暑さにはとても強く、どんなに気温が高い日でも扇風機さえあれば、日中は冷房をつけなくても大丈夫!!夜寝る時に1時間のタイマーをかけて寝る以外は、家ではクーラーのお世話になることはほとんどないという、節電型の地球にやさしい生活を実践していますが、愛犬モカは天然の毛皮を着ているので暑いのは苦手!!
ですから夏の間は同じく夏が苦手な私の母と一緒に、両親のリビングルームで過ごしているため、日中は別居状態なので少し寂しい思いをしています。

その胃の痛さの原因は「冷え」-『冷えからくる胃痛のお手当法』

そんなエコ生活の私がクーラーの効いた所で長時間過ごすと、途端に痛くなってくるのが「胃」。心的なストレスのための痛みではなく、冷房による冷えが原因の胃痛なのだとわかりました。
冷えが原因とわかったところで昨夜はお手当してみたところ、おかげさまで今朝はすっかり胃の調子がもとに戻り快調!いつも通りに朝の散歩をモカと楽しむことができました。
みなさんの中にも私のように冷房による冷えで、胃が痛くなってしまう方も多いと思いますので、今日はその対策をお知らせしますね。

冷房で胃がいたくなった時の対策法-『冷えからくる胃痛のお手当法』

1.梅しょう番茶を飲む

梅しょう番茶は血液を強化し、消化や循環を正常化させ、疲労や衰弱を解消し、 単糖類(白い砂糖)・果物・果汁、その他の酸性状態を生み出す飲食物の過剰摂取を解消するのにも、役立ちます。
アルコール酔い・貧血・糖尿病・陰性の便秘&下痢・疲労・前頭部の頭痛・ 低血糖症・インフルエンザ・胃が痛いときに、是非お試しください。

【材料】
梅干    1/2~1個
三年番茶  カップ1杯 (いつもより濃い目に)
醤油    小さじ1/2

【作り方】
1.梅干をペースト状にする。
2.コップに梅干ペーストと醤油を入れ、熱い番茶を注ぎ入れる。
3.熱いうちに飲む。
※生姜のしぼり汁を入れると血流がよくなりポカポカと身体が温まります。

2.お風呂に入って体を温める

暑いからといってシャワーで汗を流すだけにすると、余計に体が冷えてしまいますので要注意!!冷房で冷えた身体は芯が氷のような状態になっていますので、お風呂にゆっくり入って体を芯からじっくり温めます。
0523_1

3.食事は抜くか、味噌汁の汁だけにする

胃がいたいときに固形物を召し上がると胃に負担がかかるので、温かい味噌汁の汁だけいただくようにします。味噌汁を作るのが面倒な人は、味噌をお湯に溶かして飲むだけでOKです。

4.腹巻&レッグレッグウォーマーをする

蒸し暑い夜でもお腹と下半身を温めてお休みになると、翌朝には体調が回復し、スッキリと目覚めることができますよ。

5.胃を温める

上記のことを全部やっても痛みが治まらないときには、お灸をします。仰向けに寝て胃のところにお灸をしてしばらくすると、グルグルっと胃が動き出してくるのがわかりますので、熱いと感じるまで続けてみてください。
お灸がない方はお腹に厚めのタオルを当てて、ホカロンを置いて手で押さえておき胃が動き出すまで温めます。ホカロンがない場合は温めたタオルで代用してもOKです。

6.早く寝る

体調が悪いときにはとにかく早寝が一番。胃の痛みが治まったら余計なことは考えずに、とにかく早めにお休みになってくださいね。

私は昨夜8時頃からお手当をはじめて9時半に就寝!!夜中に胃が痛くなったので再びお灸をして、胃を温めてから休んだところおかげさまで今朝は快調。でもまだ無理は禁物なので、朝ごはんは味噌汁だけにして、疲れた胃を休ませようと思います。
体調が悪い時には無理は禁物!ゆっくりやすんで普段頑張っている自分を労わってあげたいものですね。

記事・レシピ/マクロビオティック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

気の巡りを良くして冷えとむくみを改善『女性に嬉しいあずき茶』

気の巡りを良くして冷えとむくみを改善『女性に嬉しいあずき茶』

子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト

子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト

身体の中にじんわり効いていく『優しいお灸のチカラ』

身体の中にじんわり効いていく『優しいお灸のチカラ』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』