作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.06.03

乾物の組み合わせで栄養満点『ひじきりぼし大根』

Pocket

常備菜の定番、ひじき煮と切り干し大根。別々に食べても美味しいけれど、組み合わせてお料理するととってもおいしくて栄養もたっぷり。
切り干し大根の戻し汁も使えば出汁いらず、あっという間に作れるのも嬉しいところ。太陽の恵みを受けた乾物レシピ作ってみましょ。
sub

『ひじきりぼし大根』の材料(約1~2人分)

材料.jpg
・切り干し大根     10g(←戻す前の量・写真はあらかじめぬるま湯で戻したもの)
・切り干し大根の戻し汁 1カップ(戻し汁も煮汁として使用)
・乾燥ひじき      3g(戻す前の量・写真はあらかじめぬるま湯で戻したもの)
・にんじん       15g(写真はあらかじめ千切りしたもの)
・油揚げ        1/2枚((写真はあらかじめ油抜きして短冊切りにしたもの)
・枝豆         15~20g(写真はあらかじめ茹でて薄皮も外したもの)

・みりん  大さじ1
・日本酒  大さじ1
・砂糖   小さじ1/2程度(写真は未精製の砂糖を使用)
・しょうゆ 大さじ1杯半
・食用油  大さじ1弱
・ごま油  数滴(香り付け程度)

『ひじきりぼし大根』の作り方

1.切り干し大根と乾燥ひじきはそれぞれぬるま湯をひたひたになるくらいまでかけて、5~10分弱程度置いて戻しておく。
ちょうどいい食感になったら、キッチンペーパーで水気を切って、切り干し大根は長ければ食べやすい大きさにカットしておく(写真はカット済の切り干し大根を使用)。
ひじきと切り干し大根before
ひじきと切り干し大根after

2.油揚げは熱湯で油抜きし、ざるに取って冷ましておく。粗熱が取れたら、短冊切りにして水気を切っておく。
油揚げ1

油揚げ2

油揚げ3

3.沸騰したお湯に塩少々(材料外)加え、枝豆を茹でる(写真は冷凍茶豆を使用)。
茹で上がったらざるにあげ、粗熱が取れたら実を取り出し、薄皮も外しておく。
枝豆

4.にんじんは皮をむき芯の部分を取り除き、千切りしておく。
にんじんcut

5.鍋に食用油を敷き、にんじんを加えてさっと炒める。次に油揚げ、切り干し大根、ひじきを加えて、油が全体に馴染んだら、切り干し大根の戻し汁(なければだし汁でも◎)を加える。
ぐつぐつしてきたらみりん、日本酒、砂糖の順に加えてさっと混ぜ、最後に醤油を加え全体をよく混ぜる。
にんじん炒め
材料all煮込み

6.味付けし、再度ぐつぐつしてきたら落とし蓋(写真は厚手のキッチンペーパーで代用)をし、煮汁が1/3~1/4程度に減ってくるまで煮ていく。
落とし蓋1

落とし蓋2

7.煮汁が減って味が全体に馴染んだら(もし、味が決まらなければ各調味料を増やすか、ごく少量の塩(分量外)を加えても◎)、落とし蓋を外し、炒め合わせながら水分を飛ばしていく。火を止める直前にあらかじめ薄皮をむいた枝豆を加え、余熱で炒め合わせて、香りづけ程度にごま油数滴を加えて完成。
仕上げ

『ひじきりぼし大根』のアレンジ

あつあつご飯(写真は雑穀米ご飯を使用)に混ぜて、ひじきりぼし大根の混ぜご飯に。仕上げにいりごまをかけると◎ そのままおにぎりにしてもおいしくいただけます。
arrange

『ひじきりぼし大根』のポイント・コツ

・切り干し大根とひじきは戻し過ぎないようにご注意ください。戻し過ぎると食感が悪くなります。
・それぞれの野菜や材料から出た水分は、調理前にキッチンペーパーなどでさっと拭いておくと、水っぽくならず味付けが決まります。(炒め合わせることにより、ある程度水分が飛ぶので、水気は軽く拭く程度でかまいません。)
・調味料は目安です。甘くしたい場合は砂糖やみりんから、辛くしたい場合は日本酒やしょうゆや塩などを、味を薄めたい場合は戻し汁やだし汁や日本酒や水などを少量ずつ加えてみてください。
全体的に味を調え直したい場合は、甘い調味料から辛い調味料の順に(みりん→砂糖→日本酒(または戻し汁やだし汁)→しょうゆ→塩)少量ずつ加えていくと味が決まりやすいかと思います。
・ごま油は香りづけ程度、お好みで。
・いりごまは加える直前に炒ったものを加えるとより香ばしく仕上がります◎

レシピ/ochaya3(ochaya_obento)
img_2945-2
ふだんは会社員、ときどきフードコーディネーター。
日々のお弁当や暮らしの一部をInstagramで更新中。

お弁当:https://www.instagram.com/ochaya_obento/

お弁当以外:https://www.instagram.com/ochaya3

その他のおすすめ記事

切って戻して和えるだけ『蛇腹きゅうりとわかめとカリカリ梅の煎り酒和え』

top31

新じゃが・新玉ねぎを使って『ツナじゃがとスパイスツナじゃが』

ツナじゃがtop1-2

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.07.18

漬ける時間0分!100回揉むだけで簡単に作れる『夏野菜の即席漬け』

2017.07.16

作り置き常備菜シリーズ『冷やし胡麻なす』とアレンジレシピ

2017.07.15

味付けかんたん『えびとアスパラの塩麴炒め』

2017.07.14

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

2017.07.13

~保存食のある暮らし~旬のそら豆を使って『自家製豆板醤』

2017.07.11

フェロモン漂う女性は魅力的『効率よくフェロモンを出すためにしたいコト』

2017.07.10

旬野菜をちょい足し『紫外線に負けないそうめん美容食』

2017.07.09

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2017.07.06

爽やかにデトックス!!ハーブたっぷり『小松菜とキウイのグリーンサラダ』

2017.07.02

あんこのカップケーキ!?簡単和菓子の『浮き島』を作ろう

編集部おすすめ記事

2017.07.16

キンキンに冷やしてどうぞ!『焼きなすの松前漬け』

2017.07.11

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2017.07.09

作り置き常備菜シリーズ『基本のピクルス』とアレンジレシピ

2017.07.08

おつまみや晩酌に『枝豆ペペロンチーノ』

2017.07.07

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームひとり歩きながら聞きたい一曲『UPSIDEDOWN』~

2017.07.02

作り置き常備菜シリーズ『ジューシー鶏ハム』とアレンジレシピ

2017.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2017.06.29

エアクロのある生活『働くママの一日とファッション』

2017.06.29

濃厚なトマトのうまみがぎゅっとつまった『【簡単&本格】金のいぶきトマトリゾット』

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.06.29

エアクロのある生活『働くママの一日とファッション』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』