作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.06.06

食卓の名脇役『3つの食材でおうちで簡単浅漬けレシピ』

Pocket

決して主役にはならないけれど、そして、ピクルスみたいにオシャレ感も期待できないけれど、ご飯や晩酌の時にちょっとあるだけで幸せを感じるのが『浅漬け』。調味料次第で味のバリエーションも広がるし、おうちにある野菜で超簡単にできるんです。
ヘルシー・お手軽・美味しいの三拍子揃っているうえ、「懐かしい和の感じ…」というエッセンスも疲れ気味の身体と心にはありがたい。「ちょっとサラダに飽きたなぁ」という時や「冷蔵庫の中の食材を片付けたい」にもおすすめです。

浅漬けにおすすめの食材と注意点

浅漬けは、基本的に料理で余った野菜や冷蔵庫の中の野菜でOK!
なるべく食感をしっかり楽しめるものが良いので、キュウリ・カブ・キャベツ・セロリ・ナス・白菜などがおすすめです。そして、オクラやトマトといった変わり種の浅漬けもなかなか美味。中には、カボチャやアボカドで浅漬けを作る人も!
味付けは市販の素でもいいのですが、塩昆布・麺つゆ・ガーリックパウダーなど、調味料を変えるだけで自分好みの浅漬けが完成するので、いろいろ試してみたいものです。
3
また、浅漬けを作るにあたって気をつけないといけないのは衛生面!生で食べるものなので、熱湯をかけるなどして、まな板や包丁もしっかりと殺菌しておきしょう。野菜もしっかりと水で洗っておくのが大切です。それから、一度浅漬けをした調味料の使い回しは絶対にNG!冷蔵庫の中に入れていても菌は繁殖するので、一度使ったものは捨てましょう。

オススメ浅漬けレシピ『キュウリのビール漬け』

1

『キュウリのビール漬け』材料

キュウリ     4本
ビール      1缶(350ml)の半分
塩        大さじ1~1.5杯
砂糖       70g

『キュウリのビール漬け』作り方

1.ジップロックに、ビール・塩・砂糖と入れて混ぜておく。
2.キュウリを食べやすい大きさにカットし、1に入れる。
3.一晩冷蔵庫に入れて寝かせたら出来上がり!

『キュウリのビール漬け』を美味しく作るポイント

発泡酒を使うと苦みが強いので、スーパードライ(一番美味しく漬かる)などがおすすめです。
1缶の半分をグビッと飲んで、残りを浅漬けへ。
ピリッとした辛さが好きな人は、1の段階で七味唐辛子を振りかけておくと美味しくなります。
甘めが苦手な人は砂糖を減らすなどの調整を。

オススメ浅漬けレシピ『トマトの浅漬け~オリーブオイルがけ~』

4

『トマトの浅漬け~オリーブオイルがけ~』材料

トマト      2個(大)※ミニトマトなら2パック
白だし      70cc
水        70cc
酢        大さじ1.5杯
はちみつ     小さじ1.5杯
オリーブオイル  大さじ1杯

『トマトの浅漬け~オリーブオイルがけ~』作り方

1.トマトのヘタを取り、皮を剥く(ミニトマトは皮付きでもOK)
2.白だし・水・酢・はちみつをジップロックに入れ、よく混ぜる。
3.そこにトマトを入れて、冷蔵庫で3時間寝かせたら出来上がり!
4.食べる時にオリーブオイルを上からかける。

『トマトの浅漬け~オリーブオイルがけ~』を美味しく作るポイント

トマトのヘタ部分にフォークを刺して直火に当てた後に氷水に漬けると、トマトの皮が簡単に剥けます。
ミニトマトの浅漬けが余ったら、冷凍庫で凍らせてから食べるとシャーベット感覚で楽しめます。

オススメ浅漬けレシピ『ナスの塩昆布浅漬け』

2

『ナスの塩昆布浅漬け』材料

ナス       1本
塩昆布      10g
すりごま     大さじ1杯
ごま油      大さじ1杯

『ナスの塩昆布浅漬け』作り方

1.ナスを食べやすい大きさに切って、ボールに入れる。
2.そこへ、塩昆布・すりごま・ごま油を入れて手で揉むように混ぜると完成!

『ナスの塩昆布浅漬け』を美味しく作るポイント

もし、素麺などの残りでシソやミョウガなどが余っている場合は、千切りにして一緒に和えても美味しいです。
ちりめんじゃこを、ごま油で軽く炒って上にのせてもなかなかイケました♪

いかがでしたか?
おうちにあるもので簡単にできるので、今から冷蔵庫をのぞいてみませんか?
塩昆布をポン酢に変えてみたり、ワサビやカラシでアクセントを付けてみたり。
いろいろ試しているうちに「オリジナル浅漬け」に出会えるはずです。

記事/Me times
Me times
Me timesは、「いつもと違うひとり時間を。」をコンセプトに、女性ひとりでも気軽に楽しめる、アート・デザイン、企画展、ひとりご飯・カフェ、簡単レシピ、映画、本、生活の豆知識・雑学、などさまざまな情報をお届けしています。
Me timesを通じて、いつもと少し違う毎日を過ごすことができれば、そしてあなたの人生がちょっぴり豊かになればいいなと思っています。
ホームページ
Facebook

その他のおすすめ記事

保存食のある暮らし~爽やかな初夏の香りの『セロリとかぶのさっぱり漬け』

保存食のある暮らし~爽やかな初夏の香りの『セロリとかぶのさっぱり漬け』

今が旬!生で食べるのがおすすめ『水茄子の浅漬け』

今が旬!生で食べるのがおすすめ「水茄子の浅漬け」

冬野菜の代表をたっぷりと『白菜をつかった作り置きおかず』

冬野菜の代表をたっぷりと『白菜をつかった作り置きおかず』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.10.13

おしゃれなワイヤレススピーカー『ソニー グラスサウンドスピーカー』担当者に聞く、こだわりと想い

2017.10.11

焼き菓子にも大活躍!『季節の味覚 ドイツの生プルーン Zwetschgenのコト』

2017.10.03

圧力鍋でも炊飯器でもふっくら『美味しい玄米ご飯の炊き方』

2017.10.02

ほっこり優しい味『バターナッツかぼちゃのスープ』

2017.09.30

色を暮らしに活用しよう『都会的であり粋なカラー”銀色”がもつ秘密ゴト』

2017.09.28

~保存食のある暮らし~鮮やかな色出しのコツ『秋みょうがと新生姜の甘酢漬け』

2017.09.26

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2017.09.24

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.09.17

作り置き常備菜シリーズ『お弁当に!しいたけの旨煮』

編集部おすすめ記事

2017.10.17

冷凍パイシートで簡単、お洒落なお店の味!『秋鮭とマッシュポテトのキッシュ』

2017.10.08

思わずにっこり!『プチプチ玄米の栗あんおはぎ』

2017.10.04

地域に根ざす新しい空間『築90年以上の空き家から生まれるシェアオフィスへの想い』

2017.10.03

酸味+辛味で身体の芯からぽっかぽか!舞茸香る『秋の酸辣チゲ鍋』

2017.10.01

【ケノコトInstagram企画】10月の「日常のコト」を『#神無月のコト』で投稿しよう

2017.10.01

都心から約1時間半のドライブ!『きのこ狩りを楽しみに青梅へ行こう』

2017.09.27

ズボラでも使い方を覚えたい!『発酵食品 酒かすマスターになる』

2017.09.26

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2017.09.24

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2017.09.21

地域密着型不動産会社 エヌアセット代表 宮川氏が語る『エヌアセットのこれまでとこれから』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.04.25

組み合わせおかずシリーズ【きゅうり×ハム】作り置き常備菜『きゅうりとハムの中華サラダ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.05.18

缶詰を入れて炊くだけ『旨みたっぷりさばの味噌煮の炊き込みご飯』