得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.06.13

なぜ増えているの? 『若い女性の「子宮がん」と「乳がん」』

Pocket

あなたは婦人科検診を定期的に受けていますか?ライフスタイルが変化した現代では、女性特有のがん、「子宮がん」「乳がん」の発症が若年化しているのだそう。どうして増えてしまっているのでしょうか?詳しく見てみましょう。
定期的な人間ドックなどで診てもらうと安心して過ごせそうですね。

20~30歳代に増えている「子宮頸がん」

近年、女性特有のがんである「子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)」や「乳がん」の若年化が進んでいる。このうち、特に若い女性がかかりやすいのが子宮頸がん。20~30歳代での発症は1980年から2005年までの25年間でおよそ3倍に増えている(※1)。
子宮頸がんの若年層の罹患が増加している理由として、初交年齢の低年齢化が挙げられる。子宮頸がんの原因は性交渉で感染するヒトパピローマウイルス(HPV)のため、性交開始が早いほどHPVに感染する時期も早くなり、若年で発症しやすくなる。HPVは数年を経てがん化するため、定期的にチェックすることでがん化を防ぐことができるが、子宮頸がん検査受診率は20歳代で約20%、30歳代で約40%と低い(※2)。
「自分は大丈夫」と思いがちだが、性行経験のある女性なら誰もがHPVに感染する可能性はある。年齢にかかわらず、性行開始後は定期的にチェックを受けることをお勧めする。
11

ライフスタイルの変化で増えた「乳がん」「子宮体がん」

乳がん・子宮体がんは、これまでは40歳を過ぎたら検査を受けるよう推進されてきたが、30歳代で発症する人が増えてきている(※1)。
乳がん・子宮体がんの若年化が進んでいる理由として、初潮の低年齢化や高齢出産の増加が挙げられる。女性の乳がん・子宮がんの発生には、女性ホルモンのエストロゲンが関係している。エストロゲンの影響を長く受けるほど、がんにかかる可能性は高くなる。エストロゲンは月経期間に多く作られるため、早い初潮や高齢出産で若年時の月経回数が増えたことで、エストロゲンの影響を受ける期間が長くなるのだ。

初潮の低年齢化の背景には食生活の欧米化による動物性脂肪の摂取増加が、高齢出産の増加の背景には女性の社会進出による晩婚化があるとされている。乳がん・子宮がんの若年化には女性のライフスタイルの変化が深く関わっていると言える。ひと昔前に比べて自分のライフスタイルを選択しやすくなった現代では、病気の予防意識をより高めていく必要がある。
子宮がんや乳がんの若年化が進んでいる今、人間ドックでの定期的なチェックを若いうちから開始することが、ライフスタイルに見合った健康管理術と言えそうだ。

※1 財団法人がん研究振興財団「がんの統計’10」
※2 厚生労働省「平成25年国民生活基礎調査」

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

自分のカラダと向きあうコト『乳がんの検査方法と治療法』

自分のカラダと向きあうコト『乳がんの検査方法と治療法』

婦人科検診を受けていますか?『女性ならではの病気ときちんと向き合ってみよう』

婦人科検診を受けていますか?『女性ならではの病気ときちんと向き合ってみよう』

子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト

子宮を元気にして女子力アップ!『黒豆パワー』がもつ秘密ゴト

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.25

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

編集部おすすめ記事

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』