得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.06.13

ほど良く食べて健康に『甘いものとの上手なおつき合い』

Pocket

最近、日本のテレビや雑誌などで話題のダイエット法といえば「グルテンフリー」。今年3月にアメリカ・ロサンゼルスで開催された全米最大の「Natural product Expo West」でも、グルテンフリー商品がたくさん紹介されていたそうです。「グルテンフリー」以外にもアメリカには、「ファットフリー(脂肪分ゼロ)」、「デイリーフリー(乳製品不使用)」といった、特定の成分を除去した商品がありますが、これからブームが起きそうなのが「シュガーフリー」。

シュガーフリーのトレンドは?

アメリカではこれまでは天然甘味料の「ステビア」が選ばれていましたが、アメリカ人が好む甘味ではなかったことから、その人気は徐々に下火になっています。
そして今、俄然注目を浴びているのが「モンクフルーツ」という中国産の甘味料。 日本では昔から「羅漢果(らかんか)」として知られていますが、アメリカではスーパーフードとして人気が高まっているそうなのです。 主成分は「ラカンカ配糖体」で、ブドウ糖、砂糖と比べても400倍もの甘さがあるそうです。
33

どうして人間はスイーツが好きなのか? その理由は、甘い物の主成分である「ブドウ糖」が人間の脳の唯一のエネルギー源で、 私たちには必要不可欠な栄養素だからです。
私たちの身体の組織の中には、わずか3%弱の糖質しかないため、 糖質は食物から摂らなくてはなりません。また、食物による摂取エネルギーの60%程度は、 糖質から摂ることが好ましいといわれています。

頭をフル回転させているということは?

脳でブドウ糖が消費されているといいこと。 ですから血液中にブドウ糖が豊富にあると…

・記憶力の向上
・痛みの緩和
・快感作用
・ストレスを解消
・リラックス効果
といった効能が期待できるのです。

でも「脳の栄養になる」という理由から、 「糖質」をスイーツやお酒で取ると、 頭は動きますが身体が冷えて体調が悪くなってしまいます。
「糖質」は人間にとって素晴らしい栄養素、 でもここでみなさんに考えて欲しいのが、「糖質の質」。
人間にとって一番良質な「糖質」は、 玄米のような全粒穀物です。オーガニック・マクロビオティックで、1日の食事の総重量の50~60%を玄米や雑穀で取ることをオススメしているのは、 質の高い「糖質」を摂取して 脳内環境を最適にするためなのです。
22

スイーツと上手につき合う方法

現代の女性はスイーツの食べ過ぎで、 冷え性や低体温になってしまい免疫力や基礎代謝の低下を引き起こしています。

【スイーツの食べ過ぎで起こる不調】
・肌荒れ
・髪質の悪化や薄毛
・生理不順や生理痛
・肩こり
・腰痛
・頭痛
・気分の落ち込み
・花粉症  などなど…
たくさんの不快な症状を引き起こす可能性がありますので、スイーツとは上手につきあってみてくださいね。

たとえば、
体温の高い昼時に食べる
食後に食べる
この2つをきちんと守るだけで、 症状が少しずつですが改善されますよ!
11
さらには、洋菓子から和菓子へ変えてみたり、白砂糖や卵・乳製品不使用のスイーツに変えると、心と身体の調子がぐんと変わってきますので是非、お試しくださいね。

記事・レシピ/マクロビオティック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

心と身体を整える『ヨガと食養とマクロビオティックのコト』

心と身体を整える『ヨガと食養とマクロビオティックのコト』

天然のサプリメント『ドライフルーツを選ぶ3つのポイント』

天然のサプリメント『ドライフルーツを選ぶ3つのポイント』

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』

甘いものやフルーツは控えめに?『生理不順を解消する2つの方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』