作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

Pocket

お弁当おかずの定番、ちくわの磯辺揚げ。今回はちょっとアレンジして作ってみませんか?衣もポリチャック袋の中で仕上げて絡めるだけ、油も少なめで揚げ焼きにするので、後片付けも簡単。野菜もあらかじめ茹でてから使うので、火が通っているか心配なく仕上げることができますよ。
磯辺焼きsub

『いんげんとおくらの磯辺焼き』の材料(約1~2人分)

材料
・ちくわ  5本
・いんげん 2~3本
・おくら  3本

<A>衣
・小麦粉 大さじ2
・片栗粉 大さじ1
・青のり 大さじ1/2~1
・水   大さじ3
・塩   少々

・油   大さじ2程度

『いんげんとおくらの磯辺焼き』の作り方

1.それぞれの野菜をさっと洗って、いんげんは筋を取り、おくらはヘタとガクを切り取り、塩(分量外)を振って板ずりし、沸騰したお湯でそれぞれ2~3分茹でておく。(いんげん→おくらの順に、同じ鍋で茹でても◎)
それぞれ水に取り、色止めをして、キッチンペーパーなどで水気をよくふき取っておく。
いんげん下処理
おくら下処理
いんげん下茹で
おくら下茹で

2.<A>の衣を作る。最初に小麦粉と片栗粉と青のりと塩をポリチャック袋(またはビニール袋など)に入れ、まんべんなく混ぜる。次に水を少しずつ加え、さっと混ぜる。
衣準備1
19243809_1908317509457405_765136486_o

3.衣を作ったらそのまましばらく置き、その間におくらといんげんをちくわの穴にそれぞれ通しておく。
おくらちくわ下準備

いんげんちくわ下準備

4.あらかじめ作っておいた衣に、それぞれの野菜を穴に通したちくわをポリチャック袋(またはビニール袋)に入れ、チャック(または上部)を閉じて、袋の上からもみながら全体に衣が行き渡るように混ぜていく。
衣準備2

衣準備4

5.深さがあるフライパンに油を熱し、170~180℃になったら(油の温度は鍋の底につかないように菜箸を入れ、出てくる泡の様子で次のように判断してください。160~170度…菜箸の先から細かな泡が出る、180度…菜箸全体からさらにしっかり泡が出る)、あらかじめ衣と和えた野菜入りちくわを揚げ焼きにしていく。
揚げ焼き油

一度にたくさん入れると油の温度が下がりやすいので、2~3本ずつ様子をみながらくっつかないように少し離して入れていくと◎(衣がフライパンにくっつきそうな場合は、少しフライパンを傾けながら両面をひっくり返して揚げ焼きにしてください。(浅いフライパンで傾けて揚げようとすると引火などの原因になり危ない為、深めのフライパンで作ることをおすすめします))
全体がカラッと揚がり、色づいてきたら引き上げる。穴の中に入った衣の生っぽさが気になるようであれば、二度揚げにしても◎
揚げ焼き1

揚げ焼き2

6.食べやすい大きさ、1/2~1/3にカットしたら盛り付けて完成。
磯辺焼きcut1

磯辺焼きcut2

『いんげんとおくらの磯辺焼き』のアレンジ

ちくわに大葉を巻いてから衣を合わせて揚げ焼きにしてもおいしくいただけます。
磯辺焼きarrange

『いんげんとおくらの磯辺焼き』のポイント・コツ

・茹でたそれぞれの野菜はしっかり水気を切ってください(油ハネなどの原因になります)
・油の量は目安です。フライパンの大きさに合わせて加減してください。(深めのフライパンで揚げ焼きすることをおすすめします。)

レシピ/ochaya3(ochaya_obento)
img_2945-2
ふだんは会社員、ときどきフードコーディネーター。
日々のお弁当や暮らしの一部をInstagramで更新中。

お弁当:https://www.instagram.com/ochaya_obento/

お弁当以外:https://www.instagram.com/ochaya3

その他のおすすめ記事

乾物の組み合わせで栄養満点『ひじきりぼし大根』

top-のコピー

基本のおかずからアレンジおかず 『蒸しいんげん編』

いんげんtop2

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.25

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

編集部おすすめ記事

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』