知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

生き方 2017.06.19

和田明日香さんに聞く『子育てと仕事の両立で見えてくる新しい「わたし」』

Pocket

食育インストラクター、雑誌モデル、情報番組のパーソナリティなど多方面で活躍中の和田明日香さん。子育てと仕事の両立の秘訣、そして「はたらく」ことで見えてきた新しい「わたし」とは。

17時になったらママに戻る

私は大学在学中に結婚を決めていました。卒業後は就職したものの、入社1年目に妊娠が判明。やむなく仕事を辞めました。23歳で長女、25歳で長男、27歳で次女を出産。しばらくは育児と家事に専念していました。
専業主婦時代はモヤモヤする日々が続きました。友だちにもなかなか会えないし、夫も仕事で忙しい。外に出る機会もなく、自分が何者でもなくなっていくような感じがして。だからといってやりたいことがあるわけでもないし、何か秀でた一芸があるわけでもない。気持ちばかりが焦っていました。母親でいられることの価値や幸せを見出せるようになったのは、3人目が生まれてからかもしれません。

その後、夫が会社を辞めて独立。私も義母(平野レミさん)の仕事を手伝ううちに、料理アシスタントとしてお仕事をいただく機会が増えました。食育インストラクターの資格を取ってレシピ提案をしたり、モデルのような仕事をさせてもらうようにも。忙しくなってきたので、子ども3人を保育園に入れて「はたらくお母さんになろう」と決断しました。

2Photo : Eisho Kasuga / Hair&Make : Misako Okada(kind)

はたらくようになって、「家族を大事にしなきゃ」という気持ちが芽生えるようになりました。ずっと家にいると「私は家族のためにこんなにやってるのに」とイライラしたりするけれど、一度外に出て家に帰ると「私が戻るチームはここだ!」と新鮮な気持ちになれて。それに気づくことができたのも、仕事を始めたおかげだと思います。
はたらけば子どもと過ごす時間が少なくなるのは当然。だから私は仕事をするうえでのルールを決めています。それは「17時になったら何が何でも保育園に迎えに行くこと。そして夜ごはんは絶対に作って食べさせて、一緒にお風呂に入って寝ること」。どんなに忙しいときでも、その時間だけはママに戻ります。

家族と自分以外の人に何ができるか考えるように

昨年10月からは情報番組『白熱ライブ ビビット』で毎週水曜日にコメンテーターを務めています。以前はニュースを全然見ていなかったけれど、今は移動時間にニュースをチェック。実父はライターという職業柄か物知りなので、私はわからないことがあると電話して「TPPについて5分以内で説明してください」とお願いしてます(笑)。そのときは主婦の代表として「みんながわからないことって何だろう」ということを意識しながら教えてもらっています。

1Photo : Eisho Kasuga / Hair&Make : Misako Okada(kind)

この仕事を通して、世の中に対する意識が変わりました。いろいろな社会問題を知って「自分に何ができるかな」と考えたり、身近な人以外の人に対して興味がわいたり。今まで「自分と家族さえよければ」と思って生きてきた私にとって、それは大きな変化。外に目を向けてみるということに興味を持てている自分、それが一番の大きな成長だと思っています。

オンからオフへの切り替えがこれからの課題!

普段は保育園に送るまでは100%お母さんだけど、一人になって自転車をこいだ瞬間から仕事のスイッチがオン。仕事モードに切り替えます。そして、あっという間にお迎えの時間。「もう17時か!」って(笑)。でも「仕事は17時まで」のルールは自分が決めたこと。それに子どもと離れている間は自分の時間、自分の人生。そう感じながら仕事ができているので、今は十分かなと思っています。
とはいえ、帰宅しても仕事のことが気になって……オンからオフに切り替えるのがむずかしい! それが新しい課題です。

※この記事は『ハレタル』コンセプトマガジン創刊号(2017年1月発行)に掲載された和田明日香さんのインタビューです。

記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

その他のおすすめ記事

アプリで始まる新しい働き方への第一歩『”お母さんの3分”で学ぶプログラミング』

アプリで始まる新しい働き方への第一歩『”お母さんの3分”で学ぶプログラミング』

すき間時間に全国の子どもたちへレッスン『おうちでできる英会話仕事』

すき間時間に全国の子どもたちへレッスン『おうちでできる英会話仕事』

子育てと両立しやすい『早朝勤務を選んでみると』

子育てと両立しやすい『早朝勤務を選んでみると』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.06.25

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2017.06.23

楽しみ方もドイツ流『季節の食材Spargelとの暮らし方』

2017.06.18

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ♪「なす」の常備菜』

2017.06.13

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2017.06.11

作り置き常備菜シリーズ『丸ごと鶏の塩スープ』とアレンジレシピ『シンガポールライス』

2017.06.10

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2017.06.09

今が旬‼︎『しゃきしゃきアスパラガスの温サラダ』

2017.06.07

『梅雨~初夏におうちに連れて帰りたいお花レシピ』~日本の技術で世界をリードするお花“リシアンサス”~

2017.06.05

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

編集部おすすめ記事

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2017.06.24

色を暮らしに活用しよう『大地の色アースカラー”茶色”がもつ秘密ゴト』

2017.06.23

子どもの熱がでたときはこうする『気をつけたいこと・過ごし方』

2017.06.18

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2017.06.17

揚げ焼きでかんたん『いんげんとおくらの磯辺焼き』

2017.06.15

アイスを食べながらお店をぐるり。『Life Space Collection』で映像×音楽×光×インテリアの新しい生活空間を体験しよう

2017.06.12

雑穀入りの作り置きおかず『丸麦入りキャロットラペ』

2017.06.11

旨みと安心をひと匙プラス『ごはんのお供!酢入りきんぴら』

2017.06.07

暮らしをちょっと素敵にするアイデアに出会う場所『Life Space Collection』でアイスを食べてLED電球スピーカーを当てよう!

2017.06.02

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームの初夏のドライブにぴったりの一曲『BGM』~

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.27

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2017.06.07

100人100色ー嫌いだった営業職が天職に。ベンチャー企業でエンジニアのキャリア支援を行う会社員ー鈴木優衣さんのお話し

2017.06.14

100人100色―起業のきっかけは東日本大震災。全国・海外に展開する化粧品メーカー社長ー鈴木礼子さんのお話し

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』