得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.06.20

誰かにうつすと治る?『万病の元「風邪」の正体』

Pocket

真夏のような暑さになったり、雨で濡れたり、この時期に体調を崩してしまうという方多いのではないでしょうか。つい油断すると風邪を引いてしまったり。「風邪は誰かにうつせば治る」なんてことも良く聞きますが、果たして、本当なのでしょうか?

噂は真実か? 迷信か?

昔からよく「風邪はうつすと治る」と言われているが、果たして本当にそうなのか。医学的根拠はあるのだろうか。たしかに自分が風邪をひいた後に、まわりの誰かが風邪をひき、「自分が風邪をうつしてしまったのかも?」と、申し訳なく思うころには、当の本人は回復しているという経験をしたことある人もいるだろう。
しかし、結論をいうと、誰かに風邪をうつすことで自分の風邪が治るという話に、医学的根拠はなく、迷信に過ぎない。ただ、風邪の仕組みを考えると、なぜそのような迷信が生まれたのかがわかる。まずは、風邪とはどういうものなのか、改めて見てみることにしよう。

改めて知る風邪の正体

風邪とは、ウィルスが鼻や喉の粘膜に入り炎症を起こすことで、鼻水や咳、くしゃみがでたり熱がでたりする病気だ。正式名称は「感冒」や「急性上気道炎」と言い、医学的には「風邪症候群」と言われている。身体が冷えたり乾燥していたりすると風邪をひくと思いがちだが、これらのことが原因で風邪の症状がでるのではなく、あくまでもウィルスが身体に入りこまなければ風邪をひくことはない。そこで侵入してきたウィルスと戦うためには、免疫力が必要となる。どのようなウィルスなのかを分析し、攻撃法を講じてやっつけていくと、徐々にウィルスが減り風邪が治るのだ。
1

誰かにうつしたことで治るように思えるからくり

こうして風邪のウィルスは身体の中で死んでいくので、ウィルスの力だけでは、誰かの身体にすみかを移すことなどできない。咳やくしゃみで空気中に出たウィルスを吸い込んでしまうか、または接触によって侵入してしまうかで、別の人の体内に入った少量のウィルスが増殖する。潜伏期間は3~7日なので、ちょうど、先にひいた人が治るころに次の人の症状があらわれることになり、あたかもウィルスを人に押し付けて風邪をうつしたことで、治ったように感じる。この状況から、昔の人が「風邪をうつすと治る」と言ったのが、現在まで伝わってきているようだ。
そのほか、「風邪は万病の元」という昔からの言い伝えがある。単なる風邪だと思って安静にせずに無理をすると、悪化して長引いたり、あるいは、肺炎、髄膜炎(ずいまくえん)や腎盂炎(じんうえん)、中耳炎などの合併症を引き起こしたりすることもある。風邪かなと思ったら、状況の許す限り早めに、しっかり睡眠をとって休むように心がけたい。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

大人こそ要注意!? ある日突然起こるかも『食物アレルギーのコト』

大人こそ要注意!? ある日突然起こるかも『食物アレルギーのコト』

30代に増えている『若年性更年期障害』のコト

30代に増えている『若年性更年期障害』のコト

なぜ増えているの? 『若い女性の「子宮がん」と「乳がん」』

なぜ増えているの? 『若い女性の「子宮がん」と「乳がん」』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』