得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

美容 2017.06.21

優しいメイクでお肌もお休み『大人ニキビを隠すメイク術』

Pocket

突然ですが皆さん、ニキビが出ているお肌は、全くメイクはしない方がいいと思われますか?答えは「NO!」です。もちろん自宅で過ごす時間は、すっぴんでお肌を休ませ、清潔に保つのが1番です。でもニキビが出ている状態で何もメイクをせずに出かけるのは、とても危険です。紫外線を直接浴びてしまうことでニキビ跡のリスクを高めてしまうのです。今回は、ニキビを隠すメイク術をご紹介します。

厚塗りでニキビは隠せない

ニキビをカバーするには、カバー力の高いファンデーションやコンシーラーが必要だと思いませんか?私も以前は、カバー力の高いリキッドファンデーション・コンシーラ・パウダーファンデーションを「これでもか!!」というぐらい重ねてカバーしていました。でもプクッと出来たニキビにファンデーションを重ね塗りすると、付けた時は綺麗でもすぐによれてしまいます。そして崩れ方がとても汚く、ニキビの周りにファンデーションが固まり、ニキビが余計目立つようになってしまいます。そしてメイク直しを繰り返すことでニキビを刺激し、悪化させてしまっていました。
4

勇気はいるけどやってみよう「ノーファンデ」

私は、若い頃からナチュラルメイクが苦手でした。隙間なく塗って作るマットな陶器肌のようなベースメイクが大好きで、普段は、カバー力の高い外資系のファンデーションを好んで使っています。でもお肌の調子が悪くなる生理前後は、ニキビが出てしまうので、思い切ってノーファンデにかえました。ノーファンデのイメージはメイクしないの?すっぴん?肌が綺麗な人じゃないと無理じゃないの?と思っている方が多いのではないでしょうか。いいえ、ファンデーションを使わなくてもニキビをカバーし、綺麗な陶器肌を作ることが出来ます。
3

ノーファンデで肌への負担を軽減

ニキビが出ているお肌をファンデーションやコンシーラーでしっかりカバーすると、やはりお肌には負担が大きいです。そしてニキビの凹凸が原因でメイクが崩れやすくなります。ノーファンデにするとお肌への負担も少なくなり、メイク崩れもしにくくなります!夜洗顔をすると「あれ!お肌が疲れていない」と手で感じるぐらいお肌の状態が変わります。

ニキビをカバー(目立たなく隠す)するメイク道具

私がノーファンデ期間に使っているコスメは、お肌の負担も少なく、全てプチプラ(1000円前後)です。
とてもシンプルで、

・BBクリーム
・ベビーパウダー
・フェイスパウダー

この3つだけです。
BBクリームは作りたいお肌(ナチュラルor マット)に合わせて選んで下さい。BBクリームは、UVカット効果が高く、美容成分も多く含まれ、お肌を保湿してくれる機能があります。刺激が少ないのにカバー力も高く、下地・ファンデーションのかわりに使える万能コスメです。

ニキビをカバー(隠す)するメイク方法

ご紹介したメイク道具を使って、いざ実際のメイク方法を説明したいと思います。
1

メイクを始める前にチェックしたいこと

お肌に負担の少ないメイクにかえても、メイクをする道具が汚れていたら全く効果がありません。焦げたコロッケのように全面茶色くなったパフを使っている方をたまに見かけますが、それは絶対にやめて下さい。パフは1度使った場所は使わない!必ず清潔なものでメイク・お直しをするを徹底して下さい。パフは使い捨てが1番ですが、洗って再度使用する場合は、食器用の中性洗剤で洗うと綺麗に汚れが落ちます。
ブラシを毎日洗うのはさすがに難しいですが、週1回は必ず洗って下さい。シャンプー・リンスを使い、髪の毛と同じようにお手入れをすることで、傷まず綺麗な状態で長く使うことができます。私はこのお手入れで10年前に買ったブラシセットが今でもフワフワで柔らかいまま使えています。

化粧水と乳液で保湿

まず、スキンケア(化粧水・乳液)でしっかり保湿します。しっかり浸透していないと、メイクが浮きやすくなるので、私は、化粧水を付けた後、乳液はコットンにたっぷり含ませて軽くマッサージしながら付けています。(少量だと刺激が強くなるのでたっぷり含ませて下さい。)手でつけると少量つけただけでベタベタになり、浸透するまで時間がかかりますが、コットンでつけるといつもの3倍〜5倍量の乳液がぴったり浸透し、プルプルのお肌になります♪
2

BBクリームを塗る

BBクリームをパフで頬→おでこ→顎→鼻の順に塗っていきます。ニキビなどカバーしたい場所だけ、軽くおさえて重ね塗りして下さい。

ベビーパウダーを塗る

ベビーパウダーはお顔全体にブラシで軽くつけます。粒子の細かいパウダーでお肌をサラッとさせることで、次につけるフェイスパウダーが付きすぎず、ナチュラルに仕上がり、メイク崩れもしにくくなります。※つけすぎると白くなってしまうので気をつけて下さい。

フェイスパウダーを塗る

フェイスパウダーをパフにつけて、頬→おでこ→顎→鼻の順に塗っていきます♪気になる場所だけ少しおさえて重ね塗りをして下さい。カバー力が高いフェイスパウダーなので、全体に重ねて塗るとマットに仕上がり、メイク崩れしやすくなるので、パフにパウダーをつけるのはお顔全体を塗るのに2回位までにして下さい。

化粧水スプレーをふる

ベースメイクが出来たら、化粧水スプレーをお顔全体にふり、ティッシュで軽くおさえて余分な粉を取って完成です。

顔に色味を加える

ベースメイクが完成したら、仕上げにアイメイク・チーク・リップでお顔に必ず色味を加えて下さい。頬のニキビはチークをすることで目立たなくなります。メイクで色味を加えることでニキビから目線をそらす効果があります。

ニキビをカバーするメイクについてご紹介させていただきました。ニキビが出ている間は、ファンデーションをお休みし、刺激の少ないメイクでお肌をやすませてあげて下さいね。

記事/anone
logo_anone-3-300x60
anone(アノネ)は女性の悩みを解消するwebメディアです。こっそり教えて、あなたの悩み。
ホームページ
Facebook

その他のおすすめ記事

焦らず・触らず・着実に『大人ニキビのケア方法』

焦らず・触らず・着実に『大人ニキビのケア方法』

心の持ちようを変えてみる『ニキビに振り回されて疲れてしまった時にしたいコト』

心の持ちようを変えてみる『ニキビに振り回されて疲れてしまった時にしたいコト』

うっかり日焼けした次の日に『紫外線を浴びたお肌のアフターケア』

うっかり日焼けした次の日に『紫外線を浴びたお肌のアフターケア』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.07.22

2つのプチプチ食感!『焼きとうもろこしのもち麦入りバター醬油ご飯』

2017.07.18

漬ける時間0分!100回揉むだけで簡単に作れる『夏野菜の即席漬け』

2017.07.16

作り置き常備菜シリーズ『冷やし胡麻なす』とアレンジレシピ

2017.07.15

味付けかんたん『えびとアスパラの塩麴炒め』

2017.07.14

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

2017.07.13

~保存食のある暮らし~旬のそら豆を使って『自家製豆板醤』

2017.07.11

フェロモン漂う女性は魅力的『効率よくフェロモンを出すためにしたいコト』

2017.07.10

旬野菜をちょい足し『紫外線に負けないそうめん美容食』

2017.07.09

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2017.07.06

爽やかにデトックス!!ハーブたっぷり『小松菜とキウイのグリーンサラダ』

編集部おすすめ記事

2017.07.16

キンキンに冷やしてどうぞ!『焼きなすの松前漬け』

2017.07.11

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2017.07.09

作り置き常備菜シリーズ『基本のピクルス』とアレンジレシピ

2017.07.08

おつまみや晩酌に『枝豆ペペロンチーノ』

2017.07.07

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームひとり歩きながら聞きたい一曲『UPSIDEDOWN』~

2017.07.02

作り置き常備菜シリーズ『ジューシー鶏ハム』とアレンジレシピ

2017.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2017.06.29

エアクロのある生活『働くママの一日とファッション』

2017.06.29

濃厚なトマトのうまみがぎゅっとつまった『【簡単&本格】金のいぶきトマトリゾット』

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.06.29

エアクロのある生活『働くママの一日とファッション』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』