知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

美容・健康 2017.06.22

通院なしでスマホ診察『遠隔医療が叶える時短健康管理』

Pocket

「遠隔医療」と聞くと、医師の少ない土地や外出しづらい高齢の方向けというイメージがありますが、最近では技術の進歩もありアプリで診断できるものもあるのだとか。忙しくて頻繁に病院通いができない、30代・40代こそ取り入れてみてもいいかもしれませんね。

遠隔医療とは?

これまでは、離島やへき地の患者など対面で診察を行うことが難しい場合に、テレビ電話などを使って診察することを遠隔医療と呼んできた。しかし2015年8月、厚生労働省によりこの枠が取り払われ、あらゆる患者へと対象が広がった。また、初診はあくまで対面でという条件があったが、1997年には、遠隔診療を行う前に対面診療をすることが必ずしも必要ではないことも明示されている。つまりは、通院の手間が原因で治療をやめてしまい、病気が重症化しないよう、また医療費削減と医療業務の効率化を図るために遠隔医療が推進されているのだ。通信手段もテレビ電話からスマートフォンなど手軽な機器に変化している。
遠隔医療でできることは、病理診断、画像診断、遠隔相談、在宅医療の4つだ。医師対医師においては病理診断、画像診断、遠隔相談が行われ、医師対患者では、画像診断、遠隔相談、在宅医療が可能である。

厚生労働省の『遠隔医療について』によれば、「病理診断」とは「体組織の画像や顕微鏡の映像を送受信するなどし、遠隔地の医師が、特に手術中にリアルタイムに行う」診断で、専門医から担当医及び手術執刀医間で交わされる。「画像診断」は「X線写真やMRI画像など、放射線科で使用される画像を通信で伝送し、遠隔地の専門医が診断を行う」ことをいい、大学病院から地域病院や地域診療所へ向けて通信され、より高度な診断を受けられるメリットがある。「遠隔相談」は「画像を見ながら遠隔地の医師との症例検討を行うなど、医師等に指導を行う」ことで、在宅患者自身や家族とのコミュニケーションにも使われる。「在宅医療」は患者が「通信端末で測定した生態情報(体温、血圧、脈拍、尿糖値等)」をテレビ電話などで遠隔地の医師に情報として提供し、過疎化した場所や高齢化に応じた診察がされるものをいう。
2

簡単な診察なら、通院せずにスマホですませる時代に!

高血圧やメタボリックシンドロームになり始める40代前後は、仕事で忙しく、頻繁に病院通いはできないのが現実。その結果、通院が続かず治療をやめてしまい、病気が進行することもある。しかし、スマホを使って昼休みにでも簡単に診察が受けられれば、健康管理に大きなメリットがあるだろう。メディア事業などを展開するポート(株)が開発したアプリ「PORTメディカル」では、医療機関を限定しているが、インターネット上で医師の診察が受けられる。血圧が高い、尿酸値が高い、コレステロールが高いなど10のカテゴリーから自分の病状に合うものを選び、診察を受ける。薬は配送され、支払いはクレジットカード払いが可能だ。また東京女子医科大学との提携では、都市部に住む高血圧の患者を対象に、月1回程度ネット上での診察を実施。血圧のデータを医師に定期的に届けるなど、治療する側にとっても有益だという。

遠隔医療のデメリットは?

医療の効率化や通院の負担を減らす一方で、遠隔医療のデメリットはどのようなことが考えられるだろうか。直接診療ではないため触診や微細な部分での判断ができない、患者の病状に変化が起こったときに、医師がそばに居ればできるはずの適切な処置ができない、など。また、個人情報が通信機器を通して漏れてしまう危険性も考えられる。通信障害については、医療機関と患者との間で事前の取り決めをしておく必要がある。
通院の手間がない遠隔医療は、働き盛りの世代にとって大変なメリットになることは間違いない。すべての病院が遠隔医療システムを導入しているわけではなく、身近には感じられていないのが現状だが、自分の病状や環境に照らして、利用を考える価値はあるだろう。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

誰かにうつすと治る?『万病の元「風邪」の正体』

誰かにうつすと治る?『万病の元「風邪」の正体』

30代に増えている『若年性更年期障害』のコト

30代に増えている『若年性更年期障害』のコト

心の健康を改めて考える『企業で義務化されたストレスチェックとは?』

心の健康を改めて考える『企業で義務化されたストレスチェックとは?』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』