作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.06.23

お気に入り道具で作る『甘酸っぱいアメリカンチェリージャム』

Pocket

お弁当の隅にあると嬉しい、フルーツ。中でもアメリカンチェリーに懐かしさを感じる方は、多いのではないでしょうか?濃厚な甘さのアメリカンチェリーをジャムに仕立てると、どんな美味しさに変身するのでしょうか?ちょっと熟れすぎちゃったなんて時にもおすすめですよ。

ーーーーーーーーーーーー
小さい頃から、アメリカンチェリーが好きだった。私の母もアメリカンチェリーが好きで、初夏~夏にかけてスーパーの果物売り場にアメリカンチェリーが並び始めると、おやつによく買ってきてくれた。母がアメリカンチェリーをざるに盛り、ぱくぱくとつまみ食いする姿も、なんとなく覚えている。
アメリカンチェリーには当たりハズレがある。当たりは皮に張りがあり、果肉はしっかりしているのにジューシーでとっても甘い。ハズレのアメリカンチェリーといったらこれとは真逆で、皮はぶよぶよ、熟れ過ぎて甘くも酸っぱくもなく、果肉がどうも水っぽい。口に入れてかじった瞬間、「あ、ハズれた」とわかる。
4

ハズレのアメリカンチェリーをジャムに

買ったものが当たりばかりの時もあるが、大抵ひとパックにいくつかはハズレが入っている。でも見た目にはわからないので、気をつけていても時々ハズレを食べてしまう。そうすると悔しくて、次は甘いのを、最後の一粒は甘いのをといつまでも食べ続けることになり、気づけばざるに盛られたアメリカンチェリーはどんどんなくなってしまうのだった。母は、「お母さん、全然食べていないのよ」といつもあきれていたものだ。そしてそんな食べ方をしてしまうのは、大人になった今も変わらない。
アメリカンチェリーをジャムにしてみようと思ったのは、買った1パックがハズレだらけだった時のこと。安くなっていたアメリカンチェリーを買って帰って食べてみると、なんとこれが熟しすぎたハズレばかり、ということがあった。その時はだましだまし食べ切ったのだが、食べながら「これをジャムにできたら、ハズレでもおいしく食べられるんじゃないか」と思ったのだ。
5

台所しごとを豊かにする道具

同じ頃、ふと入った銀座の松屋で、これを見つけたのだった。「オクソーのチェリーピッター」。台所道具は一つで何役もこなせるものがいい。専用の道具なんて、モノがどんどん増えるだけ。そんなことはよくわかっている。このチェリーピッターはさくらんぼの種抜きとしてしか使えない。種の抜き方を工夫すれば、必要のない道具かもしれない。でも、道具をどうやって便利に使うかは、その人の作る料理やかけられる時間、作業の得意・不得意で、自分で決めていいのだと思う。包丁じゃなくチェリーピッターを使いたいなと思ったら使えばいい。正解なんてない。何より、いいなぁ、欲しいなぁと思って手に入れた道具は、台所しごとを豊かにしてくれる。これってすごく大事なことだ。
……とか何とか言ってまぁ、私の場合、大好きなアメリカンチェリーをジャムにして、最後のハズレの一粒までおいしく食べるため。それだけのために何も考えず買ったのだけれど(笑)
3
オクソーのチェリーピッターは、ホルダーにチェリーをのせて一握りするだけで、パチンという音を立てて、面白いように種が抜ける。ホルダーにはカバーがついているので、種を抜いたときに実がまわりに飛び散らない。カバーは外して洗うことができるので、カバーもホルダーもいつも清潔に保てる。この種抜きが面白いったらない。丸いくぼみにチェリーを乗せ、真ん中の種めがけてまっすぐ、ホチキスを留めるようにパチン、パチンと抜いていく。子どもたちも「やらせてやらせてー」とやってきて、みんなでパチパチと種抜きをする。

『アメリカンチェリージャム』材料

アメリカンチェリー         400~500グラム
グラニュー糖            アメリカンチェリーの半量弱
レモン汁(ポッカレモンでOK)   大さじ2

『アメリカンチェリージャム』作り方

1.アメリカンチェリーを軽く洗って水に浸し、何度か水を変える。
2.1の水気を切って、1粒ずつ拭きながら種を抜く。種抜き器がなければ、ナイフで切り込みを入れ種を抜く。
3.2とグラニュー糖・レモン汁を鍋に入れ、20分程煮込んで出来上がり。
7
「え、こんなにさらっとしているのに?」と思うくらいで火を止めて大丈夫。時間が経つととろみが出てきて、しっかり冷めるとちゃーんとジャムになる。出来上がったジャムは極上の味! 市販のチェリーの瓶詰めを想像するとものすごく甘い味が思い浮かぶかもしれないが、手作りのジャムには果肉がしっかり残っていて、酸味もちゃんとある。本当においしい。
6

お気に入りの食べ方で

トーストにも、ヨーグルトにも。中でも私のお気に入りは、市販の飲むヨーグルトを使って作るアイスバー。これに、たらりとジャムをたらすと、たまらない。ジャムのために買ってきたひとパックのアメリカンチェリーは、当たりも、多分あったハズレも、ぜーんぶおいしく食べ切れてしまう。
2

こうやって自分のやりたい仕事にぴたりとはまった道具は、たとえそれが一つの役目しか果たせなくても、いいなぁ、愛おしいなあと思う。チェリーピッターがあるから、去年も今年も来年も、チェリージャム作りが夏の定番の台所しごとになっていく。道具からはじまる台所しごとも、あっていい。だって、楽しいんだから。それでいいのだ。

文/chas
記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

その他のおすすめ記事

作り置き常備菜シリーズ『マーマレードジャム』とアレンジレシピ

作り置き常備菜シリーズ『マーマレードジャム』とアレンジレシピ

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

編集部おすすめ記事

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』