得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.07.02

歌が上手くなりたい!『上手に歌うための練習法とコツ』

Pocket

職場の飲み会や、結婚式の二次会、三次会などで突然歌う機会がやってきた…なんてことなりませんか?そんな時「もっと上手に歌えたらなあ」と思うことありますよね。今回はおうちでできる、歌が上手くなるための練習法をご紹介です。いざという時のために、準備しておきましょう♩

やっぱり歌が上手くなりたい!

歌が苦手な人は「人前で歌っても恥ずかしくない程度に上手くなりたい」、歌が得意な人は「カラオケで高得点を取るために、もっと上手くなりたい」「さらに難しい曲を歌いこなしたい」と、思うことがあるのではないだろうか。ボイストレーニングを受け、専門的に学ぶと歌唱力がアップするというが、プロを目指すわけでもない限り、なかなかそこまでは踏み切れない。そこで、自宅で手軽にできる上達法を紹介しよう。
1

歌を上手く歌うためにするべきこと

歌が上手い人は、何ができていて、どこが違うのか。ひとつ目に、声量があり、声が聴きとりやすい、ふたつ目に、ピッチと呼ばれる音程が正確、3つ目にリズムがとれている点が挙げられる。これらのポイントを改善するために、簡単な練習法がある。
まず、声量に関して効果的なのが腹式呼吸だ。ヒトは普段、肺に空気を溜めて吐く胸式呼吸をしているが、歌うときはおへその下あたりにある丹田に空気を溜めよう。そうすることで喉を痛めず、また声が共鳴し響くようになる。やり方は簡単。口から息を吐ききってから、鼻からゆっくり息を吸い、再び口から息を吐く。このとき、下腹が膨らむのを意識しよう。ほかにも、息を出し切ってから、ペットボトルをくわえて、ペットボトルが潰れるまで空気を吸う方法もある。あわせて運動後、息が切れた状態で歌う練習をすると、効果的だ。
音程の正確さを養うには、1音ずつ、楽器で正しい音程を出し、同じ高さで声を出すトレーニングがある。1音1音、正確に音程を歌えるようになったら、次に、リズム感を身につけるために、メトロノームなどを使い、リズムを意識して歌う練習をしよう。メトロノームは、スマートフォンのアプリを利用することもできる。さらに自分の歌声を録音して、もとの歌と比べて聴いてみると、どの部分がずれているのかがわかる。

歌を上手く聴かせるコツを知っておこう!

歌を上手に聴かせるために知っておきたいのは、自分の音域だ。カラオケで歌うとき、自身の声が原曲のキーより低い、または高いのに、そのまま無理をして歌っていると、聴き苦しい歌声になってしまう。ただ、キーを変えると、もとの歌が持つイメージが変わってしまったり、音がとりづらくなったりするデメリットもある。
また、マイクの持ち方にも注意が必要だ。マイクのヘッド部分を覆うように持つと、音がこもり音質が悪くなってしまう。あまり口とマイクが離れないように持ち、斜めに持ったり持ち上げたりもせず、声を正面から当てるようにしよう。
「自分は音痴だから」とあきらめるのは、まだ早い。音程がとりづらい人は、歌詞は関係なく「あー」や「んー」という音だけで歌う練習をするのがおすすめ。ゆっくりとした曲ほどリズムをとるのが難しいので、速いテンポの曲を選ぶのもミソだ。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

愛は健康の元『アイシテルの一言で 身体も心も温かに』

愛は健康の元『アイシテルの一言で 身体も心も温かに』

意識して噛もう『噛むことで肥満対策・ 認知症予防・美肌効果』

意識して噛もう『噛むことで肥満対策・ 認知症予防・美肌効果』

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』/a>

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』