得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

美容 2017.07.04

普段の暮らしで意識する『美容師さんに教わるツヤ髪対策』

Pocket

この頃髪がパサパサしてきてツヤ感がなく、キューティクルが剥がれてしまったように感じる日々…。悩んだ結果、美容院に行って相談してみることにしました。すると、美容師さんから「確かにツヤもないし、パサパサしてるね」とキツい一言…。でも対策方法を一緒に教えてくれました。そこで、現在実践中のツヤ出し対策方法をご紹介したいと思います。
4

対策その1・正しいシャンプーとドライを心がける!

まず教えてもらったのが正しいシャンプーの仕方。シャンプーを正すことで健康的な頭皮環境を整えるのだそうです。
方法としては、まずシャンプー前にブラッシングをしておき、汚れを浮かしてから38℃程度のぬるま湯で髪を濡らします。熱湯だと頭皮を守るための皮脂まで落としてしまうためです。(それまで私は42℃でワシャワシャ洗っていました…)
そしてシャンプーをします。ここでポイントは、シャンプーを軽く手になじませて髪で泡立てるのではなく、手でしっかりと泡立ててから髪を洗います。頭皮マッサージをしながら洗っていき、最後はしっかりすすいで完了です。
2
ドライの時はまずタオルドライをしっかり行ってから、ドライヤーに。タオルドライをすることでドライヤーで乾かす時間を短くすることがポイントなんですが、だからと言ってタオルでゴシゴシと強い摩擦を起こすように乾かすのはNG。キューティクルが駄目になるそうです…。
水分をタオルで吸い取っていくようにタオルドライを行います。ドライヤーは強い熱を発しているので頭皮や髪の毛の負担になってしまいます。ドライヤーと髪の毛を20cm以上離し、後頭部、側頭部とつむじ周辺、前髪という順番に乾かしていきましょう。
また、最後の仕上げとして冷風を当てるとツヤが出やすいです。

対策その2・髪に栄養を届ける

髪の毛のツヤ出しはヘアケアだけではなく、食事も大切で、特にビタミン・ミネラル類、たんぱく質は積極的にとった方がいいです。
たんぱく質を食べる時は脂質が多くなりすぎないように気を付けてください。
皮脂が多いと頭皮の環境が悪化してしまうそうです。
3

対策その3・紫外線対策を行う

髪の毛も肌と同じように日焼けします。日焼けするとせっかくのキューティクルも剥がれてしまうので気を付けなくてはなりません。帽子を被ったり日傘を差したりするだけではなく、ヘア用紫外線対策スプレーを利用すると有効な紫外線対策となります。地味に大事なことですね…。
1

現在実践して3ヶ月経過!髪の毛はどうなった?

美容師さんから教わった正しいシャンプーとドライ方法を最初に実践した時、明らかに髪のツヤ感が増していたので驚きました。この方法を続けていき、さらに食事でビタミン・ミネラル類とたんぱく質を積極的に摂取すること、そして紫外線対策を行っていく内に、以前のパサパサだった髪の毛は、ツヤのあるまとまった髪に変化しつつあります。時間がかかる勝負ですね。
少し気を付けるだけで、髪にツヤを取り戻すことができるので、やっぱり専門家の美容師さんに相談してよかったです。今後も対策を続けていき、ツヤツヤ美髪を目指したいと思います!

記事/anone
logo_anone-3-300x60
anone(アノネ)は女性の悩みを解消するwebメディアです。こっそり教えて、あなたの悩み。
ホームページ
Facebook

その他のおすすめ記事

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

バッグにこっそり忍ばせて『美肌をつくるお手がる朝ごはん』

バッグにこっそり忍ばせて『美肌をつくるお手がる朝ごはん』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』