知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

美容・健康 2017.07.06

眠りに悩む人が増加中『不眠症予防に大切なコト』

Pocket

なんだか寝つきがわるい。夜中に何度も目が覚めてしまう。それはもしかしたら「不眠症」になっているのかもしれません。原因は様々、意外な体の症状が関係することもあるのだとか。日常生活で不眠症を予防できる方法をご紹介します。

日常生活や身体の変化に潜む不眠症の原因

日本では不眠症の患者数が年々増加しており、実に日本人の5人に1人が不眠を訴えている。「なかなか寝つけない」「夜中に2回以上目を覚ます」「質の良くない眠りで熟睡できない」「思っていたよりも早く起きてしまう」、このいずれかの状態が週に3回以上起こり、1ヶ月以上続く場合は、不眠症の可能性が高い。
不眠の原因は「急激な環境の変化」「睡眠環境の悪さ」「不規則な生活」「加齢」「更年期のホルモンバランスの変化」だ。ほかには、睡眠時無呼吸症候群や前立腺肥大、うつ病、自律神経失調症などの疾患が不眠症を引き起こす場合がある。

意外な症状が不眠症を引き起こす場合も

生活環境や疾患から不眠症になることが多いが、意外な身体の状態が不眠を引き起こしていることがある。それは「脚のしゃっくり」。正式名は「周期性四肢運動障害」といい、あまり知られていない病気だ。睡眠中に脚がしゃっくりのようにぴくっと動き、多い人では100回以上動いてしまうという。たとえ小さい動きであっても繰り返すことで脳が小さな覚醒を起こし、目が覚めてしまうのだ。寝つきは悪くないため、自覚がないまま不眠になっていることが多い。
1

睡眠薬が効かないタイプの不眠症を治す方法

脚のしゃっくりが原因である場合、睡眠薬を飲んでも効かない。では、どうすればよいのか? 脚のしゃっくりは、体内に鉄分を運ぶ役割をする「フェリチン」の不足により、骨髄が興奮して起こる。脳に鉄が届けられるとドーパミンが増え、脳の働きがよくなり、骨髄の興奮を抑えることができる。よって治療には鉄分の補給が必要だが、効果が現れるのに時間がかかるのが難点。そこで脳の働きを高める「ドーパミン受容体作動薬」という薬を飲めば即効性があり、1日で治る場合もある。

不眠予防に大切なことは?

日常生活でできる予防法は、まず体内時計を整えるべく、毎日同じ時間に起き、朝の光を浴びること。体内時計が整うことで、感情をコントロールする脳内物質が活性化され、寝つきがよくなる。寝る前には、脳を刺激するカフェインやアルコールを摂取しないようにするのはもちろんのこと、脂っこい食べ物も避けたい。夜中まで胃が消化活動を続け、よく眠れなくなるからだ。また、強い香辛料などの刺激物や糖分も神経を高ぶらせてしまうので、食べる時間帯に注意しよう。
入浴は、寝る30分~1時間前に済ませること。熱い湯は避け、40℃前後のぬるめのお湯につかり、さらに軽いストレッチをして心身をリラックスさせた態で床に入ると、心地よい睡眠へと誘われるはずだ。
また、睡眠環境を整えることも大切。部屋は真っ暗か月明かり程度の明るさにし、室温を夏場は26℃前後、冬場は18℃前後にするとよい。枕は、顔の傾斜5度くらいになるものを選ぼう。
睡眠は、心身の健康の源。不眠は免疫力の低下やホルモンバランスの乱れを引き起こし、動脈硬化や高血圧、うつ病、肥満などさまざまな疾患につながる要因だ。「よく眠れない」と思ったら、そのままにせずに診察を受け、正しい治療をするようにしたい。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

一に「リラックス」、二に…『ぐっすり眠るためにすべきコト』

一に「リラックス」、二に…『ぐっすり眠るためにすべきコト』

猫背をなおすには睡眠から変えてみよう『正しい寝姿勢と枕の選び方』

猫背をなおすには睡眠から変えてみよう『正しい寝姿勢と枕の選び方』

人生の約1/3を占める睡眠。しっかり眠るためのコト。

人生の約1/3を占める睡眠。しっかり眠るためのコト。

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.07.22

2つのプチプチ食感!『焼きとうもろこしのもち麦入りバター醬油ご飯』

2017.07.18

漬ける時間0分!100回揉むだけで簡単に作れる『夏野菜の即席漬け』

2017.07.16

作り置き常備菜シリーズ『冷やし胡麻なす』とアレンジレシピ

2017.07.15

味付けかんたん『えびとアスパラの塩麴炒め』

2017.07.14

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

2017.07.13

~保存食のある暮らし~旬のそら豆を使って『自家製豆板醤』

2017.07.11

フェロモン漂う女性は魅力的『効率よくフェロモンを出すためにしたいコト』

2017.07.10

旬野菜をちょい足し『紫外線に負けないそうめん美容食』

2017.07.09

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2017.07.06

爽やかにデトックス!!ハーブたっぷり『小松菜とキウイのグリーンサラダ』

編集部おすすめ記事

2017.07.16

キンキンに冷やしてどうぞ!『焼きなすの松前漬け』

2017.07.11

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2017.07.09

作り置き常備菜シリーズ『基本のピクルス』とアレンジレシピ

2017.07.08

おつまみや晩酌に『枝豆ペペロンチーノ』

2017.07.07

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームひとり歩きながら聞きたい一曲『UPSIDEDOWN』~

2017.07.02

作り置き常備菜シリーズ『ジューシー鶏ハム』とアレンジレシピ

2017.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2017.06.29

エアクロのある生活『働くママの一日とファッション』

2017.06.29

濃厚なトマトのうまみがぎゅっとつまった『【簡単&本格】金のいぶきトマトリゾット』

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.06.29

エアクロのある生活『働くママの一日とファッション』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』