知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2017.07.07

だから長く愛される『ル・クルーゼの人気の秘密』

Pocket

カラフルな色と、ぽってりとしたフォルムが特徴的な「ル・クルーゼ」の鍋。憧れの道具として、人気のある鋳物ホーロー鍋です。私たちを魅了し続ける、「ル・クルーゼ」の鍋の人気の理由はなんでしょう?その秘密に迫りました。

ーーーーーー
「ル・クルーゼ」の鍋に憧れ続けている。料理がおいしくできそうだし、何より色がかわいい。けれど、「1個あたり2~3万円から」という値段が気になって、なかなか購入に踏み切れずにいた。近所の直営店の前を通ると、シーズンごとに新商品が出て、いつもお客さんを惹きつけている。鋳物にエナメル加工を施した鋳物ホーロー鍋は他社ブランドからも多く出ているが、なぜル・クルーゼは売れ続けているのだろう。

フランスの小さな村から

ル・クルーゼは1925年、北フランスの小さな村で誕生したブランド。創業者の2人は「鋳物」と「ホーロー加工」のスペシャリストで、それぞれの分野の技術を発揮しながら、ずっと自社で開発・製造してきた。

3かつての工場内部の様子

「すべての鍋が今もこの村で作られていることは、意外に知られていないのです」と、ル・クルーゼ ジャポンの堀内亜矢子さん。ほかの国で作る方がコストは抑えられるが、90年以上続いてきた技や思いを伝承していくには、この村で作る以外の方法が考えつかないのだという。
ル・クルーゼが日本へ進出したのは91年。カラフルな鋳物ホーロー鍋は目新しく、すぐに話題となった。高品質な鍋としてのイメージが定着し、その後も多くの人にとって憧れのブランドとなっていく。

「カトレア」は日本発

現在、ル・クルーゼは世界70か国以上で展開しているが、日本での販売額はアメリカに次いで世界2位。日本で企画・開発した商品が、海外で人気を呼ぶこともある。
カラーバリエーションの豊富さには秘密があった。フランスの本社にはカラーラボがあり、専門の研究者が日々、色の改良を重ねている。定番の7色に加え、シーズンごとに新色を投入。日本からも年に数回、商品開発担当者が新しい色の開発依頼をする。今年2月から期間限定で発売した「フラワーコレクション」では、ティーポットなどのストーンウェアに日本発の新色「カトレア」が登場した。

1日本発の新色、「カトレア」

カラフルな色に加え、ブラックも人気がある。12年に男性に向けて発売したブラックだが、シンプルを好む女性からも注目されるように。アウトドアブームもあり、屋外で使うニーズも高まっている。

科学的な実証も

創業当時から作り続けている鍋「ココット・ロンド」は一見、変わらない定番商品だが、実は改良に改良が重ねられているという。
昨年8月に発売したシグニチャーモデルは、持ち手を従来品より45%大きく設計し、持ちあげやすいつくりに改良。エナメル加工もより高品質にして、耐久性を高めた。熱伝導や保温性などは従来と変わりないものの、側面は3㎜と極限まで薄いため、重さは直径22cmで重さ3.7kgと「鋳物ホーロー鍋としては軽いほう」(堀内さん)。奇抜なデザインチェンジで惹きつけるのではなく、より使いやすくなるよう、地道なモデルチェンジをしている。

4ル・クルーゼの工場

ル・クルーゼの鍋なら、おいしく料理ができそうだ、とは多くの人がイメージとして持っている。しかし、なぜそうなのか、という明確な理由を知る人は少ないだろう。他社ブランドの鋳物ホーロー鍋と比較されることも多くなり、「デザインや色のバリエーションの豊富さだけでなく、機能や性能面でのメリットを知ってもらいたい」と堀内さんは話す。
たとえばドーム型のフタには、3カ所に蒸気を逃がす「スチームポイント」があるが、そのおかげで食材の雑味を外に逃がし、うまみを閉じ込めているのだという。ル・クルーゼの鍋を使えば、蒸し煮した野菜の甘みが引き出されることを科学的に実証し、15年からは特設サイトでのPRを始めた。

カラフルな鍋×カラフルなカレー

ル・クルーゼの商品は鋳物ホーロー鍋だけでなく、食器や調理道具など多岐にわたる。この7月からは初めて、特定の料理にターゲットを絞った企画を始める。第1弾はカレーだ。「カラフルな鍋で、野菜たっぷりのグリーンカレー、イエローカレーなどカラフルなカレーを作る楽しみを提案したい」(堀内さん)。

2グリーンカレー×グリーンの鍋

昨年は「百年鍋」というコンセプトで、世代を超えて使い続けられる鍋であることを明確に打ち出したル・クルーゼ。長く愛されてきたキッチンウェアブランドによる、美しく機能性に優れた鍋なら、娘にも、孫にも譲っていけるかもしれない―。そう考えれば、決して高い買い物ではない気がした。

文/吉岡 名保恵
記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

その他のおすすめ記事

いつものご飯をさらに美味しく『おひつのある暮らし』

いつものご飯をさらに美味しく『おひつのある暮らし』

使う度にほっと和む、優しい触れ心地『益子焼』の器

使う度にほっと和む、優しい触れ心地『益子焼』の器

いつもの暮らしに彩りを添える『切子グラス』の日用美

いつもの暮らしに彩りを添える『切子グラス』の日用美

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.02.18

二十四節季の暮らし方『雪が雨に変わる「雨水」』春の支度を始めましょう

2018.02.18

うまみ丸ごといただきます『だしがらのふりかけ』

2018.02.16

発達障害ってなぁに?シリーズ その1『誰だって発達障害!?』

2018.02.11

リクエスト開催決定!日常風景こそが宝物ー『ケノコト 親子フォト撮影会』ー

2018.02.11

簡単!おいしい!『ふんわり豆腐チキンナゲット』

2018.02.03

二十四節気の暮らし方『春を迎える日「立春」』この日にすると良いコトがある?

2018.02.01

スーパーフードで冬野菜を楽しむ『ポンカンと酒粕のシーザーサラダ』

2018.01.29

全部言えますか?『料理の基本の調味料「さしすせそ」』

2018.01.24

子どもにおすすめ!栄養おやつ『はちみつキャロット蒸しパン』

2018.01.22

真空保温調理器 シャトルシェフで働くお母さんも家族も笑顔の食卓に

編集部おすすめ記事

2018.02.17

日本の暮らし色『ひし餅の色は桃と雪とよもぎの色』日本独特の和色の感じ方

2018.02.11

バレンタインは手作りお菓子で『編集部おすすめバレンタインスイーツレシピ集』

2018.02.10

旬のボリュームおかず『菜の花の肉巻き 粒マスタードグリル』

2018.02.09

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

2018.02.07

覚えておきたいおやつレシピ『りんごのガトー・インビジブル』

2018.02.05

冬の漬け物にチャレンジ!『大根のしょうゆ味噌漬け』

2018.02.04

編集部がえらんだ『「鯖」のお役立ちおすすめレシピ集』

2018.02.01

地域密着型不動産会社 エヌアセット高津店が2月1日にオープン!新店舗メンバーが語る『エヌアセットらしいお店づくり』とは

2018.02.01

【ケノコトInstagram企画】2月の「日常のコト」を『#如月のコト』で投稿しよう

2018.01.29

エアークローゼットは本当にお得!?『エアクロ月額会員さん × エアクロ未体験さんの本音トーク座談会』

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.09.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「ごぼう」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』