作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.07.10

梅雨は水分の取り過ぎ注意!『身体の冷えには小豆のお茶』

Pocket

おはようございます。オーガニック料理ソムリエ代表のはりまや佳子です。 今年も梅雨明けがいつ?と気になる時期になってきましたが、みなさんいかがお過ごしですか?
梅雨の時期は体の外(空気中)に水分がたくさんあるので、 水分の取りすぎには要注意!!  湿度が高い状況で水を飲みすぎると体内の水分過剰のため、 身体が冷えを感じるようになります。

梅雨の時期から夏にかけて上手に水分をコントロールするには、
・水分の取り過ぎに注意すること
・常温より冷たい物は飲まないようにする
人の体は冷えれば冷えるほど病気になりやすく、 温めれば温めるほど健康になります。
2

冷えは万病の元 特に梅雨は要注意

必要以上の水の取り過ぎは体を冷やすので、 実はとても危険なことなのです。 水分はのどが渇いたら、飲む程度でOK!! よく知られる「水飲み健康法」などは、もともと欧米から来たものなので、肉食をして体温の高い欧米人にはとっても効果的な健康法で、私たち日本人には不向きです。
欧米人ほど動物性食品の摂取量の多くない私たち日本人が、 同じように大量に水分を摂取すると、 腰のあたりにある臓器「腎臓」に負担をかけるため、水分代謝が悪くなり体のなかに水分がたまり、東洋医学でいう「水毒」という状態になります。 腎臓が一日に処理できる量には限界があり、 それを毎日超える量のお水を摂取し続けると、腎臓がオーバーワークで調子が悪くなってしまうというのです。

腎臓の弱りを確認するには、自分の顔の目の周りが黒ずんだり、クマができていたら、 腎臓が悲鳴をあげているという身体のサイン。 それから手がいつも汗ばんでしっとりしている人も、 水分を体のなかにたくさん溜め込んでいますので、 特に気をつけてくださいね。

そんな方にお勧めの飲み物は小豆のお茶。

オーガニック料理ソムリエが教える『小豆のお茶』

『小豆のお茶』効果

腎臓&膀胱の疾患・むくみ・膀胱炎など、弱くなった腎臓と膀胱を強くし、利尿を促す。

『小豆のお茶』材料

昆布    2cm
あずき   200cc
水     400cc

『小豆のお茶』作り方

1.昆布とあずきと水を鍋に入れ、1~4時間浸水した後に昆布を細かく刻む。
2.弱火で約20~30分間煮る。
3.煮汁をこして、熱いうちに飲む。 (残った豆はやわらかくなるまで煮て食べる)

このお茶を飲むとおトイレがとっても近くなるので、外出前は控えたほうが良いですよ♪ 冷え・むくみ・頻尿などにお悩みの方にもとってもおススメです。

食事中の飲み物は控えめに

それから、食事中の水分の摂取は胃液を薄めて弱い体質を作ります。 食事中は良く噛んで唾液をだして、 お茶や水などは飲まないようにしてみてください。
ごはんはよく噛んでから胃へ送るもので、 水分で流し込むものではありません。かまないから、唾液もでない。 唾液がでないから口が渇き、水を飲むという悪循環になりますので、 食事時に水やお茶を飲みながら食べる習慣のある方は、 まず食べる最中に水を飲むのを控えてみましょうね。
水やお茶をたくさん飲んで補給した水分は、 細胞と細胞の間に溜まる「水毒」になってしまいますので、 冷えやむくみ、便秘の原因となります。
人間にとって一番よい水分の補給方法は、 ふっくら炊けた玄米ご飯の水分やお味噌汁などの汁物、 それから野菜の中にタップリ含まれている水分からとることです。 食べ物の細胞の中に含まれている水分から補給することで、 自分の身体の細胞の中に良質な水分を取り込めますよ。
1
うるおいのある美しいお肌を手に入れたい方は、 冷えやむくみ、便秘を解消するためにも、 水分がたっぷりと含まれた料理を召し上がってみてください。
そうすれば、一つ一つの細胞の中にタップリと水分を補給できるので、 プルンプルンのツヤ肌になれますよ!
冷えやむくみ、便秘は肥満の元でもあります!!水分の摂取量に気を付けて、 今年こそ夏までに理想のボディを手に入れて、 ビーチで水着姿を披露してみてくださいね。

記事・レシピ/マクロビオティック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから

ならいごと800
ライタープロフィール
1963年東京生まれ、大田区在住。
武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、10年前からマクロビオティックを実践し始める。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。2012年キレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年本オーガニックライフ協会を設立。
hamariya
『オーガニック大好き!はりまや佳子』ブログ
レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

その他のおすすめ記事

おなかの痛さの原因は冷房?『冷えからくる胃痛のお手当法』

おなかの痛さの原因は冷房?『冷えからくる胃痛のお手当法』

24節気「小暑」の季節は『うなぎと山椒で夏の暑さに備えよう』

24節気「小暑」の季節は『うなぎと山椒で夏の暑さに備えよう』

気の巡りを良くして冷えとむくみを改善『女性に嬉しいあずき茶』

気の巡りを良くして冷えとむくみを改善『女性に嬉しいあずき茶』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.07.22

2つのプチプチ食感!『焼きとうもろこしのもち麦入りバター醬油ご飯』

2017.07.18

漬ける時間0分!100回揉むだけで簡単に作れる『夏野菜の即席漬け』

2017.07.16

作り置き常備菜シリーズ『冷やし胡麻なす』とアレンジレシピ

2017.07.15

味付けかんたん『えびとアスパラの塩麴炒め』

2017.07.14

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

2017.07.13

~保存食のある暮らし~旬のそら豆を使って『自家製豆板醤』

2017.07.11

フェロモン漂う女性は魅力的『効率よくフェロモンを出すためにしたいコト』

2017.07.10

旬野菜をちょい足し『紫外線に負けないそうめん美容食』

2017.07.09

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2017.07.06

爽やかにデトックス!!ハーブたっぷり『小松菜とキウイのグリーンサラダ』

編集部おすすめ記事

2017.07.16

キンキンに冷やしてどうぞ!『焼きなすの松前漬け』

2017.07.11

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2017.07.09

作り置き常備菜シリーズ『基本のピクルス』とアレンジレシピ

2017.07.08

おつまみや晩酌に『枝豆ペペロンチーノ』

2017.07.07

日常の中に音楽を 〜ケミカルボリュームひとり歩きながら聞きたい一曲『UPSIDEDOWN』~

2017.07.02

作り置き常備菜シリーズ『ジューシー鶏ハム』とアレンジレシピ

2017.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2017.06.29

エアクロのある生活『働くママの一日とファッション』

2017.06.29

濃厚なトマトのうまみがぎゅっとつまった『【簡単&本格】金のいぶきトマトリゾット』

2017.06.25

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

月間人気記事

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.06.29

エアクロのある生活『働くママの一日とファッション』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度のつくおきレシピ♪「トマト」の常備菜』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』