作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.07.20

痺れるピリ辛が美味しい!!『口水鶏(よだれ鶏)』

Pocket

暑い日にはピリ辛で野菜たっぷりのお料理が食欲をそそりますね。
今回は基本のしっとり茹で鶏の作り方と、それをアレンジして、本格的な中国四川料理の「口水鶏(よだれ鶏)」をご紹介します。
ゆで汁は鶏の旨味たっぷりのスープストックになります。
にんにく、生姜、唐辛子と花山椒の効いたピリ辛だれがビールにぴったりのおつまみになりますよ。

『口水鶏(よだれ鶏)』の材料(4人前)

鶏むね肉        2枚(約500g)
塩           5g(鶏肉の1%)
水           適量
生姜          スライス3枚
長ねぎ         5cm2本(青い部分)

きゅうり        2本
もやし         1袋
パクチー(香菜)     適量
ピーナッツ(あれば)

[A]ごま油        大さじ5
[A]豆板醤         大さじ2
[A]花椒(ホワジャオ)粒  大さじ1
[A]四川唐辛子      3本

[B]おろしにんにく    大さじ1
[B]おろししょうが    大さじ1
[B]長ねぎみじん切り   1/2本(白い部分)
[B]酢           大さじ5
[B]しょうゆ         大さじ3
[B]砂糖           大さじ2
[B]黒すりごま        大さじ2

『口水鶏(よだれ鶏)』の作り方

1.鶏むね肉に塩をふり、鍋に生姜スライス、長ねぎ(青い部分)と一緒に入れて、水をひたひたになるくらいに入れて中弱火にかける。
IMG_0747_mIMG_0748_m
2.沸騰したら火を止め蓋をして余熱で火が通るまで15分ほどおいておく。
IMG_0752_m
3.温かいうちに肉を取り出し、まな板の上で綿棒で叩く。(繊維が縮まって固くならないようにほぐすため)
叩いたらゆで汁の中に戻して冷めるまでおいておく。
IMG_0758_m
4.フライパンで花椒を空炒りし、ビニール袋に入れて綿棒で叩く。ピーナッツがあればピーナッツも別の袋に入れて叩いて砕いておく。
IMG_9741_mIMG_9742_m
5.生姜とにんにくはすりおろし、長ねぎをみじん切りにする。
IMG_9740_m
6.[A]の材料をフライパンに入れて弱火で加熱し、香りが出たら[B]の材料を加えて火を止める。
IMG_9743_m
7.お湯を沸かし、もやしをさっと茹でて冷ましておく。
耐熱容器に入れてふんわりとラップして600wの電子レンジで1分加熱しても良い。
IMG_9737_m
8.きゅうりはピーラーで縦にスライスし、ずらしながら重ねて半分に丸めてお皿におく。
IMG_9735_m
9.茹で鶏は7mmくらいの斜めスライスにする。
IMG_0760_m
10.きゅうりの横に7.のもやしを盛り付け、上に茹で鶏を乗せ、6.のたれをかけて、ピーナッツを散らし、香菜を盛り付ける。
IMG_9763_m

『口水鶏(よだれ鶏)』のポイント

・茹で鶏を綿棒で叩く作業は省いても良いですが、このひと手間で柔らかくしっとりした茹で鶏になります。
・花椒、豆板醤、唐辛子の量はお好みで加減してください。唐辛子の種は抜いた方が辛味が弱まります。
辛いものが苦手な方やお子さま向けには抜いても美味しく出来上がります。
・酢は黒酢を使うとコクと香りが加わります。
・茹で鶏を保管する場合はゆで汁に浸した状態で冷蔵庫で2日ほど日持ちします。
・豆板醤は自家製のものを使うとさらに美味しく味わい深くなります。
『自家製豆板醤』レシピはこちら↓

IMG_0647_top
鶏むね肉は高たんぱく質、低脂質でしかもお手頃な価格でダイエット中の方や美容に気づかう女性に最適。
賢く毎日の献立に利用したい食材です。
鶏むね肉を利用した鶏ハムレシピはこちら↓

IMG_9053_1

ライタープロフィール

レシピ/栄養士 菊池律
riitsu_kikuchi_1
栄養士、調理師、製菓衛生士、パン職人、雑穀エキスパート。
オーガニックレストランでの調理、パン職人、オーダーメイド菓子職人、料理教室講師を経て栄養士に。
麹を使った発酵食、自家製天然酵母パン教室-講師。
産科クリニックでの勤務経験と自身の子育ての経験を活かして子育てサイトの記事監修等を行う。
現在は病院に栄養士として勤務し、ライフステージに応じた栄養サポートを行っています。
季節に寄り添う保存食のある暮らしの提案、日常のなにげない日々を大切にしています。
Instagram
https://www.instagram.com/kogomir/

その他おすすめ記事

IMG_8516_1

IMG_8612_1~保存食のある暮らし~乾物を使って和えるだけ!!手軽に発酵食『そぼろ納豆』

IMG_8477_

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』