作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2017.07.22

2つのプチプチ食感!『焼きとうもろこしのもち麦入りバター醬油ご飯』

Pocket

いよいよ夏本番、焼きとうもろこしを加えたご飯はいかがですか?もち麦が加わってヘルシー、2つの食感が楽しめますよ。黒胡椒やバター醬油の香ばしい香りも食欲をそそります。

焼きとうもろこしご飯sub1

『焼きとうもろこしのもち麦入りバター醬油ご飯』の材料(約2人分)

材料
・白米             2合
・もち麦            50g
・とうもろこし         3/2本~1本(お好みで)
・とうもろこしのゆで汁(炊飯用) 2合分(基本的にお米と同量ですが、炊飯器の目盛りやお好みの固さに合わせてください)
・塩              小さじ1~3
・粗挽き黒胡椒         少々
・醤油             少々
・バター            10g

『焼きとうもろこしのもち麦入りバター醬油ご飯』の作り方

1.とうもろこしはさっと洗い、ひげの先の茶色い部分を切り落とし(土がついている部分は全て取り除いてください)、土がついた葉の部分をはがす。中の薄皮3~4枚程度ととうもろこしの周りのひげ(土がついていないきれいな部分)は残しておく。(一緒に茹でると風味良く仕上がります) 薄皮とひげの白い部分をつけたまま、とうもろこしを半分に切っておく。
とうもろこし下処理1

とうもろこし下処理2

2.とうもろこしをゆでる。鍋に水を入れ沸騰したら塩(水はとうもろこしがひたひたにかぶるくらいの量、塩は水の量に対し約2パーセントの量)を入れ、あらかじめ洗ってカットしておいたとうもろこし、薄皮、ひげを加える。(とうもろこしと塩は水が沸騰してから加えてください)
ゆで時間は約10~12分程度。ゆで上がってもすぐに引き上げず、ゆで汁ごと10分程度そのまま置いておく。(鍋ごと冷ますうちに粗熱が取れ、塩味がとうもろこしに入るので甘みが増します。) 今回はゆで汁も捨てずに炊飯に利用します。
茹でとうもろこし

3.ゆで上がったとうもろこしの粗熱がと取れたら、とうもろこしを引き上げ、焼いておく。
焼き網または、フライパンにオーブンシートを敷き、バター少々(分量外)を塗り、弱火でじっくり転がしながら焼いていく。(お好みで醤油少々(分量外)を塗っても◎)
焼きとうもろこし1

焼きとうもろこし2

4.とうもろこしに焼き目がついて粗熱が取れたら、包丁で削ぎ切りしておく。(芯も炊飯に利用するのでそのまま捨てずに置いておく。)削ぎ切りしたら、かたまりをほぐしておく。
焼きとうもろこし3

焼きとうもろこし4

5.お米を分量分研いで、研いだらもち麦も加える。(浸水時間はお好みで)
炊飯用の水はとうもろこしのゆで汁を利用し、あらかじめ芯から外してほぐしておいたとうもろこしと、芯を加えて炊飯。(炊飯器で炊く場合はお手持ちの炊飯器の炊飯設定に合わせて炊飯してください。鍋で炊く場合は約10分で沸騰させ→蓋をして蒸し煮15分→火を止めて(蓋をした状態で)10分蒸らしておく。(写真はホーロー加工の鍋(ル・クルーゼ)を使用。ホーロー加工の鍋は焦げやすいので、焦げ過ぎないように沸騰まで時々かき混ぜながら炊飯しても◎ (沸騰から蒸し煮まで蓋を外しても炊飯に影響はありません。沸騰後、蒸し煮の段階に入ったら、火を弱めてじっくり加熱してください。))
焼きとうもろこしご飯炊飯1

焼きとうもろこしご飯炊飯2

焼きとうもろこしご飯炊飯3

5.蒸らしたら、バターを加え、黒胡椒、お好みで醤油を加えて完成。
焼きとうもろこしご飯仕上げ1

焼きとうもろこしご飯仕上げ2

焼きとうもろこしご飯仕上げ3

『焼きとうもろこしのもち麦入りバター醬油ご飯』のアレンジ

焼きとうもろこしおにぎりarrange
おにぎりにしてハケなどでバター醬油を塗って焼きおにぎりにしても◎
焼きとうもろこしおにぎり1

焼きとうもろこしおにぎり2

『焼きとうもろこしのもち麦入りバター醬油ご飯』のポイント・コツ

・とうもろこしの薄皮やひげはきれいな部分のみご使用ください。一緒に茹でることに抵抗があるようでしたら入れなくても◎ 芯はとうもろこしの旨味が出ますので、捨てずにぜひ炊飯にご利用ください。
・とうもろこしはゆで上がってもすぐに引き上げず、鍋に入れたまま冷ましてください。粗熱が取れ、塩の入りも良くなります。
・焼きとうもろこしや焼きおにぎりを作る時にオーブンシートを使用する場合は、フライパンより小さめにカットして使用してください(はみ出したまま使用すると引火などの原因になります)。焼き網で焼くとより香ばしく焼くことができます。
・黒胡椒は香りが飛びやすいので食べる直前に加えても◎

レシピ/ochaya3(ochaya_obento)
img_2945-2
ふだんは会社員、ときどきフードコーディネーター。
日々のお弁当や暮らしの一部をInstagramで更新中。

お弁当:https://www.instagram.com/ochaya_obento/

お弁当以外:https://www.instagram.com/ochaya3

その他のおすすめ記事

味付けかんたん『えびとアスパラの塩麴炒め』

えびとアスパラの塩こうじ炒めtop-のコピー

おつまみや晩酌に『枝豆ペペロンチーノ』

ペペロン枝豆top1-のコピー

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.08.20

作り置き常備菜シリーズ『かぼちゃのスパイスマッシュ』とアレンジレシピ

2017.08.19

ネバネバが栄養の決め手『知って得するオクラの成分と保存方法』

2017.08.17

揚げずにさっぱりおいしい常備菜『なすとおくらのゆで浸し』

2017.08.17

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2017.08.10

おしゃれなワイヤレススピーカー『ソニー グラスサウンドスピーカー』で紡ぐ暮らしの中のリラックス時間

2017.08.09

朝起きるのが楽しくなる!元気に一日を過ごすための『出汁から作るお味噌汁』

2017.08.06

買うよりお手軽!?『簡単王道!間違いない基本のめんつゆ』

2017.08.04

夏野菜たっぷり『タコと夏野菜のエスニックサラダ』

2017.07.30

作り置き常備菜シリーズ『山形だし風薬味ぶっかけ』とアレンジレシピ

2017.07.29

色を暮らしに活用しよう『希有なブラック”黒色”がもつ秘密ゴト』

編集部おすすめ記事

2017.08.14

【映画上映会開催】100年先に伝えたい物語『この世界の片隅に』上映会

2017.08.11

【Instagram企画】至福のビール時間。ビールにまつわるいろんなコト『#麦ノクチ』で投稿しよう

2017.08.11

「オーガニック」を知って、心と体の未来を創る『オーガニック料理ソムリエ資格認定講座』を体験!【前編】

2017.08.06

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2017.08.03

働くママのファッションのお悩み解決!『エアクロのパーソナルスタイリストに教わるコーディネート座談会』

2017.08.01

【ケノコトInstagram企画】8月の「日常のコト」を『#葉月のコト』で投稿しよう

2017.07.31

あっという間にできちゃうおいしい自家製『いちごのシェイク』

2017.07.28

パクチーたっぷり『チキンの冷製パクチージェノベーゼ』

2017.07.26

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

2017.07.24

いつものキャベツにインドの風味を『さっぱりクミンキャベツ』

月間人気記事

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.02

夕食の残り物を活かしたリメイクレシピ『ラタトゥイユ』が2つの料理に大変身

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.02.27

色が悪くならない茹で方『茄子と大葉のごま和え』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.08.10

おしゃれなワイヤレススピーカー『ソニー グラスサウンドスピーカー』で紡ぐ暮らしの中のリラックス時間

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜』