知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2017.07.21

「すきま」を作ると見えてくる『人生を豊かにする整理収納のコト』

Pocket

整理整頓や断捨離。物が少なくなって、部屋がスッキリするのと同時に、気持ちもスッキリしていませんか?そんな心の余裕=”すきま”を作ることが、暮らしだけでなく人生を豊かにしてくれるかも。整理収納の奥深さを感じるお話です。

ーーーーーーーーーーーー
「すきま」は「隙間」だけれど、ここではあえて「透き間」という漢字を使う。
はたらきながら子育てしていると、つい家のことは後回しになってしまう。かつての私もそうだったし、子育てが終わった今でもそう。当然のことながら家が散らかっていく。そして、なぜかモノだけが増える。気がつくと、自宅もオフィスもモノであふれかえって、探し物に時間を費やしていたりする。「こんなんじゃダメ」と何度も思うけれど、ちょっと片付けてもすぐ元に戻る。だから最近、整理収納アドバイザーを学ぶ主婦が多いのもわかる気がする。

整理収納は断捨離じゃない

そして、私のところに、整理収納アドバイサー資格を持った主婦が何人か「講師になりたい」と、講師の勉強に来ている。そんなメンバーのひとりのこの一言が私には刺さった。
「整理収納って『断捨離』じゃないんです。『透き間』を作ることだと私は、思っています。透き間ができたら、新しいものが入って来るんです。透き間ができたら、今まで見えなかったものが見えてくるんです」

5Photo by MARIA

整理収納を学んで実現して「整理収納の良さを伝えたい」と講師を目指すメンバーは、必ずといっていいほどこう言う。

「整理するということは、要らないものと要るものを選択するということで、要るものだけに囲まれた空間は、予想以上に快適です。空間が快適になると、心も元気になるんです」

実際、彼女たちもかつてはモノにあふれ、散らかった家でイライラして子どもに当たったりしたこともあるという。でも、整理収納を学んで、家が片付いたら、心も穏やかになって子育てもうまくいくようになった。
そして、大切なのは「透き間」。新しいものが入る場所ができて、見えなかったものが見えるようになると、大切なものが見えるようになると言う。私は、この「透き間」という言葉がとっても気になった。そこから整理収納に興味を持った。

2Photo by MARIA

人は、たいてい1人3000点ものモノを持っているらしい。これは、コンビニ1軒分。2人だと6000点。そして、だいたい1人1日1個モノが増えるらしい。となると、1年で365個。わが家の場合、夫と2人なので約700個、これが家族4人だと1400個のモノが増えるらしい。ということは10年で……。やっぱりモノがあふれて散らかるはず。数字をつきつけられると、なんだか恐ろしくなる。

1日10個、モノを減らそう

「このままでいいわけがない」。私の心のスイッチが入った。「じゃあ、1日10個、モノを減らすことにチャレンジしてみよう」。それなら1日15分もあればできるんじゃないだろうか。「3年かかってもいいから、快適な空間を手に入れよう」くらいの気持ちでチャレンジしてみよう。心に決めた。
1日10個捨てると決めたら、意外とあるわあるわ。10年以上も前にもらってきたホテルのシャンプーとリンス。賞味期限の切れた調味料。これから先、絶対に使うことはないはず。それどころか、いつ手に入れたのかもわからない海外旅行のお土産のチョコレートなんかも出てきた。
ありがちだけれど、「パジャマになるかも」と、取っておいたTシャツ。「痩せたら着よう」と、思っていたワンピース。「これ思い出の品だから」と、捨てられずに残してきた数々の小物。そして、山ほどの写真や郵便物。「ぜんぶ、持って死ねない」と自分に言い聞かせて処分した。処分して困ったものは今のところ何ひとつない。
1Photo by MARIA

いかに要らないモノと生活していたかということを身に沁みて感じた。10日もすると、少しだけ「透き間」ができてきた。「透き間」ができると、部屋にいるのが、なんだか嬉しくなってきた。「やればできるじゃん」とちょっぴり自信もわいてくる。
そして、部屋でコーヒーを飲んでいてふと思った。「この『透き間』、人生にも必要だよなあ」と。私も心の透き間があったから行動してきた。寂しいから人を好きになる。不安だから勉強した。時間ができたから本を読んだ。そして、それらが自分の人生を豊かなものにしたり、自分を成長させたりした。
3Photo by MARIA

「透き間」があるって、結構大切なことかもしれない。そして、あえて「透き間」を作って「ここを何で埋めよう」「この空間を大切にしよう」と思うことはもっと大切かもしれない。
ちなみに、旅館やホテルの部屋を快適と感じるのは、一部屋に置かれているモノが100点くらいに限られているかららしい。そして人は1000点もあれば充分な生活ができるという。とはいえ、私に1000点の生活はほど遠い。まだまだ道のりは長い。それでも「透き間」をつくる作業を楽しめそうな気がしている。

文/大谷 由里子
記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

その他のおすすめ記事

“助け合い”の気持ちが溶け込む『フィンランドのやさしい暮らし』

“助け合い”の気持ちが溶け込む『フィンランドのやさしい暮らし』

人間だもの『優柔不断でいい。愛すべき人間らしさ』

人間だもの『優柔不断でいい。愛すべき人間らしさ』

容器をそろえて使い勝手も◎『キッチンのスッキリ収納』

容器をそろえて使い勝手も◎『キッチンのスッキリ収納』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』