知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

美容・健康 2017.07.22

若くても油断は禁物『更年期障害の基本のキ』

Pocket

40代、50代、歳を重ねるとほとんどの人が経験する更年期障害の症状。身体がほてったり、イライラしがちだったり、大きな病気ではなくとも、暮らしの中で不便なことも増えてきますね。どうして「更年期障害」は起きるのでしょうか?その原因や気をつけたいことについてのお話です。

更年期障害の基本のキ

加齢と更年期障害は切っても切り離せない関係だ。症状に個人差はあっても、年齢を重ねるうち、ほとんどの人が経験する通過儀礼といっても過言ではない。ただ、対策を講じれば症状が軽くて済むこともあり、更年期にさしかかる前に更年期障害の症状や、予防法、対処法をよく知っておきたい。
更年期とは、年齢45~55歳ごろの、ちょうど生殖機能が低下しはじめるころを指す。この時期に起こってくる更年期障害は、女性の病気だと思われがちだが、男女ともに罹る疾患だ。のぼせ、ほてりなど自律神経系の症状と、イライラ、うつ病などの精神的な症状とが複合して発症する場合が多い。病名が特定できない不調を「不定愁訴」と呼ぶが、更年期障害は、この不定愁訴が日常生活に困難を来すほどのものをいう。

更年期症状が起こるメカニズム、原因とは?

女性の場合は、一般的に閉経を迎える50歳を境に、前後5年で起こるホルモン分泌の低下が、更年期障害のおもな原因だ。もちろん、閉経やホルモンバランスには個人差があるため、なかには30代で更年期障害になる人もいる。
卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンが、30代のピークを経て減少していく。しかし、そこで脳の視床下部にある下垂体が「もっとエストロゲンを出せ」と命令しても、卵巣が衰えているために分泌することができない状態になる。このとき、脳が興奮して自律神経の調節ができなくなることが、さまざまな更年期障害の症状につながるのだ。
また男性の場合も、男性ホルモンのテストステロンの減少が影響している。テストステロンの分泌のピークは20代だが、やはり個人差が大きい。テストステロンが減ると、筋肉量の低下や、メタボ、うつ症状を招く。女性の更年期障害は10年ほどで症状が落ち着くのに対し、閉経というはっきりとした時期がない男性は長引くこともある。
1

更年期障害を予防するために、普段の生活で、気をつけることは?

女性は食生活の乱れや身体を冷やしていると、月経不順や婦人科系疾患、自律神経の乱れから、30代でも更年期障害に悩まされることになる。男女ともに若いからといって油断は禁物。食生活の見直しと、ストレスをためず運動や筋トレ、睡眠時間の確保を第一に考えよう。更年期障害の疑いがある場合には、女性は婦人科を、男性は泌尿器科受診をして、血液ホルモン検査をすることをおすすめする。
また、不定愁訴があらわれたからといって、「更年期だから仕方がない」と自己判断するのは危険だ。甲状腺や循環器などの内科系、脳神経や精神疾患の病気になっていることもあるので、正しい診断を受けてほしい。
またすでに更年期障害に悩まされている人は、不規則な生活や睡眠不足、油ものや甘いものばかり食べて自律神経を乱れさせるのは避けて、この時期を乗り切ってほしい。さらに、ウォーキングや水泳などの有酸素運動を習慣にして、ストレスをためないことも大切だ。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

ポイントは食べ物と漢方『更年期障害を和らげるために実践したいコト』

ポイントは食べ物と漢方『更年期障害を和らげるために実践したいコト』

難しいことゼロ『更年期障害を和らげる生活習慣とは』

難しいことゼロ『更年期障害を和らげる生活習慣とは』

30代に増えている『若年性更年期障害』のコト

30代に増えている『若年性更年期障害』のコト

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.10.13

おしゃれなワイヤレススピーカー『ソニー グラスサウンドスピーカー』担当者に聞く、こだわりと想い

2017.10.11

焼き菓子にも大活躍!『季節の味覚 ドイツの生プルーン Zwetschgenのコト』

2017.10.03

圧力鍋でも炊飯器でもふっくら『美味しい玄米ご飯の炊き方』

2017.10.02

ほっこり優しい味『バターナッツかぼちゃのスープ』

2017.09.30

色を暮らしに活用しよう『都会的であり粋なカラー”銀色”がもつ秘密ゴト』

2017.09.28

~保存食のある暮らし~鮮やかな色出しのコツ『秋みょうがと新生姜の甘酢漬け』

2017.09.26

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2017.09.24

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.09.17

作り置き常備菜シリーズ『お弁当に!しいたけの旨煮』

編集部おすすめ記事

2017.10.08

思わずにっこり!『プチプチ玄米の栗あんおはぎ』

2017.10.04

地域に根ざす新しい空間『築90年以上の空き家から生まれるシェアオフィスへの想い』

2017.10.03

酸味+辛味で身体の芯からぽっかぽか!舞茸香る『秋の酸辣チゲ鍋』

2017.10.01

【ケノコトInstagram企画】10月の「日常のコト」を『#神無月のコト』で投稿しよう

2017.10.01

都心から約1時間半のドライブ!『きのこ狩りを楽しみに青梅へ行こう』

2017.09.27

ズボラでも使い方を覚えたい!『発酵食品 酒かすマスターになる』

2017.09.26

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2017.09.24

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2017.09.21

地域密着型不動産会社 エヌアセット代表 宮川氏が語る『エヌアセットのこれまでとこれから』

2017.09.21

~保存食のある暮らし~旬のいわしでフレッシュな常備菜『いわしのセビーチェ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.04.25

組み合わせおかずシリーズ【きゅうり×ハム】作り置き常備菜『きゅうりとハムの中華サラダ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.05.18

缶詰を入れて炊くだけ『旨みたっぷりさばの味噌煮の炊き込みご飯』