得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.07.25

美肌と健康の味方?『コラーゲンのヒミツごと』

Pocket

美肌に良い成分の代表として化粧品やサプリメントなどによく含まれている、コラーゲン。コラーゲンは美容だけでなく、骨や関節を構成するタンパク質の一種なのだそうですよ。そんなコラーゲンについて、詳しく見てみましょう。

実はタンパク質のひとつ「コラーゲン」

年齢を重ねてもいつまでも若々しく過ごすニーズが高まり、近年、注目を集めているアンチエイジング。美容面、健康面において、加齢による老化現象を限りなく小さくすること、老化速度を緩めることをいい、「抗老化」「抗加齢」と訳される。老化現象を少しでも和らげる効果を求めて、さまざまな成分が研究されているが、今回はなかでも一般に広く知られている「コラーゲン」に注目してみよう。
コラーゲンといえば、多くの美容アイテムに含まれている成分で美肌に欠かせないイメージが定着しているが、皮膚、腱、骨、軟骨などを構成する繊維状のタンパク質の一種だ。アミノ酸を原料として体内で生成され、体内のタンパク質のうち約30%を占めている。うち40%が皮膚に、20%は骨や軟骨に分布している。コラーゲンは年齢とともに、体内の産生力が低下すると言われている。

美肌や関節のためのサプリメント多数。コラーゲンの効果効能

コラーゲンは皮膚や骨、軟骨などに含まれており、コラーゲンの産生力低下が肌のハリ不足や、関節痛を引き起こす。そこに着目したコラーゲンを含むサプリメントや食品が多く販売されている。例えば、機能性表示食品分野では、ひざ関節の柔軟性、可動性をサポートする効果をうたったコラーゲンを含むサプリメントが、消費者庁に20商品以上登録されている(※)。機能性表示食品とは、事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品のことだ。
ただし、コラーゲンを摂取したからといって、そのまま肌や皮膚に届くわけではないことは覚えておきたい。コラーゲンはもともと高分子のタンパク質であり吸収されづらいため、最近では、吸収率に優れている低分子コラーゲンが注目を集めている。だが、摂取したコラーゲンはいずれも、消化の過程でアミノ酸やペプチドなどに分解されたのち、必要に応じて体内で再びコラーゲンへと変わる。そのため、コラーゲンの摂取が美肌や関節への効果が出るかは明らかになっていないことも多い。
11

コラーゲンの摂取量と多く含む食材

コラーゲンの1日の摂取量は決まっておらず、普段の食事からタンパク質を必要な分摂取していれば生成に問題はないとされている。18歳以上の1日のタンパク質推奨量は男性が60g、女性が50gだが、体型によって必要量が変わるため、体重1㎏あたりタンパク質1gの摂取が目安になる。豚足やフカヒレはコラーゲンの多い食品ではあるが、身近な食材でコラーゲンが比較的多いものは、アジ、ヒラメ、ウナギ、アサリ、豚レバーなどで、タンパク質の含有量はいずれも100gあたり約20g、手羽元、手羽先、砂肝は約18gとなっている。
体内でコラーゲン生成をするときにはアミノ酸、ビタミンC、鉄が必要になる。まずはアミノ酸やビタミン類をバランスよく摂るように心がけることが大切だ。コラーゲンをくまなく吸収するには、鶏ガラ、手羽元、魚などを煮込んだ煮汁をスープとして飲んだり、煮汁が冷えて煮こごりになったものを食べたりするのがよい。ちなみに、コラーゲン配合の化粧品は、肌なじみがよいためにある程度の時間は皮膜を作ってくれるのだが、肌の真皮まで入ってコラーゲンを補う、増やすといった作用はないという。
コラーゲンは、まだ効能が明らかにされていないことも多いが、関節炎、骨粗しょう症、眼精疲労、高血圧、薄毛や白髪、アレルギー、認知症予防などの効果が期待され現在も研究が進められている。サプリメントやドリンク類で摂る場合には規定量を守り、コラーゲンの原材料を調べ、アレルギーの有無や安全性を確かめてからにしてほしい。
※消費者庁 機能性表示食品の届出情報(2017年7月時点)

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

鮭の赤さの元は美容にも良い?『アスタキサンチンのヒミツごと』

鮭の赤さの元は美容にも良い?『アスタキサンチンのヒミツごと』

アンチエイジングの味方?『コエンザイムQ10のヒミツごと』

アンチエイジングの味方?『コエンザイムQ10のヒミツごと』

若くても油断は禁物『更年期障害の基本のキ』

若くても油断は禁物『更年期障害の基本のキ』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』