作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

インテリア 2017.07.28

情景を思い浮かべて作る『香りから景色が浮かぶオリジナルのアロマ』

Pocket

癒しと安らぎを与えてくれるアロマテラピー。それぞれの精油をブレンドすることで、さらに奥ゆかしい香りが楽しめますね。そんなアロマブレンドを作る過程は、どんなものなのでしょうか?

ーーーーーーーーーーー
私は、アロマ調香デザイナーとして、これまでに5000種以上もの香りを作り出してきた。オリジナルの香りによって、企業の空間演出やイベントのアロマプロデュースも手掛けている。最近では、アーティストのコンサート会場で香りの演出をするというお仕事もあったし、今年4月には、世界最大の家具見本市であるミラノサローネでもアロマ空間の演出を行ってきた。

アロマの精油には、数百種類もの微量の芳香成分が含まれていて、それらが複雑に絡み合って香りを生み出している。だから1種類の精油だけでも十分複雑なのだけれど、その香りをさらに組み合わせて、さまざまな目的に合わせて新しい香りを作り出す「精油のブレンディング」が、私の得意とするところ。今回は、香りのブレンドについてお伝えしたいと思う。
4
新しい香りを作り出すとき、まず行うのはイメージを膨らませること。そこから、ベースとなる香り(ベースノート)を決める。そして、さらにアクセントをつけたり、スパイスを利かせたりするために、計量して香りを確かめながらいろいろな精油をブレンドしていく。

7月に発表した新ブランド「VOYAGE」は、場所・季節・時間をキーワードに香りをデザインしたブレンドオイル。今回発表した「KYOTO/17:00/early summer」「PARIS/11:00/autumn」「TOKYO/23:00/winter」という3種類の商品の舞台裏からブレンディングの具体的なプロセスをお伝えする。

京都の記憶とともに

私は幼い頃から、京都にある父の生家が大好きだった。祖父母に甘えて過ごした京都の家は私の香りの原点。家の木戸をガラガラと開けた瞬間に広がるお香の香りは、夏の蒸し暑さ、鳩の鳴き声、お坊さんがバイクに乗って通り過ぎていく音など、すべての五感の記憶とともに、私の心に深く刻まれている。

3Photo by Tomoko Saito

そんな京都の思い出をベースに作ったのが「KYOTO」のブレンドオイル。今回は、初夏の京都、雨上がりの夕方、高台寺の裏あたりのしっとり濡れた石畳に、あかりがポツポツと灯り始める情景をイメージした。

ベースとなるのは、白檀ともいわれるサンダルウッド。そこにヒノキ、柚子、和ハッカといった和の香りをブレンド。さわやかなトップノートから、艶を感じるミドルノートへ、最後はお香や木の落ち着く香りに変化する。

トップノート:だいだい、柚子、和ハッカ
ミドルノート:タイムリナロール、ヒノキ
ベースノート:サンダルウッド、ペティバー

遅く起きたパリの朝は

「PARIS」の香りを作るときにイメージしたのは、ゆっくり起きたパリの朝の情景。カフェで焼き立てのパンをほおばりながら、お気に入りの本のページをめくる私がいる。フレッシュジュースを連想させるトップノートから、異国を感じるスパイシーなミドルノートを経て、ワインのような芳醇な香りに変化する。

トップノート:マンダリン、レモン、スペアミント
ミドルノート:カルダモン、パルマローザ
ベースノート:フランキンセンス、ベンゾイン

1新ブランド「VOYAGE」の3種類の香り

ミドルノートに使ったカルダモンは、少しスパイシーな香り。そして、ベースノートに使っているベンゾインはバニラのようなふわっとした甘い香りを持つ。こうした精油をベースに、柑橘系、ミント系のすっきりとした香りをトップに加えることで、香りに深みを出すことができる。

銀座の夜の一人時間

「TOKYO」の香りにはいろいろな着想があったのだけれど、大人の女性らしい上質な香りを作ってみようと思った。ジャズライブを楽しんだ冬の夜、一人で静かに飲みたくてもう一軒と寄った久しぶりの私時間。スマートな印象のトップノートから甘くやわらかな雰囲気に変化する香りだ。女性らしさを表現するためにローズを多めにブレンドしている。

トップノート:レモン、ベルガモット、ユーカリラディアータ
ミドルノート:ローズ、ラベンダー、ゼラニウム
ベースノート:シダーウッド、パチュリ
5
イメージを膨らませるために、時には音楽を聴きながらブレンドしたり、実際に夕暮れの街に出かけて社交の雰囲気を味わったりもする。オリジナルのブレンドオイルを私はこんなふうにして作り出している。

文/齋藤 智子
記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

その他のおすすめ記事

新たな出会いの季節に 自分の香りを見つけて『香りのコミュニケーション』

新たな出会いの季節に 自分の香りを見つけて『香りのコミュニケーション』

心地よさと美と健康『アロマセラピーを身近な暮らしへ』

心地よさと美と健康『アロマセラピーを身近な暮らしへ』

メイク落としから洗濯まで。職人が作る『個性豊かな日用品「マルセイユせっけん」』

メイク落としから洗濯まで。職人が作る『個性豊かな日用品「マルセイユせっけん」』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.10.13

おしゃれなワイヤレススピーカー『ソニー グラスサウンドスピーカー』担当者に聞く、こだわりと想い

2017.10.11

焼き菓子にも大活躍!『季節の味覚 ドイツの生プルーン Zwetschgenのコト』

2017.10.03

圧力鍋でも炊飯器でもふっくら『美味しい玄米ご飯の炊き方』

2017.10.02

ほっこり優しい味『バターナッツかぼちゃのスープ』

2017.09.30

色を暮らしに活用しよう『都会的であり粋なカラー”銀色”がもつ秘密ゴト』

2017.09.28

~保存食のある暮らし~鮮やかな色出しのコツ『秋みょうがと新生姜の甘酢漬け』

2017.09.26

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2017.09.24

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.09.17

作り置き常備菜シリーズ『お弁当に!しいたけの旨煮』

編集部おすすめ記事

2017.10.08

思わずにっこり!『プチプチ玄米の栗あんおはぎ』

2017.10.04

地域に根ざす新しい空間『築90年以上の空き家から生まれるシェアオフィスへの想い』

2017.10.03

酸味+辛味で身体の芯からぽっかぽか!舞茸香る『秋の酸辣チゲ鍋』

2017.10.01

【ケノコトInstagram企画】10月の「日常のコト」を『#神無月のコト』で投稿しよう

2017.10.01

都心から約1時間半のドライブ!『きのこ狩りを楽しみに青梅へ行こう』

2017.09.27

ズボラでも使い方を覚えたい!『発酵食品 酒かすマスターになる』

2017.09.26

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2017.09.24

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2017.09.21

地域密着型不動産会社 エヌアセット代表 宮川氏が語る『エヌアセットのこれまでとこれから』

2017.09.21

~保存食のある暮らし~旬のいわしでフレッシュな常備菜『いわしのセビーチェ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.04.25

組み合わせおかずシリーズ【きゅうり×ハム】作り置き常備菜『きゅうりとハムの中華サラダ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.05.18

缶詰を入れて炊くだけ『旨みたっぷりさばの味噌煮の炊き込みご飯』