知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2017.08.04

夏こそ始めたい『ぬか漬けのある暮らし』

Pocket

独特の風味と塩味が美味しい、ぬか漬け。手軽に挑戦できるけど、毎日混ぜたりマメに管理しないといけなくて、大変そう…なんてイメージありますよね。でも、お世話を続けているうちに、どんどん愛着が湧いていく不思議なお漬物。ぜひこの夏から挑戦してみませんか?

ーーーーーーーーー
ぬか漬けを始めた。「ぬか床は生きているから、マメにお世話しないとカビが生えたりして大変」。そんなイメージがあったから、ずっと手をつけられずにいた。
米ぬかにはビタミンEやギャバ、鉄、マグネシウム、食物繊維といった栄養素が詰まっているらしい。さらに、ぬか漬けを食べると、生きた乳酸菌も摂取することができるのだ。
6

混ぜるのは5日に1度

ぬか漬けが体にいいことは知っていたが、はたらいていると毎日世話をしきれないのではないか、旅行にも行けない……などと心配し、足踏みしていた。でもぬか漬けのよさを知れば知るほど「やりたい」という気持ちは高まるばかり。そんなとき、保管は冷蔵庫で、混ぜるのも5日に1度でいいという、私にぴったりのぬか床があることを知った。「漬けもん屋のぬか床セット」という商品だ。
5
このぬか床は、和歌山県産のコメからとれたぬかを180日間以上漬け込み、植物性乳酸菌によって発酵させたもの。大根や昆布、柿の皮やみかんの皮などすべて国産の成分がうま味となってぬかに溶け込んでいる。初めて野菜を漬け込んだときから、長い間野菜を漬け込んで熟成した味の深みを感じることができるのだ。

「冷蔵庫で保管できる」「毎日混ぜなくていい」という特徴も、ぬか漬け初心者にとってはうれしいところ。まずはやってみようと、冷蔵庫でのぬか漬けを始めたのだった。

夏の朝ごはんにもぴったり

まずは、夏野菜の代表であるキュウリとナスを漬けてみた。
4
何のことはない。軽く塩でもんだ野菜をぬか床の中に埋めるだけ。あとはぬかが野菜をおいしくしてくれるのを待っていればいい。冷蔵庫の中なので常温のぬか床よりちょっと時間はかかるが、管理は格段に楽だと思う。野菜を入れたり、取り出したりするときに軽く混ぜれば大丈夫。
一日漬けたら、ナスもキュウリもしっかりと漬かっていた。

一口食べると、これが何ともおいしい。ぬかにはくさいイメージがあったが、実際は全然くさくない。キュウリもナスも、かむたびにうま味を含んだ水分が口の中にあふれて来て、程よい塩分があとを引く。おいしいのだ。冷蔵庫の中で漬けているからよく冷えているし、食欲の出ない夏の朝ごはんにもぴったりだと思う。
1

いちばんおいしい野菜は…

すっかりぬか漬けが楽しくなってしまった私は、以来、野菜が余るとぬか床に入れ、まめに漬けて食べるようになった。夏野菜の中でいちばんおいしいと思うのは、瓜(ウリ)だ。

瓜は水分が多くすぐに漬かるので、食べきれる分だけを切って漬ける。表面の皮をうすくむき、そのままぬか床に入れる。夏場なら数時間で漬かってしまう。出来上がった瓜のぬか漬けは、歯ごたえがあってとってもみずみずしく、パリパリといくらでも食べられてしまうのだった。
3
ぬか漬けで気を付けなくてはならないのは、水分。毎日のように漬けていると野菜の水分がぬか床にたまってくる。水分が多いと漬かるのに時間がかかるし、味も香りも変わってしまう。こうなったときは「足しぬか」のタイミングだ。

お世話をすればぬか床は育つ

キッチンペーパーで軽くぬか床の水分を取り、そこへ市販の炒りぬかと塩を足し、昆布とにんにくと鷹の爪を入れ替え、常温で2日間。朝と晩に空気を入れるように混ぜたら、おいしいぬか床が復活した。
こうやって何度も手を入れていると、ぬかが元気になってくるのがわかる。「あ、手触りが変わった」「あ、においが変わった」――。こうやって手のかかるこのぬか床を可愛く思えるようになったらこっちのものだ。
2
時間がなければ、まずは出来合いのぬか床でいい。保管するのも冷蔵庫でいい。大変なことを大変なままやろうとするとなかなか一歩が踏み出せないから、できそうなことから軽い気持ちで始めてみることだと思う。

楽しく続けていけば、私もいつか、抜群においしいぬか漬けを作れる名人になるかもしれない。今の私にとって、「ぬかの匂いのするお母さん」は、ちょっとした憧れである。

文/chas
記事/ハレタル
haretal-b
ママ時間からわたし時間へトリップ。
「何かしたい」「新しい自分を見つけたい」「一歩踏み出したい」――。
『ハレタル』はそんなみなさんの「モヤモヤ」に寄り添い、新たな気づきを提供する情報発信メディアです。
ホームページ

その他のおすすめ記事

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

身体に優しく沁みる『自家製レモンのはちみつ漬け』

身体に優しく沁みる『自家製レモンのはちみつ漬け』

夏の暑さを乗り切る相棒『甘酒スムージー』

夏の暑さを乗り切る相棒『甘酒スムージー』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』