知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

女性 2017.08.02

生理が重い人必見!『我慢できない生理中の痛みを和らげる方法』

Pocket

女性である以上、月に1回の生理に悩まされる人は多いですよね。私もそのうちの1人でした。
とりわけ生理痛の時ほど、女性であることを辛く感じていました。もちろん個人差はあると思いますが、生理痛自体は悪いことではないようです。子宮が収縮している証拠なので、正常の証なのです。でもこの痛みというのは女性だけが知りえる痛みですし、辛さを言い表すのは難しいものです。
多くの女性は、生理痛を和らげる方法として鎮痛剤を飲んだり、下腹部を温めたりしていると思います。今回は、私がネットや婦人科の先生に聞き、試した方法を紹介します。

生理が重くても男性にはわかってもらえない

就職してまだ1年目の頃、生理がくるたびに腹痛に悩まされていました。電車通勤をしていたのですが、腹痛で動けず電車を乗りすごしてしまったり、生理中の貧血で立ちくらみをしたり……。
仕事を休みたいと思い、上司に連絡したら「腹痛で休むの?それぐらいで休まれても……」なんてことを言われました。そして無理して出勤すると、冷やかな目線で私を見てくるのです。
生理中となると、イライラもしてしまうし、本当に苦痛で仕方ありませんでした。男性には一生経験することがない生理痛の辛さ。男性に「今生理なんです」なんて軽く言えるわけでもなく、ずっと苦しんできたのです。同じ女性でも生理痛がひどい人と軽い人、中には痛みのない人もいるかと思います。でも私の場合、腹痛と、立って歩けないぐらいの貧血、たまに腰が砕けそうになるくらいの痛みを経験してきました。
子どもを産むために生理は必要なものと分かっていますが、毎月は本当にしんどいものです。生理痛で仕事を休むこともできないし、薬で抑えるしかないと思っていました。
ほとんどの女性も薬を飲んで過ごしていると思います。けれど、できれば薬なしで過ごしたいと思いませんか?なにか改善できるものはないのだろうかといろいろ調べ、試してみました。

生理痛改善に効くツボがあった!!

東洋医学では、ツボを押すことで自然治療力を上げると言われています。人の体には神経がめぐらされていますが、それを伝わって気が流れているんだとか。その気の流れが体のゆがみなどから滞ることがあり、体の不調につながっているのです。ツボと呼ばれる急所を押すことで、その気の流れを正常にし、体の不調を改善する力を自分でつけることができます。
anone
ツボを押す時は、あまり痛く押さないことが重要!痛い方が効いている気がするものの、返って悪くなることも。気持ちいいと思えるくらいの強さからスタートしましょう。

足のツボ

足には生理痛に効くツボがたくさんあります。特に冷え症の人が生理痛になりやすいことから、冷えのツボも中には入っています。生理中だけではなく、普段からツボを押して改善していきましょう。
●足の膝の内側に抑えると痛いところがあります。だいたい、膝から指3本分くらい上にいったところになります。
●膝裏の指4本分くらい下のツボ。ここの急所は、痛い人も多いはずです。
●くるぶしの上の指4本くらいの所。
●くるぶしのすぐ下の所。

お腹のツボ

●おへそのすぐ下をおさえてみてください。痛みがあると思います。このツボはゆっくりマッサージするように優しく押えるようにしてください。
●おへそから指4本分の所。
●2つ目の位置からさらに指3本分くらい左右の所。
2つ目、3つ目のツボ。生理痛のひどい人は硬くなっていると思います。柔らかくなった頃に、状態がよくなるのを感じることができると思います。

腰のツボ

背骨から指3本分くらい左右にあります。普段から押すことで改善されますが、生理痛がひどい時に押すと軽くなることもありました。このツボの部分をカイロで暖めても効果があります。

食生活の乱れは、体の乱れ!食生活の影響は大!!

食生活が乱れるとすぐ体に影響がでます。生理痛だけではなく、どこかしら不調を来すことも。過食しすぎて内臓に疲労がたまっていくと、もちろん子宮にもいい影響はありません。血流が悪くなるし、ホルモンのバランスはよくないし、太っていけば新陳代謝も悪くなるばかり。食生活を見直すだけでかなりの不調は防げると思います。
anone2

生理痛にいいと言われる食べ物

豆製品や穀物などは積極的にとるようにしましょう。意識して食べることで、生理痛を改善できる可能性があります。特に大豆イソフラボンを摂取すると、生理痛に効果があるのがわかっているのでお勧めです。
小豆なども適度にとるようにすると良いでしょう。しかし食べ過ぎると、気分が悪くなることがあります。あくまでも適度に!!さらに根菜を多くとると生理痛が緩和されました。根菜には体を暖める効果があります。私は煮物にして食べていましたが、冷え症も改善され、効果は大きく実感できました。冷え症が原因で生理痛になっている方は、ショウガをつかった料理もお勧めです。

生理痛を怖がらないで!

生理痛がひどい人は、生理前にも痛みがくる恐怖から、体調不良になる方もいるかと思います。とにかくリラックスできる環境を自分で作り、傷みを緩和できるように生活習慣を改善していきましょう。だんだん薬に頼らなくても痛みのない生活ができるようになります。ぜひ試してみてください。
記事/anone
logo_anone-3-300x60
anone(アノネ)は女性の悩みを解消するwebメディアです。こっそり教えて、あなたの悩み。
ホームページ
Facebook

その他のおすすめ記事

原因を知ってしっかり改善『生理周期を整えるためにできるコト』

原因を知ってしっかり改善『生理周期を整えるためにできるコト』

ストレスの原因と対策『生理不順にならないためにしておきたいコト』

ストレスの原因と対策『生理不順にならないためにしておきたいコト』

長引く生理も諦めないで『生理のために変えてみたコト』

長引く生理も諦めないで『生理のために変えてみたコト』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』