知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

新しいコト 2017.08.04

アムールの国の住人に習う『フランス流の恋愛習慣』

Pocket

突然ですが、みなさん。最近「恋」してますか?
忙しくて恋愛してる暇なんてない。ていうか出会いなんてない!彼氏いなくても毎日充実してる!愛しいペットと毎日一緒だから彼氏いなくても寂しくない!
わかります。
でもやっぱり、好きな人が近くにいてくれたら、それはそれで素敵ですよね?
ということで今回は、アムール(恋愛)大国の住人・フランス人に習う、恋愛に関する素敵習慣をご紹介します♪きっと、これを読んだらあなたも恋をしたくなる…はず!

出会いと別れに必ず、Bise(ビズ)を

5

ちょっとハードルが高い!?最初と最後にBise(ビズ)で愛情表現♪

フランス人は恋人と待ち合わせをして最初に顔をあわせたとき、そして別れるときにお互いのほっぺに軽くキス(Bise/ビズ)をする習慣があります。
これは同姓の友人同士でも行う親愛を示す挨拶。恋人同士ではもちろん普通にキスする場合もあるし、鼻をこすって愛情表現することもあるんですよ♪
電話の最後にビズ!といって切るのも、とってもキュート。面と向かっては恥ずかしいかもしれませんが、相手に直接好意を伝える習慣は見習いたいですね♪

これは嬉しい!徹底的にレディーファーストなムッシュたち

4

フランス人のムッシュたちは自然なふるまいの中に、女性へのやさしさがあふれています♪

フランス人のムッシュたち。DNAレベルでレディファーストが身についています。
狭い道では、レディーに道をゆずり、階段で降りるときは自分が前。登るときは自分が後ろ。何かあったときに君を守るため。だそうです。
さらには重い荷物を持っている女の子をみたらすっと助けてくれる。恋愛に限ったことではないかもしれないですが、女性をしっかりエスコートし、守ってくれるフランスのムッシュたち。ラテン系のイメージばかり先行しがちですが、その立ち居振る舞いは本当に紳士的。
しかもおじいちゃんからやんちゃ系のお兄さんまでが徹底してレディーファーストなので、油断してると惚れてしまいます。ひとり男子のみなさんに実践していただきたい習慣ですね♪

どんなに忙しくても、二人のための時間をつくる!

1

愛が生まれては散ってゆく。フレンチガールが教えてくれた大切なこと

実はアムールの国フランスでは一日約360件もの離婚申請が行われているんだとか。毎日たくさんの愛が生まれては散ってゆく。
これも“C ‘est la vie (人生なんてそんなもんさ)”ということなんでしょうか。とはいえ、やっぱり恋人や夫婦の関係はなるべくなら長く続けたいですよね。
そのために、友人のフレンチガールが実践していることを教えてくれました。それは、「どんなに忙しくても二人の時間をつくるようにする」「自分と相手に対して正直でいること、そしてコミュニケーションをとること」なんだそう。
簡単なことのようで実はなかなか難しい、自分と相手に誠実であること。見習いたいポイントですね♪

相手を呼ぶときは、愛を込めて。「ma chérie(マシェリ)」

恋人同士がお互いを呼び合うとき、日本でもカップルがお互いを特別なあだ名をつけて呼び合うことがありますよね。フランスでも似たような習慣があるんです。
「自分の」という意味を持つ、“mon(モン)”、“ma(マ)”という所形容詞に、「愛しい」という意味の形容詞“chéri (シェリ) ”を付けて、女性に対してはマシェリ、男性に対してはモンシェリと呼びかけます。
ここでポイントなのは所有形容詞のあとに続く言葉はなんでも良いということ♪カップルによっては「私のかわいい蚤ちゃん」なんて呼び合ってることもあるんだとか!(蚤は嫌ですが…笑)響きは可愛いですよね♪
2

生涯現役!?アムールが熟成された老夫婦

セーヌ川のほとりを、手をつないでゆっくり散歩する老夫婦。
最後に、ああ、こんな人生送れたら素敵だな…と思う習慣をご紹介。それは、生涯現役で恋愛を楽しむこと!さすがアムール大国。70代、80代と思われるご夫婦が、セーヌのほとりを手をつないでゆっくり散歩しているではありませんか!
長い年月を連れ添ったカップルかもしれないですし、別れを繰り返して巡り合った二人かもしれません。それでも、年をとってもこんな風に手をつないで散歩できる相手がいるって、すごく素敵で幸せな瞬間だなと、はたから眺めて思うのです。
3
いかがでしたか?アムール大国ならではの習慣や文化、日本人には少し気恥ずかしいものが多いですが、勇気をだして取り入れてみてもいいかもしれませんね♪

記事/Me times
Me times
Me timesは、「いつもと違うひとり時間を。」をコンセプトに、女性ひとりでも気軽に楽しめる、アート・デザイン、企画展、ひとりご飯・カフェ、簡単レシピ、映画、本、生活の豆知識・雑学、などさまざまな情報をお届けしています。
Me timesを通じて、いつもと少し違う毎日を過ごすことができれば、そしてあなたの人生がちょっぴり豊かになればいいなと思っています。
ホームページ
Facebook

その他のおすすめ記事

頑張り過ぎない。フランス人の『「エフォートレス」習慣を取り入れてみよう』

頑張り過ぎない。フランス人の『「エフォートレス」習慣を取り入れてみよう』

歴代ラブソングの歌詞から学ぶ『年代別 恋愛観の違い』

歴代ラブソングの歌詞から学ぶ『年代別 恋愛観の違い』

真似して実践『シンプルライフのための持ち物リスト』とは

真似して実践『シンプルライフのための持ち物リスト』とは

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.10.13

おしゃれなワイヤレススピーカー『ソニー グラスサウンドスピーカー』担当者に聞く、こだわりと想い

2017.10.11

焼き菓子にも大活躍!『季節の味覚 ドイツの生プルーン Zwetschgenのコト』

2017.10.03

圧力鍋でも炊飯器でもふっくら『美味しい玄米ご飯の炊き方』

2017.10.02

ほっこり優しい味『バターナッツかぼちゃのスープ』

2017.09.30

色を暮らしに活用しよう『都会的であり粋なカラー”銀色”がもつ秘密ゴト』

2017.09.28

~保存食のある暮らし~鮮やかな色出しのコツ『秋みょうがと新生姜の甘酢漬け』

2017.09.26

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2017.09.24

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.09.17

作り置き常備菜シリーズ『お弁当に!しいたけの旨煮』

編集部おすすめ記事

2017.10.08

思わずにっこり!『プチプチ玄米の栗あんおはぎ』

2017.10.04

地域に根ざす新しい空間『築90年以上の空き家から生まれるシェアオフィスへの想い』

2017.10.03

酸味+辛味で身体の芯からぽっかぽか!舞茸香る『秋の酸辣チゲ鍋』

2017.10.01

【ケノコトInstagram企画】10月の「日常のコト」を『#神無月のコト』で投稿しよう

2017.10.01

都心から約1時間半のドライブ!『きのこ狩りを楽しみに青梅へ行こう』

2017.09.27

ズボラでも使い方を覚えたい!『発酵食品 酒かすマスターになる』

2017.09.26

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2017.09.24

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2017.09.21

地域密着型不動産会社 エヌアセット代表 宮川氏が語る『エヌアセットのこれまでとこれから』

2017.09.21

~保存食のある暮らし~旬のいわしでフレッシュな常備菜『いわしのセビーチェ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.04.25

組み合わせおかずシリーズ【きゅうり×ハム】作り置き常備菜『きゅうりとハムの中華サラダ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.05.18

缶詰を入れて炊くだけ『旨みたっぷりさばの味噌煮の炊き込みご飯』