知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2017.08.09

朝起きるのが楽しくなる!元気に一日を過ごすための『出汁から作るお味噌汁』

Pocket

皆さん突然ですが、上司に怒られた次の日や仕事で失敗した次の日…
「あぁ…仕事に行きたくない」
「お布団とずっと友達でいたい」
「あと5分、あと5分だけ…」
そんな朝を迎えた経験はないでしょうか?

朝から元気に仕事へ迎える秘訣、朝の台所のイイコト

会社に行くのも、起きるのも何もかもが億劫で、ギリギリまで寝てしまう。
「あ~そろそろ本気で起きないとなぁ」と思って、のっそりのっそり準備をしだし、「え!!もうこんな時間!?!?」と急いでパンを食べながら自転車をこぐ。会社に着いた時には汗だくで、「とりあえず働くか…」とやっと仕事モードに入る。

まさに以前の私の姿です。

そんなモヤモヤした気持ちのまま、まともに朝ごはんも朝ごはんも食べられず、なかなか仕事にも身が入らなくて、そんな自分にもどんどんへこんで、嫌気がさしてくる…
そんな日常を救ってくれたのが「発酵おうち朝ごはん

中でも今回ご紹介するのは、どこにでもある「出汁から作るお味噌汁」について。
いやいや、待って。朝ごはんとお味噌汁がなんで関係あるの?

温かい飲み物を朝ごはんに取り入れるとイイコト

実は、
温かい食べ物には、精神的な疲れを素早く取り去る効果」があるんです!

知っておくと嬉しい「温かい飲み物が支える代謝のコト」

私たちの身体は37兆個もの細胞からできあがっていますが、この細胞の1つ1つは「代謝」といわれる
エネルギーを作り出す活動からできています。この「代謝」が、呼吸をしたり、血液を循環させたり、運動をしたり、食べ物を食べたりと、日常生活を過ごすためのエネルギーとなるのです。

特に、食べ物を食べるときには、温かいものを食べる方が冷たいものを食べるときよりも、身体の中により強いエネルギーを作り、代謝を助けます。
温かいお味噌汁を飲むと、「ほっ」として心も体もじわ~っと温まりませんか?まさにこれが「代謝」を助けている証拠!
1

ゆっくりよく嚙んで、温かい飲み物をのむこと

これにより、味覚も刺激されるため、コレシストキニンという消化管ホルモンによって、脳の働きが活発になり、あごの運動によって脳の血行もよくなります。また、温かい飲み物によって代謝も上がるので、さらにホルモンの働きもよくなります。

普通のおうちごはんを食べるだけで、身体のエネルギーが満たされ、心もおのずと落ち着き、安定感を取り戻しやすくなる。

私自身朝ごはん生活を始めて「仕事に行くのもしんだいなぁ」「億劫だなぁ」と思っていた頃から、
・「今日も1日がんばろう!」
・「今日も素敵な悔いのない1日にしよう!」
・「昨日は失敗したけど、今日はきちんと仕事をこなすぞ!」
と前向きに明るく、ちょっとやそっとでは崩れにくい強い心になりました。

それなら温かい飲み物ならなんでもいいんじゃない?
なんで発酵おうち朝ごはんにこだわっているの?
なんでお味噌汁なの?

温かい飲み物をさらにお味噌汁にするとイイコト

2
発酵調味料の1つである、「お味噌」。

このお味噌汁には、

①必須アミノ酸がすべて入っている!

→「精神状態を落ち着け、疲労回復効果が期待されます」
 「筋肉や内臓、皮膚などのたんぱく質の元になるので、体の組織の修復や貧血予防効果があります」
 「抗うつ効果もあるので、心を落ち着かせてくれます」
「肝機能向上効果で二日酔い予防にも最適」
「記憶力、集中力も高めちゃいます」
 

②ビタミンB群が豊富!

→「老化防止効果があります」
 「神経修復機能で、眼精疲労にも最適です」

③イソフラボンが豊富!

→「抗酸化作用により、肌にも肩こりにも最適です」

こちらはほんの一部ですが、普段何気なく飲んでいるお味噌汁にはこんなにも、健康や美肌、そして心へも影響する素敵な効果が沢山あるんです!

仕事も遊びも忙しい20代女性が、朝ごはんの1杯でこんなにも効果があるお味噌汁を朝に飲む。
そっちの方が、高い化粧水を買い続けるよりも、高いサプリメントを飲み続けるよりも、ずっと簡単に続けられそうじゃないですか?

お味噌の種類を飲む人や体調に合わせるとイイコト

さらにお味噌自体も、季節や食べる人に合わせて
・「今の夏場には塩味のきいた赤みそをつかってみようかな」
・「小さい子もたべるから今日は甘めの白みそや麦みそをつかってみようかな」
・「ちょっと肌寒日が続くから白みそと酒かすも入れてあったまろう」

なんてお味噌1つでもシチュエーションによって試行錯誤すると、もっと作ることが楽しくなる!自分や大切な人のために作るお味噌汁は、誰でも作れるし、何よりも美味しいのではないかと思うのです。
ちなみに、私の最近のお気に入りは、祖母の作った赤みそに、自分で作った白みそを少し混ぜるブレンド味噌汁です。

出汁から作るお味噌汁のイイコト

「出汁を取るのはめんどくさいなぁ」「ちょっとハードル高いなぁ」って方は、まずは『だしの素』や『茅乃舎』さんに助けてもらいましょう!
・生活の中に取り入れること
・自分が続けられる方法を見つけて選ぶこと
それが1番大事な発酵おうち朝ごはんのポイントだと思っています。

ズボラな私でも変われたんだから、もっともっと沢山の忙しい20代女性も変われるはず!
3
でも、本当はきちんといりこや昆布からとった出汁作りを私はお勧めしたいのです。インスタントラーメンよりも、コンビニ食よりも、ずっと続けられる「出汁の取り方」を知って、きちんとお味噌汁を飲むことの方が身体にも、心にも絶対にいいと思っているので…!

お味噌汁を朝に飲むとイイコト

「朝起きるのも楽しみになる!」「会社に行くのも嫌じゃなくなる!」
そんな力がお味噌汁に秘められています。
上司にも怒られるし、発注もミスするし、資料作りは何度も訂正させられるし、お茶碗割ったのなんてもう何度目…

「でも大丈夫!!」
そんな失敗もたくさんあるけど、私は今日も昨日も一昨日も、気持ちよく朝起きて、ご飯とお味噌汁を飲んで、元気に会社へ通勤しています。そのパワーの源って、本当は私たちにとって一番身近な「発酵おうち朝ごはん」に隠れているんじゃないかなぁと思うのです。

まずはお味噌汁から始めてみませんか?
上司に怒られても、仕事で失敗をしても、めげない心と体をお味噌汁から一緒につくっていきましょう!
4
次回は、朝の10分で出汁から作るお味噌汁が簡単に作れる方法もご紹介したいと思います♩
今日も朝ごはんからいい日にしよう!

記事/吉岡春菜
ライター情報写真
「どんぐりと山猫」店主。徳島在住の24歳です。
仕事で忙しい20代女性の方に向けて 「台所の発酵おうちごはんから自分と家族、彼や未来の子供のための 昨日よりちょっと丁寧で豊かな生活をつくるお手伝いがしたい」
そんな料理レッスンを準備中です。暮らしの雑貨や道具も取り扱う予定。
インスタグラムやブログで日々の暮らしや朝ごはんをお届けしています。

ホームページ
インスタグラム

その他のおすすめ記事

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.01.12

片づけ本を読むことではありません『片づけを始めるとき最初にする事は?』

2018.01.10

覚えておきたいおやつレシピ『かぼちゃプリン』

2018.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2018.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2017.12.28

胃腸をやすめる旬の味『栄養たっぷり!金時人参のポタージュ』

2017.12.28

暮らしの歳時記『年越し蕎麦の由来あれこれ』

2017.12.27

覚えておきたいおやつレシピ『ホットビスケット』

2017.12.20

二十四節気の暮らし方『一番昼間が短い日「冬至」』地域で違うかぼちゃ料理

2017.12.19

おうちクリスマス『ミルクティークリームと苺のミルクレープ』

2017.12.16

いつもと少しだけ違う私になる『エアクロで楽しむクリスマスコーディネート』

編集部おすすめ記事

2018.01.10

『3種の発酵みたらし餅』で忙しい年始りも簡単エネルギーチャージ

2018.01.05

【ケノコトInstagram企画】1月の「日常のコト」を『#睦月のコト』で投稿しよう

2018.01.05

冬の寒さにも『大活躍のランジェリー』

2017.12.27

街の人々に愛されていた建物を再び“人”が集まる場所に~溝の口のシェアオフィス「nokutica(ノクチカ)」~

2017.12.27

今年は『特製発酵出汁をつかった年越しうどん』で2018年を迎えよう!

2017.12.27

フランス伝統のサクサクパイ『ガレット・デ・ロワ』

2017.12.26

私らしいライフスタイルに合わせて『さらに便利になったエアクロの秘密』

2017.12.16

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.04.04

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.02.06

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』