知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

美容・健康 2017.08.12

大切なコトは普段からの心がけ『糖尿病予防に歩こう』

Pocket

生活習慣病が原因で引き起こしやすい、糖尿病。予防するためには、歩くことが有効なのだそうですよ。いつまでも元気に過ごすために、おすすめの歩き方などご紹介です。

1日の歩行時間30分未満は、糖尿病リスクが1.23倍

国立がんセンターの研究チームが、糖尿病発症と歩行に関する研究報告を発表した。解析結果からは、歩行時間の少ない人における糖尿病のリスク上昇が示唆された。対象人数は2万6488人、そのうち糖尿病の自覚はないが、実際発症している人は1058人で、全体の4%いた。調査は、対象者の1日の歩行時間を、30分未満、30分、1時間未満、1時間~2時間未満、2時間以上と5つの群に分けて行ったもの。歩行時間が2時間以上のグループと比較して、30分未満のグループが糖尿病になるリスクは1.23倍高くなる結果となった。
欧米では歩行と糖尿病の関連性が指摘され研究が進んでいるが、日本では関連性が明らかにされていなかった。今回、研究チームが日本人の歩行時間と糖尿病に罹るリスクを調査したことで、歩行活動が糖尿病予防に有効だと改めて認知された。
4de748a474925dffab27befd8704129e_m

1日に1時間30分~2時間歩こう

今日から一駅分多く歩く、エスカレーターを使わず階段を使うなど、歩く時間は自分の気持ち次第で増やしていける。歩行を含む身体活動は、糖尿病の危険因子の中で修正できる生活習慣のひとつだ。また、多くの観察研究から、身体活動が低いと糖尿病に罹りやすくなることが知られている。厚生労働省は、糖尿病のリスクを避けるためにも、日常生活における歩数の増加を奨励しており、1日当たりの目標値を男性9200歩、女性8300歩に設定している。1000歩は時間にして約10分、距離に換算すると600mほど。1日におよそ1時間30分~2時間歩けば目標達成となる。

糖尿病予防のための、おすすめの歩き方

身体は、運動開始10分以降で血中の糖を、また15分以降で遊離脂肪酸も利用し始めるため、20分以上の継続した運動が有効だ。日常生活の中で歩く場合は、1日に30分を3回に分けるのがよいだろう。強度は「ややきつい」と感じる程度が適切で、心拍数の目安は100~120拍/分。食後1時間後に行うと効果が高く、高血糖状態が抑制される。また、血糖値は、運動後約12~72時間安定を持続させる必要がある。この観点からいっても、毎日歩くことは症状の改善を定着しやすくしてくれる。歩行や運動療法は、血糖コントロール、インスリン抵抗性、脂質代謝の改善と内臓脂肪の減少につながり、血糖値安定の要素である筋肉や肝臓の糖の処理能力を高めることができる。
糖尿病の9割を占めているのは、過食、運動不足、ストレスなど生活習慣が原因で起こるⅡ型糖尿病だ。Ⅱ型糖尿病には、食事と運動での血糖値コントロールが必須になる。予防でも同じことがいえるので、普段から心がけをしておきたい。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

誰でもなる可能性あり『エコノミー症候群になりやすい人とは』

誰でもなる可能性あり『エコノミー症候群になりやすい人とは』

気にしておきたいカラダのコト『突然起こるじんましん、その対策は?』

気にしておきたいカラダのコト『突然起こるじんましん、その対策は?』

不調の原因になっているかも『知っておきたい銀歯のコト』

不調の原因になっているかも『知っておきたい銀歯のコト』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.10.13

おしゃれなワイヤレススピーカー『ソニー グラスサウンドスピーカー』担当者に聞く、こだわりと想い

2017.10.11

焼き菓子にも大活躍!『季節の味覚 ドイツの生プルーン Zwetschgenのコト』

2017.10.03

圧力鍋でも炊飯器でもふっくら『美味しい玄米ご飯の炊き方』

2017.10.02

ほっこり優しい味『バターナッツかぼちゃのスープ』

2017.09.30

色を暮らしに活用しよう『都会的であり粋なカラー”銀色”がもつ秘密ゴト』

2017.09.28

~保存食のある暮らし~鮮やかな色出しのコツ『秋みょうがと新生姜の甘酢漬け』

2017.09.26

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2017.09.24

材料ふたつで!『料亭の味?かぼちゃの塩昆布煮』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.09.17

作り置き常備菜シリーズ『お弁当に!しいたけの旨煮』

編集部おすすめ記事

2017.10.08

思わずにっこり!『プチプチ玄米の栗あんおはぎ』

2017.10.04

地域に根ざす新しい空間『築90年以上の空き家から生まれるシェアオフィスへの想い』

2017.10.03

酸味+辛味で身体の芯からぽっかぽか!舞茸香る『秋の酸辣チゲ鍋』

2017.10.01

【ケノコトInstagram企画】10月の「日常のコト」を『#神無月のコト』で投稿しよう

2017.10.01

都心から約1時間半のドライブ!『きのこ狩りを楽しみに青梅へ行こう』

2017.09.27

ズボラでも使い方を覚えたい!『発酵食品 酒かすマスターになる』

2017.09.26

米麹の発酵が生み出す身体に嬉しい効果『知って得する甘酒の成分と保存方法』

2017.09.24

作り置き調味料シリーズ『ハーブガーリックオイル』

2017.09.21

地域密着型不動産会社 エヌアセット代表 宮川氏が語る『エヌアセットのこれまでとこれから』

2017.09.21

~保存食のある暮らし~旬のいわしでフレッシュな常備菜『いわしのセビーチェ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.07

頭が重いすっきりしないときに試してほしい『簡単ほぐしマッサージ』

2017.04.25

組み合わせおかずシリーズ【きゅうり×ハム】作り置き常備菜『きゅうりとハムの中華サラダ』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2016.08.20

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』

2017.05.18

缶詰を入れて炊くだけ『旨みたっぷりさばの味噌煮の炊き込みご飯』