得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.18

女性に嬉しいコト色々『知って得するかぼちゃの成分と保存方法』

目次

Pocket

かぼちゃは、安土桃山時代に「カンボジアでとれる野菜」として、ポルトガル人により日本に伝えられました。当初は「かぼちゃ瓜」と呼ばれていたのが、短くなって「かぼちゃ」と呼ばれるようになったと言われています。今回は、煮物やスープ、お菓子まで何でも使える、ホクホク美味しいかぼちゃのコトについてご紹介します。

かぼちゃの色はカロテンの色!かぼちゃに含まれる成分ー『知って得するかぼちゃの成分と保存方法』

かぼちゃは、代表的な緑黄色野菜の一つです。緑黄色野菜の条件は、可食部100gのうちにカロテンが600μg(マイクログラム)以上含まれることです。かぼちゃには、カロテンが可食部100g中に3900μg含まれています。そしてカロテンは、ガン予防や免疫力アップの効果が見込めるほかに、高い抗酸化作用をもつとされています。体内に蓄積した活性酸素の働きを抑制するため、我々の身体を若々しく保つ効果があると言われています。ちなみにこのカロテンは、実は中身の部分よりも皮やワタの部分により多く含まれています。また、食物繊維も同じく皮やワタに多く含まれるので、アンチエイジングをしたい人やお腹の調子をととのえたい人は、実の部分だけでなく皮やワタも積極的に食べるようにすると良いかもしれません。
また、かぼちゃにはカリウムも豊富に含まれています。カリウムにはナトリウム(塩分)の排出を助ける働きがあり、高血圧で悩んでいる人にもおすすめです。その他にも、利尿作用を促進したり、体内機能の働きを調節したりする働きもあるため、身体のむくみで困っている人も積極的に摂ると良い成分と言われています。
女性に嬉しいコト色々『知って得するかぼちゃの成分と保存方法』ーそうめんかぼちゃ

実は美容の強い味方!気になるかぼちゃの栄養価ー『知って得するかぼちゃの成分と保存方法』

かぼちゃには炭水化物が多く含まれているので、ダイエットをしている人の中には食べるのを躊躇する人もいるかもしれません。しかし、実はかぼちゃはビタミン類も豊富なんです。美容効果が高い栄養素がたっぷり含まれているので、上手に取り入れることで美しさと健康を保つ助けになってくれるかもしれませんよ。まず、かぼちゃにはビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンKなどが多く含まれています。ビタミンAは、目の健康を保つために欠かせない栄養素として知られ、眼精疲労やドライアイを防ぐ効果が期待できます。ビタミンCは、身体に必要なコラーゲンの生成を助けることで肌トラブルを防いでくれると言われています。ビタミンEは、動脈硬化や冷え性・肩こりなどの、血流の滞りによって起こる問題の解消を助ける効果が期待できます。ビタミンKはあまり知られていないビタミンですが、これには血液の正常な凝固を助ける働きがあります。また、骨の形成を促進する効果もあるので、骨粗しょう症の治療薬として用いられる場合もあります。
糖質の多さが気になるという人は、普段食べているご飯やパンなどの炭水化物を、かぼちゃに置き換えると良いかもしれません。
女性に嬉しいコト色々『知って得するかぼちゃの成分と保存方法』ーかぼちゃプリン

冷蔵庫には入れないで!かぼちゃの保存法ー『知って得するかぼちゃの成分と保存方法』

かぼちゃは、冬至に食べる習慣があることもあり、冬の野菜というイメージがある人もいると思いますが、実はかぼちゃは夏野菜です。そのため寒さに弱く、冷蔵庫で保存してしまうと、低温障害を起こしてすぐに傷んだり、風味が落ちたりする場合があるんです。しかし、かぼちゃは元々傷みにくく、長期保存に適した野菜です。カットしていないものであれば、かなりの期間置いておくことが可能です。そこでここでは、かぼちゃの上手な保存方法についてご紹介しましょう。
まず、丸ごとの状態のかぼちゃは、風通しが良く直射日光が当たらない場所で、室温が10~14℃に保たれる状態で保存するのがベストとされています。この状態であれば、1~2ヵ月は保存が可能です。また、長期保存することによって内部のでんぷんが糖質に変化するので甘みが増します。その上栄養価も高くなるので、良いコトづくめなんです。ただし切った状態のかぼちゃは、丸ごとの状態とは違って傷みやすく、長持ちしません。その場合は、種とワタを取り除いた後、その場所にキッチンペーパーを詰めてしっかりとラップで包むかポリ袋に入れ、野菜室で保存しましょう。
女性に嬉しいコト色々『知って得するかぼちゃの成分と保存方法』ーかぼちゃ煮る

捨てるなんてもったいない!?かぼちゃの種のヒミツー『知って得するかぼちゃの成分と保存方法』

ところで、皆さんはいつもかぼちゃの種をどうしていますか?実はかぼちゃの種には他のナッツやシード類に勝るとも劣らない栄養素があるんです。東洋医学では、かぼちゃの種は「南瓜仁(ナンカンニン)」と呼ばれ、低血圧や回虫に効く漢方薬として使われています。またドイツでも、昔から薬としてかぼちゃの種が食べられていました。そこで、ここではそんなかぼちゃの種の栄養素と、その加工法についてご紹介しましょう。
まず、かぼちゃの種には実の部分と同じ栄養に加えて「リグナン」というポリフェノールの一種が含まれています。リグナンは、「ファイトケミカル」という植物特有の抗酸化成分のことで、血液をサラサラにしたり、更年期障害の改善を助けたり、骨粗しょう症を予防したり、がんを予防したりといった、老化防止に関する様々な効果があると言われています。また、細胞膜のバリア機能を助ける働きがあるため、花粉症やアトピーといったアレルギー反応を抑える効果があるとも言われています。ちなみに、お家で取り除いた後のかぼちゃの種を捨てずに使いたい場合は、種をよく洗ってぬめりを取り、それを乾煎りした後にペンチなどで殻を剥くことで、食べられるようになります。
女性に嬉しいコト色々『知って得するかぼちゃの成分と保存方法』ーまるごとかぼちゃグラタン

かぼちゃを使ったおすすめレシピ

金のいぶきでつくる『玄米かぼちゃぼたもち』

金のいぶきでつくる『玄米かぼちゃぼたもち』

熱々『かぼちゃのキッシュ』でのんびりブランチ

熱々『かぼちゃのキッシュ』でのんびりブランチ

夏の疲れを癒す小豆をたべよう!『砂糖不使用!かぼちゃ団子のぜんざい』

夏の疲れを癒す小豆をたべよう!『砂糖不使用!かぼちゃ団子のぜんざい』

材料2つだけ!離乳食にも使えてほっこり温まる『かぼちゃのポタージュ』

材料2つだけ!離乳食にも使えてほっこり温まる『かぼちゃのポタージュ』

とまらないやみつきの食感 お酒がすすむ『そうめんかぼちゃのカリカリ焼き』

とまらないやみつきの食感 お酒がすすむ『そうめんかぼちゃのカリカリ焼き』

カリカリほくほく香ばしい『かぼちゃのガーリック焼き』

カリカリほくほく香ばしい『かぼちゃのガーリック焼き』

かぼちゃは単に高カロリーなわけではなく、実は美容と健康の両面から私達をサポートしてくれる野菜です。長期保存も可能な上、皮から種まで、余すところなく使えるので、お財布にも優しいですね。皆さんも、日頃の食生活にかぼちゃを取り入れてみませんか?

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

食品添加物の真実『栄養強化剤と身体のコト』

食品添加物の真実『栄養強化剤と身体のコト』

健康美に!リコピンの抗酸化効果を最大限に引き出すトマトの食べ方

健康美に!リコピンの抗酸化効果を最大限に引き出すトマトの食べ方

美肌と健康の味方?『コラーゲンのヒミツごと』

美肌と健康の味方?『コラーゲンのヒミツごと』

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

おかずにもスイーツにもなる『知って得する栗の成分と保存方法』

おかずにもスイーツにもなる『知って得する栗の成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』