得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.19

食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』

目次

Pocket

身近な野菜として食卓にも良く登場するキャベツですが、その成分や栄養については知らないことも多いのでは?胃に優しいというイメージだけではもったいない!積極的に知ることで、より美味しく健康的に毎日の食卓に取り入れていきましょう。

胃腸に優しい成分が豊富なキャベツー『知って得するキャベツの成分と保存方法』

キャベツに含まれる成分で代表的なものがビタミンU、別名「キャベジン」です。胃薬の名前にも使われたこの成分は、キャベツから発見された抗腫瘍物質で、胃酸の分泌を抑え粘膜を修復する働きを持ちます。大根の成分としても知られるジアスターゼですが、実は大根よりもキャベツにより多く含まれています。ジアスターゼには消化を助ける働きがあり、胃もたれや胸やけに効果があります。またイソチオシアネートにはピロリ菌や大腸菌などの殺菌効果があると考えられており、これらの成分を全て持っているキャベツは胃腸に優しい野菜と言えます。他にもビタミンCを豊富に含んでおり、成人1日の摂取量を大きめの葉3枚ほどでとることができます。ビタミンCは風邪の予防や疲労回復など、美容と健康に大きく関係する成分ですが、水に溶けやすく熱に弱いという欠点があります。ビタミンCを損なうことなく摂取したいなら、千切りなどの生食がおすすめです。食物繊維を多く含むので、お肉や魚などのメインディッシュの前にキャベツを食べるようにすると血糖値の急な上昇を抑え、ダイエットにも効果があります。
食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』ーキャベツ①

栄養豊富なキャベツをより効果的に食べるには?ー『知って得するキャベツの成分と保存方法』

キャベツにはビタミン、葉酸、カリウム、カルシウムなどの豊富な栄養が含まれています。葉酸は妊婦に必要な栄養として知られていますが、主に赤血球の生成や細胞の再生を助ける働きをします。カルシウムは丈夫な歯と骨を作るほか、イライラを抑えたり、高血圧を防ぐ効果があります。おすすめの食べ方は豚肉と一緒に食べること。豚肉のタンパク質とビタミンB1が免疫力をアップし、病気を防いでくれるうえ、美肌効果も期待できます。またキャベツが豚肉の鉄分の吸収を助けるので、貧血気味の人にもおすすめです。またカルシウムを多く含む食材と一緒に食べることで骨粗鬆症を防止、キャベツに含まれるカルシウムも同時に吸収されるので、お得な食べ方です。また、カボチャやしめじと一緒に食べればアンチエイジングに、トマトやシジミと一緒に食べれば血行促進を期待できるなど、自分の体調に合わせて組み合わせれば、自分だけのスペシャルメニューを作ることができます。食事は健康的な生活の基本です。身体に良いものをより効率よく摂取することで、生き生きとした毎日を送ることができます。
食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』ーキャベツ②

キャベツの保存は芯が決め手!ー『知って得するキャベツの成分と保存方法』

キャベツは涼しい場所を好むので、寒い季節以外は冷蔵庫で保存しましょう。カットしてあるものは傷みやすいので、長持ちさせたいなら丸ごと買うのがおすすめです。丸ごと保存する場合は、必ず芯を取り除くこと。芯があるとそこから栄養分が取られてしまうので、芯を取り除き、乾燥しないように水に濡らしたキッチンペーパーを詰めます。キャベツ全体を軽く湿らせたキッチンペーパーか新聞紙で包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。この時、芯を下にして入れるようにしましょう。できるだけ畑になっていた時の状態で保存するのが長持ちさせるコツです。密閉してしまうと呼吸ができず劣化してしまうので、ビニール袋の口は開けておきましょう。半分にカットしたものは切り口のみをラップで覆い、ビニール袋にいれて冷蔵庫で保存しますが、切り口が変色してしまった場合は、そこを薄くカットしてから使うようにしましょう。それでも余ってしまった場合はざく切りにしたものを冷凍保存もできますが、しゃきしゃきは無くなってしまいます。他の野菜と一緒にスープにすれば手軽に献立に取り入れることができておすすめです。
食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』ーキャベツ③

古代ローマ人も愛したキャベツー『知って得するキャベツの成分と保存方法』

キャベツはヨーロッパ原産の野菜で、古代ローマ人が胃腸を整える健康食として食べたと言われています。日本には江戸時代にオランダから長崎に渡来しましたが、最初は観賞用として愛され、食用として用いられるようになったのは明治時代になってからのことです。食用のキャベツはブロッコリーやカリフラワーと同じアブラナ科の野菜で、収穫される季節によって大きく3つにわけられます。春に収穫される春キャベツはふんわりした巻きが特徴で、みずみずしく柔らかい葉が生食にぴったりです。夏から秋にかけて収穫されるものは「高原キャベツ」とも呼ばれ、しっかりした巻きと中まで緑色の葉が特徴で、生食やスープの具にむいています。晩秋か初春にかけて収穫される冬キャベツはしっかりした巻きと固めの白っぽい葉が特徴で、煮くずれしくにくく加熱すると甘みを増すので、ロールキャベツやお好み焼きなどによくあいます。美味しいキャベツを見分けるには、芯を中心にして葉脈が左右対称であること、外側の葉が濃い緑色をしているか、芯の切り口が傷んでいないかをじっくり確かめて選べば間違いありません。
食物繊維豊富『知って得するキャベツの成分と保存方法』ー芽キャベツ茹で

キャベツを使ったおすすめレシピ

ざくざく食感『キャベツ入りのポテトサラダ』

ざくざく食感『キャベツ入りのポテトサラダ』

保存食のある暮らし~旬の春キャベツで腸を活性化『自家製シュークルート』

保存食のある暮らし~旬の春キャベツで腸を活性化『自家製シュークルート』

昆布水でつくる『トロトロキャベツと焼き葱の鶏団子スープ』

昆布水でつくる『トロトロキャベツと焼き葱の鶏団子スープ』

キャベツと玉ねぎで作るバランスの良い野菜のスープ

キャベツと玉ねぎで作るバランスの良い野菜のスープ

カレーの香りがじめっとした気持ちを吹き飛ばす!『夏野菜のカレー漬け』

カレーの香りがじめっとした気持ちを吹き飛ばす!『夏野菜のカレー漬け』

電子レンジで出来る!1枚肉を包んだ『鶏もものロールキャベツ』

電子レンジで出来る!1枚肉を包んだ『鶏もものロールキャベツ』

キャベツは1年を通して食べられだけでなく、煮ても炒めても生でも美味しい優秀な食材です。調理方法がたくさんあるということは、献立に取り入れやすいということでもあります。胃腸に優しく食物繊維が多いキャベツは、年齢を問わずたくさん食べたい野菜です。積極的に食べて健康な身体を手に入れましょう。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

春の旬野菜『春キャベツで女性ホルモンをアップ』

春の旬野菜『春キャベツで女性ホルモンをアップ』

じめじめ梅雨こそ気をつけて『食材別の保存方法』

じめじめ梅雨こそ気をつけて『食材別の保存方法』

たっぷり食べて心と身体に潤いを『青菜の力で健康美人』

たっぷり食べて心と身体に潤いを『青菜の力で健康美人』

もっと摂りたい!『美のビタミンこう摂ればもっと効果的』だった

もっと摂りたい!『美のビタミンこう摂ればもっと効果的』だった

脂肪を燃やす?!『知って得するマッシュルームの成分と保存方法』

脂肪を燃やす?!『知って得するマッシュルームの成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』