知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

旅行・おでかけ 2017.08.16

使ってはじめて危なさと便利さがわかる『刃育キャンプのススメ』

Pocket

危ないからという理由で、学校では子どもに刃物を使わせなくなったそうです。でも、「危ないから触らせない」のでは、本当の危なさは伝わらないのではないでしょうか。そして、使ってみてはじめて、刃物は“危ない”だけのものではなくて、“便利”なものだということもわかるのです。
そんな、刃物を通じて子どもを育む「刃育」にうってつけなのが、ファミリーキャンプ。家にいるときより刃物を使う機会が多いので、子どもに刃物の使い方を教えるいいチャンスです。では、キャンプでどんな「刃育」ができるのかを紹介していきましょう!

アウトドアならではの「薪割り」にチャレンジしてみよう!

1
アウトドアでないとなかなか体験できないのが「薪割り」。たいていのキャンプ場では、使いやすい太さに薪を割ってありますが、たまに太いものも混じっています。そんなときはナタを使って割っていきます。
薪を手に持ち、ナタの刃を木口(薪の切り口)に当ててそのまま地面に振り下ろす。それを繰り返していくと、力がない子どもでも比較的楽に薪が割れます。
4
初めての薪割り体験をした8歳の息子。はじめは思うようにできませんでしたが、薪が割れた瞬間、笑顔が弾けました。スパッといくと気持ちいいんですよね!
しばらく薪割りにハマっていましたが、あまり長い時間やっていると疲れてきてケガをする恐れがあります。ですから「もっとやりたい!」と言われても、ほどほどにしておきましょう。

小さい子どもでも楽しめる「アウトドアクッキング」

2
子どもに薪割りはちょっと教えられないな~、というパパやママは、子どもに「アウトドアクッキング」にチャレンジさせてあげましょう。
8
3歳くらいまでの子どもだと、まだ包丁は早いかもしれません。そんなときはピーラーでお手伝いがオススメ。ただし、ピーラーも刃物です。使い方を間違えればケガをしてしまいますので、大人がきちんと見てあげましょう。
野菜は手で持つより、まな板の上に置いてピーラーをかけたほうが安定するため、指先のケガをしにくくなります。
7
4歳以上なら包丁を使わせてあげましょう。初めのうちは、切れ味が鈍い子ども用の包丁でもいいですが、慣れてきたら大人が使う切れる包丁を使わせたほうがいいでしょう。切れないとつい力を入れてしまうので、かえって危険なのです。

今回は4歳の娘が包丁デビュー。子ども用包丁でキュウリを切りました。息子は経験者なので、大人と同じ包丁を使います。ただし、子どもの手にあまる大きい包丁は使いづらいので、軽くて小振りな包丁がいいでしょう。
3
ちなみに、初めて兄妹で一緒に作った料理がこちらのサラダ。中央の“お花”がポイントなのだそうです。

本格的に楽しむなら「クラフト」で作品を!

5
小学校低学年くらいであれば、ナイフを使った「クラフト」を経験させてあげてもいいでしょう。ただし、クラフトは包丁で野菜を切るよりも難しいので、握り方や刃の動かし方を、きちんと教えてあげる必要があります。
6
また、折り畳み式のナイフの場合は、刃を畳むときにケガをする場合があるので、畳み方もきちんと教えてあげましょう。大人が真剣に教えてあげると、子どもも「あ、刃物ってふざけて使っちゃいけないんだな」とわかってくれます。
そして一番大事なことは、子どもから目を離さないこと。夢中になってくると、刃の動く方向に手を置いたり、グリップの位置が刃に近づいたりします。そんなときは一度中断して、正しい使い方をもう一度教えてあげましょう。
9
息子は枝を短く切ったり、枝の表面を削って模様をつけたりと、その程度のことしかできませんでしたが、それなりに楽しかったようです。ちなみにこれは、マグネットでメモなどを留められるメッセージボードです。

刃物を使うのは、子どもにとって普段の遊びとは違う“真剣勝負”。そんな体験は、集中力や緊張感をもたらすため、脳の成長にも言い影響を与えるのだそうです。「子どもに刃物を持たせるの、ちょっと怖いな~」と思っても、子どもがやりたいと言ってきたら、ぜひチャレンジさせてあげてください。きっといい経験になるはずですよ。

*撮影協力
千葉県・有野実苑オートキャンプ場

記事/.HYAKKEI
スライド1
.HYAKKEIは「自然を楽しもう!」をコンセプトに、暮らしと自然を楽しむ自然指向のライフスタイルプラットフォームです。日常の暮らしから休日のアウトドアまで、自然に触れる楽しさをお届けします。
ホームページ

その他のおすすめ記事

アウトドアに欠かせない!『キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策』

アウトドアに欠かせない!『キャンプや登山で押さえておきたい防虫対策』

雨が降っても楽しい思い出が残る日に『雨の日キャンプの過ごし方』

雨が降っても楽しい思い出が残る日に『雨の日キャンプの過ごし方』

ママさん登山ガイドが描く『親も子も楽しく自由な親子登山のススメ』

ママさん登山ガイドが描く『親も子も楽しく自由な親子登山のススメ』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』