得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.20

元気の出る香辛野菜『ショウガ科の野菜の種類とあれこれ』

Pocket

生姜は日本の食卓で香辛野菜としてよく使われる野菜です。中国では紀元前500年頃から既に薬用で利用されてきた歴史のある生薬であり、日本には西暦220年から280年の間に中国からもたらされました。一般的にも漢方薬としての薬効が知られており、血行の改善や発汗効果以外にも咳を静める作用もあります。

生姜-『ショウガ科の野菜の種類とあれこれ』

生姜は血行を改善したり熱を下げたり咳を静めたりする薬用効果がある生薬です。よって風邪をひいてしまったとき等に生姜湯として飲まれるのもお馴染みです。漢方としては新陳代謝や食欲増進、悪寒発熱等に効果があるとされており、生姜の生の根茎部を「生姜(ショウキョウ)」と呼び、蒸して乾燥させたものを「乾姜(カンキョウ)」と呼んでいます。生姜の特徴は辛味と香りであり、辛味の成分としてはジンゲロールを含んでいます。ジンゲロールはファイトケミカルの一種であり、生の生姜に多く含まれています。ジンゲロールには殺菌作用や免疫細胞を活性化させる作用があるため、生魚の生臭さの解消や食中毒防止のために寿司屋ではガリとして利用されています。
また、胆汁の分泌を促す作用や吐き気や頭痛を抑える作用のほかに、抗酸化作用が高いので免疫力を高める効果もあります。このように生姜には数多くの効能があるため季節問わずいろいろな方に利用されている食材です。しかし、生姜にも食べる際に気をつける注意点もあります。
まず、生姜は熱を生み出す作用があるため乾燥肌の人は注意が必要です。次に生姜は食べ過ぎると腹痛や下痢を起こす可能性もあるため胃腸が弱い方も注意が必要です。最後に妊娠中の方も気をつける必要があります。生姜は摂取しすぎると流産してしまう危険がありますので1日の摂取量の目安(約10グラム)を守ることが大切です。
『ショウガ科の野菜の種類とあれこれ』生姜

みょうが-『ショウガ科の野菜の種類とあれこれ』

みょうがはさっぱりとした風味で見た目も綺麗なため、冷奴や冷麦の薬味として夏場によく利用されるほか、薬味以外にも天ぷらや甘酢漬けなどの野菜としても使われることがあります。みょうがは約95%が水分であり、ビタミンやミネラル等の含有量は多くはありませんが、芳香成分や辛味成分などの働きがあるため、健康維持の目的でよく親しまれています。みょうがに含まれている芳香成分(アルファピネン)や辛味成分であるミョウガジアールは血行を促す効果があるため、冷え性で悩んでいる方にもよく利用されているほか、みょうがに含まれるカンフェンの抗炎症作用により神経痛やリウマチの緩和にも活用されています。みょうがは漢方としては体を冷やす「涼性」に分類されているものが多いですが、芳香成分や辛味成分による血行促進効果があるあため「温性」に分類されているものもあります。よって、一日中エアコンの効いた場所にいることで体が冷えて夏バテや体調がおかしくなってしまったような場合においても有効であり、アルファピネンが持つ消化促進作用により夏バテによる食欲減退の改善にも効果を発揮します。
『ショウガ科の野菜の種類とあれこれ』みょうが

ウコン-『ショウガ科の野菜の種類とあれこれ』

ウコンにはクルクミンという成分が含まれており、現在においてさまざまな健康維持機能が期待できるものとして、たくさんの研究が行われています。ウコンに含まれているクルクミンを摂取すると、体内で更に強力な抗酸化作用や代謝(解毒)作用能力を持つテトラヒドロクルクミンに変換されます。このテトラヒドロクルクミンはアルコール成分を解毒する効果があるため、お酒を飲む前に摂取されることが多いです。このような効果があるため、ウコンは肝臓に良いという認識がされている傾向がありますが、もともと肝臓に問題があるような場合においては逆効果になる場合もありますので、医師や薬剤師に相談した上で摂取することが必要です。
また、ウコンには春ウコン、秋ウコン、紫ウコン、黒ウコンと4つの種類があり、それぞれの種類により効能も違いますので注意が必要です。
まず、一般的によく利用されているウコンが秋ウコンです。ウコンの代表的な成分であるクルクミンを一番多く含んでいるウコンであり、上記でも記載したとおり肝機能を高め、二日酔いを改善する効果があります。
次に春ウコンですが、秋ウコンほどクルクミンを含んではいないですが健胃作用があります。紫ウコンもクルクミンの含有量が秋ウコンに比べ少ないのは春ウコンと同じですが、血中のコレステロールを溶かしたり排出する働きがあるため、ダイエットをしている人に効果を発揮します。
最後に黒ウコンですが、脂肪を燃焼させる働きがあるため肥満気味の方に適しているほか、精力増強や滋養強壮の効果もあります。

ショウガ科の野菜を使ったおすすめレシピ

甘酸っぱい箸休めが欲しいときはコレ!『新生姜の甘酢漬け』

甘酸っぱい箸休めが欲しいときはコレ!『新生姜の甘酢漬け』

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

いつもの生姜焼きがお店の味に ちょっと近づくひと工夫

いつもの生姜焼きがお店の味に ちょっと近づくひと工夫

食欲をそそる香りのよいサラダ。おいしさのカギは、ちくわにアリ!『ちくわと香味野菜のサラダ』

食欲をそそる香りのよいサラダ。おいしさのカギは、ちくわにアリ!『ちくわと香味野菜のサラダ』

男性もよろこぶ一品を『オクラと茗荷の生姜醤油マリネ』

男性もよろこぶ一品を『オクラと茗荷の生姜醤油マリネ』

夏野菜と香味野菜がたっぷり『山形の郷土料理「だし」をつくってみよう』

夏野菜と香味野菜がたっぷり『山形の郷土料理「だし」をつくってみよう』

みょうがが味のアクセントに『揚げ鯖のサラダ』

みょうがが味のアクセントに『揚げ鯖のサラダ』

このように、生姜、みょうが、ウコンはどれも健康維持のためにたくさんの方に利用されている食材です。どの食材も比較的簡単に摂取することができるため、無理せず継続的に摂取していくことができるところもポイントです。どの食材も漢方においても健康維持や体調改善、ダイエット等の様々な効果がありますが、少なからず注意点もあるため、目的を明確にした上で意識的に摂取することが大切です。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

夏バテ予防に『知って得するみょうがの成分と保存方法』

	夏バテ予防に『知って得するみょうがの成分と保存方法』

身体を芯から温める『知って得する生姜の成分と保存方法』

身体を芯から温める『知って得する生姜の成分と保存方法』

実はあの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

実はあの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

この野菜も仲間?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

この野菜も仲間?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

香辛料としても知られる『セリ科の野菜の種類とあれこれ』

香辛料としても知られる『セリ科の野菜の種類とあれこれ』

身体に良い成分が豊富に含まれている『知って得する大根の成分と保存方法』

身体に良い成分が豊富に含まれている『知って得する大根の成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.12.11

甘めでしっとり、おいしいね!『おむすびやさんの手作りおかか』

2017.12.11

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2017.12.06

旬を楽しむ『葉付き大根と豚の蒸し餃子』

2017.12.06

ズボラ24歳が挑む!『自家製ゆずポン酢を仕込みました』

2017.11.30

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2017.11.28

美味しさの秘密は「寒仕込み」にあり『冬に味噌を仕込むワケ』

2017.11.27

塾っこ・アスリートに捧ぐ!『ふわふわたまごと鮭の活力おむすび』

2017.11.23

お母さんも赤ちゃんも気持ちいい場所作り「きれいな空気の赤ちゃんカフェ nenne」金光 朋子さん

2017.11.22

乳・卵フリーの簡単おやつ『きなこのほろほろクッキー』

2017.11.21

日本全国文化旅!『長崎県〜独特な風習やしきたりを知る〜』

編集部おすすめ記事

2017.12.10

暮らしの歳時記『歳の市へ出かけよう』ー新しい年を迎える支度をはじめましょうー

2017.12.06

砂糖不使用!麹と米だけで作る『手づくり甘酒の素』

2017.12.06

【ケノコトライターさんに会いに行ってきました】子育ても好きなことも柔軟に楽しむ『akariさんのコト』

2017.12.04

ふろふき大根・おむすびに…『爽やか!旨い!材料4つでスダチ味噌』

2017.12.01

【ケノコトInstagram企画】12月の「日常のコト」を『#師走のコト』で投稿しよう

2017.11.29

『発酵ふりかけリレーごはん』で年末の忙しさも元気に乗り越えよう

2017.11.22

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.13

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.09.14

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』