得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.21

サラダには欠かせない野菜『知って得するレタスの成分と保存方法』

目次

Pocket

紀元前のエジプトからその存在を確認されているレタスは、奈良時代からチシャという和名で日本に伝わりました。歯切れがよく瑞々しい葉野菜として昔から親しまれているのですが、今回はそんなレタスの栄養成分を紹介していきたいと思います。

レタスは95パーセントが水分ー『知って得するレタスの成分と保存方法』

レタスを構成している成分のおよそ95パーセントは水分であり、水分の中には特に何らかの栄養成分は含まれていません。そのため一般的には水分補給に適している低カロリー食材として取り扱われていて、栄養価は低い野菜と考えられています。ですが全体的な栄養成分の含有量は少ないものの、様々な成分を幅広く含んでいるところがレタスの大きな特徴です。実際にレタスに含まれている成分としてはβカロテンやビタミンC、ビタミンE、葉酸などのビタミン群のほかにもカルシウム、鉄、カリウムなどのミネラル群、さらには食物繊維も微量ではありますが含まれています。ひとつひとつの成分の含有量は多いわけではありませんが、多種多様な栄養成分を含んでいるので献立に加えて不足している栄養成分を補給する際に利用しやすいです。ちなみに一般的にレタスは食物繊維が豊富だと考えられていますが、野菜全般の中で比較すると100gの中に1.1g程度なのでそこまで多いわけではありません。また食物繊維の種類も不溶性なので、摂取する際には食べ方に注意しておく必要があります。
サラダには欠かせない野菜『知って得するレタスの成分と保存方法』ーレタス

美容面やダイエット面におすすめの栄養効果が満載ー『知って得するレタスの成分と保存方法』

上記のようにレタスそのものに含まれている栄養成分は種類が多いので、その分期待できる効果も多種多様となっています。例えばビタミン群は美肌作りや抗酸化作用に有効なものが豊富に含まれている特徴を持っていて、同時に摂取すると相乗効果を発揮してくれる種類が揃っているところが魅力です。また葉酸は妊娠中の女性にとっては嬉しい栄養成分であるほか、鉄分も豊富に含まれているので貧血改善や鉄欠乏による肌のくすみ、肌荒れを改善できる効果が期待されています。ほかにもレタスに含まれているカロリーは100gあたり12キロカロリーと非常に低くなっているのでダイエット食材として重宝されていますし、食物繊維を含んでいるので便秘解消目的で摂取する人も多いようです。
さらにレタスの特徴のひとつとして、体内でTNF-αと呼ばれるサイトカインの一種を活性化させる作用が高い点があります。これによって免疫力を大幅にアップできるのですが、レタスはこの作用がトップクラスだと言われているので免疫力を高めたい人にもおすすめの食材として注目されているのです。
サラダには欠かせない野菜『知って得するレタスの成分と保存方法』ーレタスサラダ

状態によって異なるレタスの保存方法ー『知って得するレタスの成分と保存方法』

レタスはその状態によって保存方法が異なっていて、例えば丸のままであれば芯を手でくりぬいてから穴の部分に濡らしたキッチンペーパーを軽く絞って詰め込んでおきます。その状態のまま新聞紙もしくはラップで包むかビニール袋に入れて、芯があった部分を下にして野菜室で保存すれば1週間前後の保存が可能です。また切った後のレタスであれば水気を切って新聞紙に包み、ビニール袋に入れて野菜室で保存します。ジップ袋に入れて空気を抜いた状態で保存する方法もありますが、いずれの場合も切り口から変色して行くのでその都度変色した部分を切り取ってからの使用がおすすめです。こうすると1日もしくは2日程度保存できるほか、変色部分を切り取っていけば1週間は保存できるようになります。そしてちぎった状態のレタスもある程度保存できるようになっていて、こちらの場合は水に浸しておくか50度のお湯につけてから保存する方法があります。ほかにも冷凍保存も可能ですが、この場合は解凍するとビチャビチャの状態になってしまうので調理方法を工夫する必要があるので注意が必要です。
サラダには欠かせない野菜『知って得するレタスの成分と保存方法』ーレタス料理

新鮮なレタスの選び方とは?ー『知って得するレタスの成分と保存方法』

レタスにも新鮮なものかどうかを選ぶポイントがあり、丸のままの状態で販売されているものであれば「ふわっとしていて軽いもの」がおすすめされています。レタスは古くなってくると水気を帯びてくるためどんどん重くなってくる傾向があるので、同じ大きさであれば軽いものを選んだ方が新鮮だと判断できるのです。ほかにも芯の部分が傷んでいないものや葉が変色していないもの、色が淡くてつやつやしているもの、芯の切り口の直径が10円玉くらいの大きさのもの、芯が高くないものが新鮮なレタスのポイントになっています。芯の部分の傷みの見極め方としては白いものほど新鮮なものだと判断できるようになっていて、そこから傷んでいくと徐々にピンク、茶色、黒と変色していきます。さらに2分の1や3分の1などカットされて販売されているレタスの場合は切り口から早い段階で変色してしまうため、基本的にはそこまで新鮮ではない状態だと言えます。このためより新鮮な状態のレタスを求める場合には、カットされているものよりも丸のままのものを購入する方がおすすめです。
サラダには欠かせない野菜『知って得するレタスの成分と保存方法』ーレタス肉巻き

レタスを使ったおすすめレシピ

アレンジが効く!手軽でかんたん『ロールレタス』

アレンジが効く!手軽でかんたん『ロールレタス』

料理のトッピングにブルーベリーが映える『ブルーベリーとレタスのサラダ』

料理のトッピングにブルーベリーが映える『ブルーベリーとレタスのサラダ』

暑い日でも食欲が進む!薬味たっぷり『せいろ蒸し鶏の中華酢ソース』

暑い日でも食欲が進む!薬味たっぷり『せいろ蒸し鶏の中華酢ソース』

簡単&アレンジ自由な作り置き常備菜『ひき肉で作るおかずのもと』

簡単&アレンジ自由な作り置き常備菜『ひき肉で作るおかずのもと』

モチモチ食感がおいしい!『油揚げの黒米包み焼き』

モチモチ食感がおいしい!『油揚げの黒米包み焼き』

ゆずの絞り汁を使ってお手製ゆずドレ!『クレソンとレタスのゆずサラダ』

ゆずの絞り汁を使ってお手製ゆずドレ!『クレソンとレタスのゆずサラダ』

片手で食べれて嬉しい!美味しい!『秋のドライブにぴったりのワンハンド・フードレシピ』

片手で食べれて嬉しい!美味しい!『秋のドライブにぴったりのワンハンド・フードレシピ』

レタスは低カロリー、低栄養のダイエット食材として利用されていますが、実は多種多様な栄養素を含んでいるので献立の中に不足している栄養素をカバーできる食材として活躍しています。丸のまま購入すれば1週間は保存できるので、新鮮なものを選んで栄養成分のサポートに利用するのがおすすめです。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

この野菜も仲間?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

この野菜も仲間?『キク科の野菜の種類とあれこれ』

ごぼうが持つパワーとは?!『知って得するごぼうの成分と保存方法』

ごぼうが持つパワーとは?!『知って得するごぼうの成分と保存方法』

秋の味覚代表『知って得するさつまいもの成分と保存方法』

秋の味覚代表『知って得するさつまいもの成分と保存方法』

辛味成分が健康に良い?『知って得する唐辛子の成分と保存方法』

辛味成分が健康に良い?『知って得する唐辛子の成分と保存方法』

ぬめり成分の魅力『知って得する里芋の成分と保存方法』

ぬめり成分の魅力『知って得する里芋の成分と保存方法』

女性に嬉しい成分がいっぱい!『知って得するももの成分と保存方法』

女性に嬉しい成分がいっぱい!『知って得するももの成分と保存方法』

魅力がたくさん『知って得する玉ねぎの成分と保存方法』

魅力がたくさん『知って得する玉ねぎの成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』