知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

美容・健康 2017.08.19

冷やしすぎ注意!不調を招く『夏の冷え症のコト』

Pocket

夏の時期、お出かけから帰ってきて、急いで冷房をつけていませんか?汗がひいて気持ちいい反面、「夏の冷え性」を引き起こしてしまうかもしれません。健やかに夏を過ごすために、日々の習慣を見なおしてみましょう。

身体の内外で、激しい温度差を生まないように心がける

30℃台の気温が続く日本の夏。室外のうだるような暑さに気が滅入る一方、冷房のきいた室内では、冷え症なる不調を招いている人も少なくないはず。だるさ、手足のしびれ、頭痛、腰痛などの症状は、冷えや血行の悪さと関連深い。原因は、夏場の室内外の気温差だ。身体は本来、体感している暑さを、汗を出してクールダウンさせるのが自然なのだが、その前に、冷房などで急に冷やしてしまうと、発汗の機会が奪われ、夏の冷え症になりやすい。低体温は免疫力を低下させ、夏バテや風邪、胃腸障害になりかねない。極端な温度差を身体の内外で作らないような対策が必要だ。

対策は、冷たすぎる食べ物や飲み物は避け、汗をかくこと

男女ともに冷え症は増加傾向。手足や肩に触ってみて、冷たさを感じないだろうか。お腹や腰も冷たい場合は、内臓まで冷えている証拠。対策はおもに「筋肉をつける」「風呂につかる」「身体を温める食材を摂る」の3つだ。
筋肉をつけるために、日常からできる適度な運動を取り入れよう。まめにウォーキングやスクワットをするほかに、筋トレは週2回、負荷をかけながらじんわりと汗をかいて行うのが効果的。さらに、睡眠時に成長ホルモンが出て筋肉が作られるので、十分な睡眠もワンセットとして取り入れてほしい。
1
入浴は、常温の水をコップ1杯飲んでから、38℃前後の湯船につかるのがコツ。入浴後は身体を冷やさず、25~28℃の室温で眠るのがよい。「今日は冷えたかもしれない」と思ったら、発汗効果が高まるヨモギやハッカなどの入浴剤を入れ、その日のうちに冷えをリセットしておくのが得策だ。
また、夏の食生活は、冷たいものばかりをチョイスしがちだが、バランスを心がけ、筋肉を作るタンパク質や、ショウガやシナモンなどのスパイス、根菜類を食べて身体を温めるのが好ましい。白身魚や半熟卵など、高タンパクながら消化にやさしい食べ物や、味噌汁、ノンカフェインの温かい飲み物を選んでみよう。そして、冷蔵庫から出したものをすぐに食べたり飲んだりするのは避けること。冷えたものを胃に流し込むことは、むくみや肩こり、胃腸の不調を招きやすい。
これら生活習慣以外でも、冷房にあたるときには羽織る服を用意したり、腹巻やショールを身に付けたり、汗をかいたらこまめに拭くなどして、くれぐれも身体を冷やさないように留意したい。
夏の冷え症は、甘く見ていると、血行不良やストレスから内臓が疲弊して病気になる可能性がある。男性は腎疲労やうつ、女性は便秘や大腸がん、不妊になりやすい。冷えで身体の恒常性が失われないよう、規則正しい生活と運動習慣をもとう。

記事/Color+da logo_colorda Color+da(カラーダ)は、身体と健康をテーマとしたWebメディアです。“健康で楽しい人生”を送るため、自身の身体と向き合うきっかけを提供していきます。 ホームページ

MRSO(マーソ) logo_mrso 国内最大級の総合人間ドック・健診サイト「マーソ」 ホームページ

その他のおすすめ記事

夏風邪の原因はエアコンのカビ?『夏に気をつけたい肺炎とは』

夏風邪の原因はエアコンのカビ?『夏に気をつけたい肺炎とは』

ほっと一息。心も身体も健康に『日本が誇る「緑茶」の健康効果』

ほっと一息。心も身体も健康に『日本が誇る「緑茶」の健康効果』

日々の暮らしでほんのちょっと意識してみるコト『むくみの原因と解消法』

日々の暮らしでほんのちょっと意識してみるコト『むくみの原因と解消法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』