得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2017.08.23

生活習慣病やがん予防にも効果が?!『知って得するしいたけの成分と保存方法』

目次

Pocket

しいたけといえば日本では定番の食材のひとつ。古くから愛されているキノコですが、栄養が豊富で中国では香蕈(こうしん)という名の生薬として重宝されていました。日本料理や中華料理では欠かせないしいたけの魅力を紹介します。

他のキノコ類にはあまり含まれていない成分があるー『知って得するしいたけの成分と保存方法』

しいたけはエリタデニンと呼ばれる成分が含まれており、これは他のキノコ類にはあまり含まれていません。エリタデニンは血中のコレステロール量を低下させる効果が期待でき、すなわち動脈硬化の予防も期待できます。エルゴステロールという成分もたくさん含まれており、これは日光に当たるとビタミンDに変化する特徴があります。ビタミンDは骨を作るのに欠かせない成分。骨を作るというとカルシウムのイメージが強いかもしれませんが、ビタミンDがしっかり摂れていないとカルシウムが吸収されません。ですのでしいたけからビタミンDを摂取し、同時にカルシウムを含む他の食品を一緒に摂ると良いです。丈夫な骨を作ることで骨粗鬆症の予防に繋がります。しいたけには女性に嬉しい食物繊維も含まれています。食物繊維は水溶性と不溶性の2種類がありますが、しいたけは不溶性の方が多く含まれています。不溶性食物繊維は腸内環境の改善の効果が期待でき、水分を吸収して大きくなるため満腹感を得やすい特徴があります。ダイエットをされる方や腸内環境を整えたい方にはうってつけの食材です。
『知って得するしいたけの成分と保存方法』きのこ色々1

出汁の代表格であるしいたけの栄養ー『知って得するしいたけの成分と保存方法』

しいたけの出汁は、カツオ節と昆布と並んで日本料理ではよく使われています。人が美味しいと感じる甘味や酸味、塩味、苦味そして旨味。しいたけは旨味成分であるグアニル酸を含んでいます。このグアニル酸はしいたけからよく摂れる一方、他の食材からではあまり摂れません。グアニル酸はエリタデニンと共に血中のコレステロールを低下させる作用があります。旨味は他の旨味…カツオ節(イノシン酸)や昆布(グルタミン酸)などと合わせると、相乗効果が出て旨味が増します。キノコ特有の栄養分ももちろんあります。それがβ-グルカン。β-グルカンは免疫活性を高める効果が期待できます。さらにしいたけに含まれるレンチナンという成分は、がん細胞の増殖を抑制する抗腫瘍効果も認められています。β-グルカンやレンチナンは医薬品に用いられることから、その効果の高さが伺えるでしょう。がん細胞の増殖抑制以外では、インフルエンザや肝炎などに効くとされ、私たち人間の健康を支える食材と言っても過言ではありません。しいたけから得られる栄養は、ストレスが溜まりがちな人や、生活習慣病が危ぶまれる人に特におすすめです。
『知って得するしいたけの成分と保存方法』きのこ色々2

しいたけの保存方法ー『知って得するしいたけの成分と保存方法』

しいたけは高温多湿が苦手なので、新聞紙などで包んで野菜室で保存するのが良いです。しいたけ同士が重なり合ってしまうとそこから痛みやすくなってしまうので、あまり重ならないように注意してください。夏以外の涼しい季節であれば、常温保存もできます。(その場合も包んで冷暗所で保存が好ましい)野菜室で保存すれば1週間程度は持ちます。冷凍保存する場合はしいたけを切った状態で入れても大丈夫です。干ししいたけは乾燥剤を入れて冷蔵保存で良いですが、戻し汁は冷凍庫で保存すると風味が落ちにくいです。戻し汁を冷蔵庫で保存する場合は、2~3日を目安に使い切りましょう。(冷凍庫保存は1か月程度)干ししいたけを家で作る場合、水で洗わずに天日干しします。夏は1日程度、冬は2~3日干せば完成です。市販の干ししいたけは常温保存もできますが、家で作った干ししいたけは冷蔵庫で保存すると安全です。賞味期限は1年程度ですが、保存する際はカビが生えないように気を付けて下さい。また、干ししいたけも生と同様、高温多湿に気を付けて保存しましょう。
『知って得するしいたけの成分と保存方法』干しいたけ

しいたけの豆知識ー『知って得するしいたけの成分と保存方法』

しいたけは生と乾燥の2種類があります。干ししいたけを家で作るのはやや手間がかかるため、市販の物を入手する方も少なくないでしょう。しかし市販の干ししいたけは日光ではなく、機械を使って乾燥させた物も多いです。生のしいたけは30分程度日光に当てるだけでも効果がありますから、面倒臭がらずに日光浴させたいところです。とはいってもやっぱり面倒だし‥という方に朗報です。実は外に出さなくても、窓から差し込む光で十分なのです。ざるなどにしいたけを並べ、窓際に置いて30分放置でOK。しいたけは柔らかいため鍋などに投入する順番は最後の方になりますから、30分程度の放置をしても調理中に支障を来たすことはあまりないでしょう。そして捨てられがちな、しいたけの軸。軸にも栄養があるので、みじん切りにしたり薄くスライスしたりして、捨てずに一緒に調理すると良いです。軸だけを冷凍保存して他の料理のかさ増しなどに使うといった方法があります。軸からも出汁が取れるのでやはり捨てずに保存する価値はあります。ちなみにしいたけの軸の先端は固く黒いですが、ここは石突きと言います。(軸と石突きは違います)
『知って得するしいたけの成分と保存方法』しいたけ

しいたけを使ったおすすめレシピ

組み合わせでつくるおかずシリーズ【こうやどうふ×しいたけ】高野豆腐と椎茸の含め煮

組み合わせでつくるおかずシリーズ【こうやどうふ×しいたけ】高野豆腐と椎茸の含め煮

きのこを使い切り!リメイクもできる『きのこ鶏そぼろ』

きのこを使い切り!リメイクもできる『きのこ鶏そぼろ』

「ケノコトハウス」のおすそ分けレシピ⑧ ~じゅわっと染み出すお出汁がたまらない『がんもの含め煮』~

「ケノコトハウス」のおすそ分けレシピ⑧ ~じゅわっと染み出すお出汁がたまらない『がんもの含め煮』~

電子レンジでチンするだけ『食物繊維たっぷりのキノコと水菜のサラダ』

電子レンジでチンするだけ『食物繊維たっぷりのキノコと水菜のサラダ』

滋味深い優しい味わい『金のいぶき玄米きのこポタージュスープ』

滋味深い優しい味わい『金のいぶき玄米きのこポタージュスープ』

フライパンで簡単にできる『きのこと秋鮭のパエリア』

フライパンで簡単にできる『きのこと秋鮭のパエリア』

日本の家庭では定番の食材ながらも、高級料理にも使われるしいたけ。生と乾燥とで適した調理法が異なる楽しみがあります。入手がしやすいのも大きなメリット。しいたけを取り入れた料理で、健康的な食生活を送りましょう。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

栄養満点!『きのこの種類とあれこれ』

栄養満点!『きのこの種類とあれこれ』

女性に嬉しいコト色々『知って得するかぼちゃの成分と保存方法』

女性に嬉しいコト色々『知って得するかぼちゃの成分と保存方法』

色とりどり『知って得するズッキーニの成分と保存方法』

色とりどり『知って得するズッキーニの成分と保存方法』

みんな大好き森のバター『知って得するアボカドの成分と保存方法』

みんな大好き森のバター『知って得するアボカドの成分と保存方法』

ぬめり成分の魅力『知って得する里芋の成分と保存方法』

ぬめり成分の魅力『知って得する里芋の成分と保存方法』

辛味成分が健康に良い?『知って得する唐辛子の成分と保存方法』

辛味成分が健康に良い?『知って得する唐辛子の成分と保存方法』

体を内側からキレイにする『知って得するれんこんの成分と保存方法』

体を内側からキレイにする『知って得するれんこんの成分と保存方法』

Pocket

コメント

コメント欄


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2017.11.16

身近な発酵調味料でヘルシーに『砂糖不使用!全粒粉のベーグル』

2017.11.12

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2017.11.11

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2017.11.08

料理の甘味を作るのは、砂糖だけじゃない『知ってイイコト!みりんで風邪知らずの体を作ろう!』

2017.11.07

コンソメ不使用、素材の旨味たっぷりな黄金色のスープ!『鶏手羽元とゴロゴロ野菜の生姜ポトフ』

2017.11.06

暮らしの歳時記『11月の風物詩 酉の市の楽しみ方』

2017.11.02

気取らない日常風景こそが宝物!『ケノコト 親子フォト撮影会』開催

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2017.11.01

米粉おやつって何が良いの?『体に優しいおやつで甘いものともうまく付き合おう!』

2017.10.31

1つの生地で2つの可愛いりんごケーキを!『丸ごとりんごのチーズケーキ と カラメルリンゴとナッツのケーキ』

編集部おすすめ記事

2017.11.16

~保存食のある暮らし~ビタミンたっぷりで風邪予防『ローズヒップハーブコーディアル』

2017.11.15

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2017.11.12

新しい食との出会いを割烹で。姉弟で切り盛りする「モダン割烹 一の糸」谷奥 信太郎さんと女将

2017.11.12

子供に伝えたい日本の歳時記『七五三のお祝いに千歳飴を食べる理由』

2017.11.07

まるで自宅が試着室!『エアクロが提案する新しいスタイリングサービス「pickss」の楽しみ方』

2017.11.06

肉なしでも大満足!『揚げ車麩のみぞれ煮』

2017.11.05

甘味と酸味が何にでも合う!『トマトを使った調味料の種類・特徴・用途』

2017.11.02

ふんわりふっくらバストへの道!『1分未満簡単バストマッサージ』

2017.11.01

【ケノコトInstagram企画】11月の「日常のコト」を『#霜月のコト』で投稿しよう

2017.11.01

甘酸っぱい香りがたまらない『りんごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2016.08.11

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.31

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.08.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2015.08.07

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.08.10

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2017.04.05

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.02.05

甘みがぎゅっとつまった『長ねぎをつかった作り置きおかず』